スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
40.餌を洗う中鷺(サギ)
2009 / 10 / 25 ( Sun )
餌を洗う中鷺(サギ)

 ここ花見川(千葉市)、10月になるとやってくる人なつっこい中サギが今年も来た。

5、6mの近さでも人を恐がらず平気。ゆっくりゆっくり歩き、立ち止まっては長い首の頭を

傾げ、コオロギなどを見つけると、槍を繰り出すごとく長い嘴で「アッ」と言うまに捕獲する。

40トンボ①   この日はトンボがうるさいぐらいに多い。

 頭の上は止まる場所としては最高のポシ゜ション。

 これでは捕食できない。「ジッ」としていると、

/>


40トンボ②   もう1匹のトンボがやってきて、止まる場所を

 奪おうとして争う。

 やってきたトンボが低くなると、すかさず「ゲット」

 (まさに、「漁夫の利」)。 なお、はじめにいたトンボは

また頭に止まろうとしている。  この後、中サギは、草むらに移動。
>


40コオロギ0   草むらでコオロギをゲット。

  しばらく、コオロギを食べ続ける。

  とつぜん、畑に移動。


/>


40コオロギ①
  畑で捕まえたコオロギ(?)を用水桶(古いバスタブ、

  高さ50cmぐらい)まで 咥えてきた。用水桶の縁

  に乗る。
  
  獲物には、畑の土が付いている。

/>

40コオロギ②
  獲物を咥えたまま嘴を水に突っ込む。

  3回繰り返す。

  (前後、左右には振らない。突き刺しのみ。首の構造上

  これが一番効率的なのか?)
/>

40コオロギ③ 


    引きあげ、瞬時に食べた。

    (洗って食べた)




/>

40トカゲ①    トンボ、コオロギでは持たない。大物ゲットに場所

   を移動。

   何か見つけた。全力、全身で突っ込む。


/>

40トカゲ②    獲物はトカゲ。

  かなり大きい。トカゲはサギの嘴に強固に絡みつく。

  このままでは、サギは嘴を開けず食べることもでき

  ない。振りほどきに広い田んぼに移動。およそ5分

  かかって、やっと食べることができた。  
/>


 
 洗って食べる動物は、日本猿とアライグマと思っていたが、中サギが洗うのを初めて

見た。別の中サギはどうかと思い、ドロ田で捕食している別の個体を2日ほど観察したが

ドロが付いたまま平気で食べていた。ドロ田なので2、3歩移動すればきれいな水がある

のに洗う仕種はしなかった。

 「洗う」仕種をするこの中サギは、どうして洗うようになったのだろうか。畑の中から用水

桶まで、十数歩ある。この十数歩は、明らかに、洗うための目的をもったものであろうし、

また、3回も嘴を上下させたことは、洗うための所作であろう。たんなる偶然とは思え

ない。用水桶で、農作物や鍬、鎌などのドロを落とすのを見ていて学習したのであろうか。

それともなんらかの偶然、例えば、用水桶に獲物を落としてしまい、洗うことを覚えたの

であろうか。

 コスモスがある小春日和の心温まる1日であった。  

スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

11:10:23 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<41.お母さんは眠い | ホーム | 39 悠の3年間の棲み家>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/60-002b4d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。