スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
55もう一緒はダメ
2010 / 08 / 24 ( Tue )
55 もう一緒はダメ

 8月11日昼過ぎ、悠達は奥の杉の樹巣箱に一緒にいる(他の巣箱には入っていないか

ら皆んなこの巣箱に集まっている筈)。樹の下に行くと巣箱から顔を出した。3月生まれ

の米々か寿々だ。

      デジタル一眼レフカメラと外部ビデオカメラを巣箱に向けてセットした。

55米々S   この顔は米々だ。生後131日。

 半日撮影したが、頻繁に顔を出すのは米々で

 一緒に生まれた寿々は1回も撮れない。

 母悠はビデオカメラノセットのおりに1回

 顔を出したのみ。
/>

55外部ビ①55外部ビ③/>
寿々もこの巣箱にいるのだろうかと心配したが、宵の出巣で母子相次いで3頭出巣

していった。しばらく林の中を飛び跳ねていたが、ホウの木の葉を食べた後、山に

渡っていったのであろう、静かになった。その後、朝までどの巣箱にも悠達はもど

ってこなかった。


12日未明、母悠が一番早く奥の杉の木巣箱に帰巣した。巣箱から顔を出して、子供

達を巣箱に入らせない。子供達(米々と寿々)は、やや遅れて40mほど西側の巣箱

に帰巣した。米々も寿々も良く寝る。ときどき姿勢は変えるが毛繕いもしないでまた

眠りに入る。一度も顔を出さない。母悠の方も巣箱の下に行っても顔を出さない。し

たがって、この日は一枚も写真をとれなかった。

 宵の出巣で、子供のいずれか1頭がみごとな滑空をみせてくれた。いそいで母悠の

奥の杉の木巣箱に駆けつけると、子供が巣箱に入るところであった(この時悠がまだ

巣箱に入っていたかどうかは確認できなかった)。もう1頭の子供はどう行動したか

分からなかったのでこの時すでに悠の巣箱に入っていたとも考えられる。


13日未明、悠はいちはやく巣箱Bに帰巣した。巣箱から乗り出して、子達を入れない。

子達は若干遅れて昨日と同じ巣箱に帰巣した。巣箱Bはしばらく使われていなかった

ようだ。巣材は1月前と同じ、天井にクモの巣が張っている。悠は目が覚めると巣材の

掘り起こし、板齧り、デングリ返し、横向きになったりしている。昨年夏の出産は8月

26日であった。昨年はお腹の大きいのを「太りすぎ」と見誤った。たしかに悠のお腹

は大きいが、デングリ返しをし、横向きに寝るのでは、本日出産はないと判断した。

 一方、子達は前日と同じく外の様子も窺がうことなくただひたすら寝る々々。

一度も顔を出さない。

55米寿    巣箱Bでの米々と寿々

   折り重なったり、離れたり
  
   ケンカはしない。 />


 宵の出巣前、子達は、耳の内や後側、背中、

ときには尻尾などお互いの毛繕いをする。相次いで出巣。いそいで、悠の巣箱Bに

かけつる。子達が来たかどうか暗くて確認できなかった。ビデオから意外なことが

分かった。
55悠出巣    巣箱Bの悠
  
  宵の出巣前の毛繕いは簡単にすませ、

  外を見続け(18:47から)、乗り出し、

  6分後(18:53)に出巣する。出巣後

  巣箱の右下端と左中段の巣材が動く。巣材の中に隠れて何かいる。 />


55米寿B① 55米寿B② 55米寿B③
悠が出巣してから4分後(18:57)、米々と寿々が入ってくる(自分達の出巣(18:47)

から10分後)。上になり下になり、壁に体をぶっつけてはげしく、休みなくじゃれあう。

4分して、突然に出て行った。


 今回も宿題がのこった。まず、

 ①母子巣箱に一緒だったのに、その後2日間、悠は一人で過したのはなぜか。

 ②悠が自分の巣箱に子達を入れさせないために巣穴から顔(身)を出していたが、拒絶

  のシグナルは何なのか。
 
 ③子達は母の過した巣箱に入っていくのは何なのか。

 ④母と同居できない子達はなぜ一緒に過すのか。他にも巣箱はあるのに。

 ⑤母子は屋敷林の外でも一緒か。

 ⑥13日悠の出巣した後の巣箱で、巣材の中に埋もれていたのは何か。

等である。米々と寿々が生後130日過ぎとなったこと、悠が次の出産が間近であることが

大きな要因であろうが、これまでの記録と照らし合わせをする必要がある。②のシグナル

については、巣箱のすぐ外に観察器機を取り付ければ、仕種、啼き声などで何か分かり

そうである。⑤の山での行動は、まず朝の屋敷林への帰着時間とルートの観察から始め

ることであろう。⑥の巣材を動かしたのは何かについては、巣箱の中にファイバー型ビ

デオの埋め込みをすればよさそうである。さらに出産の詳細、巣箱の中の昆虫なども

解明できそうである。

 ここまで行くと悠にとっても迷惑な話であろう。やるのであれば、短期間、多数の観察

者で見落としなく進めたいものである。

 

  
/strong>
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

08:44:07 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<56 涼しくなった | ホーム | 54.猛暑をどう過すか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/78-7d859dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。