213.公園アトリの観察
2017 / 01 / 07 ( Sat )
213.公園アトリの観察

 今冬は例年になくアトリが多いと聞く。いつもの公園(千葉市)でも、12月始め

にはおよそ100羽の群れが定着した。

 田舎実家(東北)での、空が暗くなるようなアトリの大群の光景は望むべくもないから、この公園

でどう生きていくか知りたいと思う。まず何を食べているか。それは春の北帰行まで十分だろうか。

樹の実があっても食べられる(採取できる)環境かどうか。

 今年は秋ニレがあまりならなかったが、けっこう落ちている。ムクノキ、マユミもじゅうぶんだ。

213アトリ④

食べているのはマユミ(檀)の実(写真クリックで拡大する)。なお、この子は左方に傷を負っていて、

採りやすい場所のおちている乾燥しすぎた(まずい)実を食べている。群れのみんなは落ち葉を

跳ね除け、芝生の間に埋まっているおいしい湿潤な実を探して食べている。

 アトリは群れを撮る鳥。ここでの群れは落ち葉の中に分散しているので何を撮るっているのか

分からんことになる。ようやく探した場所が下の写真

213アトリ①


213アトリ③

苔の上の落ち葉が風で手前に吹き寄せられいて、比較的見やすい。食べているのはマユミ(檀)。




213アトリ落ち葉

 落ち葉をいちぶ取り払ったら、集まった。労せず餌を探せるということらしい。

ここの落ち葉の下には、アトリが夢中になるほどおいしい餌があるということだろう。

この調子だと食糧は春まで十分持ちそう。

 この公園にはときおりハヤブサ、チョウゲンボウもやってくる。ノスリが上空高く飛んでも

アトリはいっせいにいなくなる。左方に傷をおった(一番上の写真)のもこれら猛禽のせい

だろうか。 例年いるカワラヒワが20羽ほどいたが、いなくなった。アトリ軍団に追い出さ

れたのだろうか。

 12月はじめは、どのくらい定着するか気がかりだったが、この100羽は春までいそう。

公園には子供の遊び声がひびき、ジョギングの人も多く、ずいぶん人慣れした。


 撮るよりもじっくりと観察してみたい。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

19:55:35 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
211渡りのヒヨドリ
2016 / 12 / 19 ( Mon )
211..渡りのヒヨドリ

 ヒヨドリには1年中その地に留まっている地元組と、北からやつてくる渡りのヒヨドリがいる。

冬季になると人(鳥)口が数十倍に増加する。当然にして急激増加による食糧と休息場所

(住宅)問題(争いが)勃発する。 ネズミモチやセンダンなどの実を食べ尽くすと、さらに南下

する群れもあるが、この時期、千葉市(温暖)近郊では南下せずに留まっているヒヨドリも多く、

北から次から次と渡ってくるので、どんどん増えていく。

211ヒヨドリ①

郊外のキャベツ畑。出荷前のキャベツは格別おいしいか。

211ヒヨドリ②

20~30羽の群れ。時期を違えて収穫するために植え付け時期をたがえるので、春まで

食べ放題か。春には北に帰るから食糧さえあれば、わざわざ遠い南まで行く必要がない。

 ちなみに、近づいて追い払ってみた。遠くの畑に移動するだけ。離れるとすぐやってくる。

広い畑を一日中間監視しているわけにもいかないだろう。

 自然の成り行きだからいいではないかと、どこかで思う気持ちもあるが、農家育ち(しかも

小農)としては複雑な気持ちになり、考えさせられた。 (記事125参照)




/strong>

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

15:30:47 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
210. ツグミがきた
2016 / 12 / 07 ( Wed )
210.ツグミがやってきた

12月4日、ひさかたぶりに公園(千葉市)に出かけた。ツグミの50羽ほどの群れが

餌(ムクノキの実)をついばんでいる。

200ツグミ①

実も少なくなっているので、ここにいるのもあと数日か?


210ツグミ② 210ツグミ④
/>
群れ全体を撮りたかったが、400mmしか持ってない。撮り方の習性で羽根を広げたシーンを

撮ってしまう。


群れは若鳥がほとんどで、ツグミらしい見事な雄がいない。熟年の雄は、例年過ごす年越しの

拠点にいちはやく先行してしまったのだろうか。この若鳥たちもこのムクノキの実をたべつくしたら、

三々五々、春の帰行まで過ごす田んぼや畑、公園芝地に分散していくのであろう。 



なお、ここのムクノキには2013年シメが100羽ほどの群でやってきた(記事126参照)。





















テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

07:02:23 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
204.新米の時期
2016 / 08 / 07 ( Sun )
204 新米の時期

 梅雨あけが遅れ、稲穂の実り具合が気になって郊外の田んぼにでてみた。あちこちで、スズメ

撃退用の爆竹(?)が鳴っている。このぶんなら今年もおいしい新米が食べられそう。

 爆竹(?)からチョット離れた田んぼ
204稲穂とスズメ 2016.8.7

  10数羽のスズメ

  が飛び交って

  いる。以外と

  少ない。

  スズメにも最

  高においしい

  新米だろうな。  
 
/>


204稲穂とスズメ②
  いたいた。

  50羽ぐらいかな

 一番おいしい垂

 れ下がった稲穂

 を満喫していた

 のだ。こちらから

 は見えなかっただけ。

/>



電線に勢ぞろい。これで全体の1/4ぐらいかな。画面に収めきれない。

204電線スズメ


スズメ撃退用の手法はいろいろあるらしいが、スズメもすぐ慣れてしまい 決定的な方法は

難しいようだ。

20ネツトの上のスズメ
  ネットを張った

  田んぼ。

  ネットの上から

  食べている。

  スズメの重み

  でネットが下

  がり平気で食

  べている。(春にヒヨドリも群れでネットに乗っかりキャベツを食べていた。) 生きる知恵か。

  農家の人たちにとっては対策がたいへんだろうが、おかげで今年もおいしい新米が食べられる。
/>



16:32:35 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
203.ツミの水浴び
2016 / 07 / 05 ( Tue )
203.ツミの水浴び

 2016.7.4 梅雨の合間の猛暑(34℃)。 ただならぬ蒸し暑さ。今日こそツミが水浴びに

来るはず。 5月22日午後、 抱卵中にカラスの集団に襲われ、断念放棄してから43日目。

もう雛が孵ったころであるから、雛の温度調節に水浴びにくるであろうと思えた。


 10時にはムクドリの集団が入れ替わり立ち代わりになった。

202ムク水浴び



 ムクドリ集団の合間に4羽のヒヨドリが交代で水浴び。残りの3羽がムクドリを追っかけ

てる間に1羽づつ水浴び ( もともとムクドリの方が強い上に数がすごい )。

202ヒヨドリ





2時間経過。ツミの鋭い啼声。100羽を越えるムクドリが一斉に飛び立つ。水場の喧騒

がうそのように静まりかえる。水浴びの繰り返し合間に威嚇発声。

202ツミ水浴び②
( 写真をクリックすると拡大されます)  




流れ下流にオナガが来た。ここのオナガはツミを恐れない。
202オナガ
ツミの一瞬の水浴び後、もうワンショット撮りたいと構えていた。オナガがいるならツミもどこか
近くにいるはず。


ところがやってきたのはスズメだった。スズメがいるということは、もうツミはここにいないということ。
ムクドリも少しづつやってきた。 きゅうきょ、カメラをかたずけ本日撮り方了わり。
202スズメ水浴び



</strong>

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

17:15:09 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ