37.姉娘の同居(その2)
2009 / 10 / 06 ( Tue )
37.姉娘の同居(その2)

(2)誕生日の推定

 ムササビの誕生・出産日をどう特定するか。今般、生まれた子の開眼日から誕生日

を推定する(注3)ことを教えていただいたので、試みた。すなわち、ムササビの目が

巣箱のビデオカメラに反射して光ることを利用し、最初に光った日(開眼日)から誕生日

を推定するものだ。

9月の子寝姿   9月はじめに生まれたと思っているムササビ子供

  (2009.09.20撮影、巣箱B)。出産を見ていないので

  正確な誕生日は分からない。大きさから誕生日は

  9月はじめと思っていた。

/>

35子残る    2009.0929撮影、「新巣箱」(巣箱Bと同じ大きさ)

  上記から9日目、ずいぶんと大きくなった。

  終日観察したが、この日は目が光からなかった。 

  すなわち、まだ開眼していない。動き方もよろよろ
 
している。観察が間に合った。いつ開眼するか? />


35子目光る    2009.09.30 AM7:40 新巣箱

  母にダッコされている子供の目が光った。
 
  全開きにはならなかったように見える。

  36日前の8月25日を誕生日と推定。

  名前は「彩々」とつけた。

  なお、写真では悠と彩々の上に3月生まれの希々が乗っかっている。
/>

誕生日の特定には、この開眼日のほかにもいろんな方法がある(注4)。ここでの開眼日

からの推定を検証するために、妊娠期間(平均74日)、すなわち交尾日から計算すること

を試みた(誕生日8月25日から74日前は6月13日。この日に交尾したか)。残念ながら

6月の観察は、6月7日から11日であり、交尾は観察していない。なお、この6月観察では

母親悠は、この屋敷林には帰ってこない日が多く、しかも不思議な行動を取っていた(前

項 「30 6月はじめのムササビ観察」参照)。

 今後、巣箱からはじめて顔を出す日、巣立ちの日などから、誕生日の推定の確証を高

めることが出きればと思っている。



注3、注4は、左下の「続きを読む」をクリックすると開きます。ご参照下さい。
注3 川道武男 ムササビ3仔の出産例  リスとムササビNo.21 Dec.2008 リス・ムササビ

     ネットワーク発行    関係箇所を以下に抜粋する。

      「1)出産日の推定  動物園内で母乳で生育した幼獣は、生後36日に開眼し

       た(浜田 2000)。」

     浜田宗治 2000 ムササビ 「小鳥と小動物の森」のたより  2000年4月号 

      
注4  川道武男 (編) 1996. 日本動物大百科1 哺乳類1 平凡社
     
      関係箇所を以下に抜粋する。

     「妊娠期間は平均74日で、・・・・・」
    
     「生後45日目の深夜に、子は巣巣穴入り口から顔をだす。生後59日目から
      少し外出を始める。・・・・・・・・・・」
    
     「外出先で母子が出会うと、まだ授乳が見られる(91日目まで)。生後80日
      から自分で食物を探して食べる。」




        





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

19:51:15 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<38.姉娘の同居(その3) | ホーム | 36.姉娘の同居(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/56-9d035e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |