スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
36.姉娘の同居(その1)
2009 / 10 / 02 ( Fri )
36.姉娘の同居(その1)

 娘との旅行ついでにムササビの子育てと滑空を見ようと言うことになり阿武隈の

実家によった。実家には一週間前に来たばかりであるが、本ブログを見てくださっ

た先生からコメントを頂いて、生まれた子供がどうなっているかどうしても観てみた

かった。

(1)お姉さんが同居   巣箱のビデオスイッチをいれたら、ムササビは「新巣箱」に

いた。しかしながら、よく見ると

母姉子929   2009.09.29「新巣箱」

 真ん中が今度生まれた子、左上に母親の悠

 右下にもう1匹いる。これは誰だろう。

/>


35母希をダッコ   悠(左上)にダッコされて眠っているのは?

 悠よりも小さい。色はすでに茶色。オッパイは飲まない。

 となると、悠が今年3月に生んだ子(紗々か希々の

 いずれか)であろう。
/>

 6月以来、もういなくなってしまったと思っていた(注1)紗々か希々が元気でいたのは

予想外のことである。それにしても、不思議なのは、6月から4カ月もの間、母親悠と

は一緒に行動しておらず、この時期になって母の元に返ってきたことである(注2)。



 この子が男のか女の子か判別はついていない。元気で、これまでの子供ムササビ

と比べて、とりわけ動きがすばしっこく母の言うことは聞かない行動をとっている。
35母から35母→希
母からキスされるが
                                   じっとしてない。                               
       
/>
/>

35口舐め35希が耳齧り
寝ている母の口なめ(左)

                                母の耳齧り(右).



 生まれた弟妹の毛繕いもするが、目の前にあるものは母であれ弟妹であれ全て舐め

まくるというふうに見える。今後、どうなっていくのであろうか。理理や奈々と比較しつつ、

母との同居の意義など見てみたい。 />
/>



注1、注2は左下の「続きを読む」をクリックすると開きます。ご参照下さい。




(2)ムササビの誕生日の推定

  次回掲載予定。

注1 ここで問題となるのは、この6月以来、紗々も希々も観察されていなかった

 ことだ。ビテオカメラの付いた巣箱(4個)では確認されなかったし、ビデオカメラの付いて

 いない奥の杉の木巣箱については、その下を繰り返し歩き、時には(やってはいけ

 ないことではあるが)、木を叩いてもみたが、全く反応はなかった。それゆえ、この屋敷

 林には、紗々も希々も居なくなったと決め付けていた。結局、結果として奥の杉の木巣箱

 に棲んでいたということであろう。
 35奥の杉木巣箱
2009.09.30 奥の杉の木巣箱

 巣草が入り口まであふれている。しかも新しい。

 よく使っているということであろうか。

/>



注2 昨年の子も一昨年の子も、巣立ちして2匹共に元気なうちは母から離れて一緒に行動

 していたが、片方が消失すると母悠と一緒の巣箱で生活し始めた。今年の子もそうなので

 あろうか。この後の子達もそうかどうか着目して観察したい。



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

15:34:10 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<37.姉娘の同居(その2) | ホーム | 35.巣箱Aの奇妙なもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/55-e7d4b92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。