スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
67マヒワのあたり年
2011 / 02 / 24 ( Thu )
67 マヒワのあたり年

マヒワ集合   近くの公園(千葉市K公園)

 2月初めに例年どおり数羽のマヒワが観察されたが、

 19日に42羽、21日に200羽を越え、22日には

 150羽も観られた。(これだけの群れはこの10年

 ないことである。)
/>

マヒワ採餌DSC03352amend   お目当ては、公園内に1本ある(しかない)アキ

 ニレの実(注1)。2月はじめには枝についていて、

 マヒワは梢の方から食べはじまり、下枝の方まで

 食べたが、もう実はすっかり落ちてしまい、今では

 芝生の上に落ちた実を競争で食べている。        
/>


マヒワ飛びたち①  この公園にはカラス(多いとき30羽)、モズ(2羽)、

 シロハラ(2羽)、ツグミ、ヒヨドリ等がいる。カラスが

 ニレの木にいるとマヒワはニレの木には来ない。

 カラスを追うとマヒワはすぐ来る。モズとシロ

 ハラが来るといっせいに逃げ出す。ヒヨドリ、シロハラの鳴き声でも飛び立つ。

(幸いにも猫はマヒワが地上におりていることにまだ気づいていない。土、日は

人と犬が多い。)
 
マヒワ飛びたち② モズは別として、慣れてきたのかシロハラやヒヨ

 ドリにはあまりおどろかなくなり地上で食べ続け

 るようになった。人にも動かなければ逃げなく

 なった。マヒワの数が少ない時は、逃げ出すと

 全員逃げる。多いと中には逃げないマヒワがいる(単に空腹のマヒワが多い

 ということかも知れない)。 />

/>

 
 このようにマヒワが多いと、子どもの頃の田舎での体験が思い浮かぶ。それは「冬鳥が

多い歳は冷害凶作になる」との言い伝えだ。空が暗くなるほどタカガシラやヒワがいて、

田んぼで残り落穂を食べているタカガシラが石つぶてでとれた歳があった。これを見て

いた古老が「北の方に喰いもんがなく腹空かしてここまで(南下して)きたのにかわい

そうだっぺ。止めろ。」と言い、上記の「冬鳥云々」を語ってくれた。その歳は冷害と

なりひもじかっただけに忘れられない。(あとで、「寒さの夏はオロオロ歩き」を知り

深く感動し、納得もした。)

 もう5,60年前のことであり、環境もおおきく変わった(ちなみに、残り落穂が

ある田んぼは皆無となった)。ましてここは千葉市である。ただ、昨年秋、福島の田舎

ではドングリもなく、山の雑木の実も少なかったことはたしかである。それと今年の

マヒワがどう結びつくのかは分からない(注2)。


 これだけのマヒワの群れの中で、数組のカップルができている(よく相手を間違わ

ないものだと感心する)。北帰行も近いのであろう。いっぱい食べて、来年命の繋がりを

みせて欲しいものである。


  注1:マヒワがどんな餌を食べるかは、ホームページ「Sakuの野鳥フォトアル
    バム」のマヒワの項目に見事な写真付きで見られる。

   
  注2:本ブログ投稿後、「1月と2月、東北、北海道の大雪で冬鳥は餌をとれない
     から南下している」とのご指摘がありました。
     たしかに、阿武隈山麓の実家も数年ぶりの大雪となった。雪の重みで実は落ち、
     雪にうもれてしまった。
     67大雪追加
  2011.2.15朝

  この大雪で、かろうじてついていた百日紅の実も
  重みに耐え切れず落ちてしまい、雪に埋もれた。

  鳥たちは、雪のない軒下にわずかに吹き寄せら
  れている実をもとめて軒下で採餌していた。





追加情報(3月9日):3月7日 マヒワの群れは最後に5,6羽になり、9日にはこの公園
  から見えなくなった。北に帰ったのであろう。

/>


    


スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

18:04:10 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<68.悠はどこに行った | ホーム | 66テンとムササビ(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/91-9f3be497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。