39 悠の3年間の棲み家
2009 / 10 / 16 ( Fri )
39 悠の3年間の棲み家

 巣箱Aは、悠が子供のころから、3年半も棲んだ棲み家だ。取り外し、解体したことは

先項(35巣箱の中の奇妙なもの)で述べたが、むささびの巣箱づくりとその管理の面

から追加的にみてみたい。


(1)素材  杉の野地板(厚さ1.2cm、幅24cm) 軽くて長持ちする。巣箱全体で3.6kg。

39巣箱A解体前7月ブログ    解体前(2009年7月)の巣箱A

 3年半長持ちした。さすがに、前板はひび割れが

 入っている。軽いので取り付け、取りはずしが容易。

 釘よりも木ネジで作ったほうが解体の時に楽。

木への固定は、針金が長持ちして安全だが、木を傷める。ポリスチレンのロープは1年持た

ない。ナイロン製は長持ちするが、縛りにくい。麻混ロープもよいが、全て取り替え必須と

覚悟している。
/>


(2)巣草 この巣箱はかつてスズメバチとシジウカラに乗っ取られている。スズメバチの巣

は悠が壊して大部分を運び出したのをビデオ確認しているが、シジュウカラの巣材はどう

なったか。

DSC01365巣箱A巣草DSC01366巣草上部DSC01376巣草下部
①巣草全体像(お椀状)         ②巣草上部(120g)     ③巣草下部(320g)
/> />
 巣草は、四角い巣箱にお椀状になっている。深さは、底板から巣草の最高部まで10cm

(写真①の左側に齧り板10cmがわずかに見える)。杉の皮が繊維状になっている上部

と粉状になっいる下部と、手で分けられる二層構造になっていた。いずれも乾燥して

いて湿り気はない。上部の繊維にハチの巣の残骸、ハチの死骸、シジュウカラの巣材が、

からまって、散見された。巣草下部は手で剥がすと崩れず、巣箱の隅の四角い形状を保っ

ていた(なお、写真②は内部物を調べるために崩した後の写真である)。シジュウカラの巣

材と糞は極少量であり、下層にはほとんどなかった(悠が運び出したと思われる)。巣材は

よく乾燥していた(放置後、吸湿し、重量が増加した)。

(3)齧り側板と底板
39スケール39底板齧り />
 側板が必要だつたかどうかはわからないが、良く齧っている。悠だけでなく、子供達も齧っ

ていた。中央に直径9cmの穴をあけた齧り板を底板の上に重ねておいたが、底板と段差

がなくなるまで齧られている。底板までもが齧られている。齧り跡は最近のものではな

い(巣箱を架けた当時のものと思われる)。

(4)ハチの巣の跡(カメラ室の天板)
39ハチ巣   楕円形の穴にはカメラレンズが収まっていたが、

 ハチの巣で固定されていて、カッターで取り外した。

 もっと大量に残っていると思われたが、意外と少な

 かった。悠が取れるだけ取ったと思われる。巣箱

上部も広いほうが良いのか。 />


(5)新巣箱の設置
39新巣箱A代替②   巣箱Aの二代目巣箱。

  巣箱Aを午前に取り外し、午後に同じ木に、同じ高さ同じ向きに架けた。

  広くし(内部幅21.6cm×内部奥行き24cm → 内部幅25.6cm×

  内部奥行き24cm)、天井に塩ビプラスチックを用い明るくした(野地板

  の杉の香り、吸湿度合い、外部の気配(音響)を感じられるよう最小にとどめた)。

 子供の落下防止板(兼涼み台)を設けた。今後、「巣箱Aの②」と呼ぶ。/>




 3年半使い続けた巣箱が突然なくなり、悠は巣箱に不安を抱いたろうか。一週間

過ぎて新しい巣箱(巣箱Aの②)に巣草は入っていない。隣の木にある「新巣箱」

で希々と彩々を連れて棲んでいるから、悠は巣箱そのものを否定しているわけでは

ないのであろう。やがて、彩々(8月末生まれ)が巣立ちして、巣箱Aの②に棲んでく

れたら良いのだが。友々と理々、明々と奈々、たちは、2匹で生まれ育ち、巣立ち後

も2匹で一緒の巣箱にいた。今回の彩々は、ともに生まれた兄弟はいない。先(3月 

)にうまれた希々といっしょに棲むのだろうか。彩々が巣立ちするであろう12月はじめ

は極寒の日もあり、このまま巣立ち・独立しないで、母仔3匹で棲むのだろうか。





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

08:43:15 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<40.餌を洗う中鷺(サギ) | ホーム | 38.姉娘の同居(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/58-f0c0274a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |