スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
71米々一人で棲む
2011 / 05 / 28 ( Sat )
71.米々一人で棲む

 5月18日、屋敷林には、母ムササビ悠と3月生まれの芯々が巣箱Bにいる。更に

もう1頭のムササビが巣箱Aにいる。

71A②米々①   巣箱Aのムササビ

 昨年秋からこの巣箱は使われていなかった。

 先月になって新しい巣材が追加搬入された

 ので、誰かが使いだしたなと思っていた。

大きさは中ぐらい。ビデオだけでは誰か分からない。 />


71米々   昼間 巣箱Aから顔を出した。

  これまでの顔写真と比較する。

  米々(昨年3月生まれの男の子)だ。

  1月12日からいなくなったが戻って

きたのだ。写真を撮りに行くと、すぐひっこんでしまう。繰り返してやっと撮れた。
/>


21日、米々は巣箱Aに帰ってこなかった。

71奥米々巣材    新らしい奥の杉の木巣箱

  こちらに入っている。  

  この巣箱は3月に架けなおし、昨日まで

  巣材は全く入っていなかった。一晩かけ

て巣材を運びこんだ。巣材はまだ少ない。間に合わなかったのか、杉の皮の

他になんとすぐ近くにある椿の葉も使っている。/>


71米々オチンチン
  昼近くなってようやく

  お腹が見えた。睾丸は発達しておらず、

  シワシワだ。生後1年2ヶ月なのでまだ

  繁殖を向かえていない。
/>


昨年秋から1月、屋敷林の西側にある巣箱AやNは、ムササビの天敵テンが使うよう

になり、悠達は専ら屋敷林の東側にある巣箱Bや楓の木の巣箱と奥の杉の木巣箱を

使用するようになった。奥の杉の木巣箱はこの観察を始めたときからの古い巣箱で

あり、外部ビデオしか設置されておらず、随分と苦労した。今次、3.11東日本大震

災で悠達が屋敷林を離れたのを機会に、ビデオ付き巣箱に取り替えた。

60悠巣箱覗く①
   旧奥の杉の木巣箱
  
 悠が6年も使い、特に夏は涼しいので

 愛用されていた。静止画は、朝、

 巣箱に入る前に慎重に点検している悠          
/>


71新奥の杉の木巣箱
    新奥の杉の木巣箱

   3月20日、悠達がいないのを確かめて

   同じ木、同じ向き、同じ高さに設置した。

   震災後、屋敷林に戻った悠達は新巣箱は全く使わず

この前方向8mにある巣箱Bを専ら使用した。 />



 米々が4ヵ月ぶりにこの屋敷林に帰ってきた。もう、母親悠とは一緒の巣箱に入らない。

大人になりかけだ。戻ってきて巣箱Aを使っていたのであろうが、突然誰も使っていない

新奥の杉の木巣箱に入った。巣箱Aの下で3日間写真を撮ったので、危険と思い、新巣箱

を使ったのであろうか。この巣箱は悠と3月生まれの芯々がいる巣箱Bのすぐ前である。 

米々の宵の出巣と朝の帰巣は、悠とほぼ同時刻であった。巣箱は別でも巣箱の外では

一緒に行動しているのであろうか。母と男の子との微妙な関係になってきたのであろうか。


スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

21:07:21 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<72.日々成長 | ホーム | 70 余震とイノシシと悠達>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/96-1c0675fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。