スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
29.ブログ2年目に向けて
2009 / 06 / 05 ( Fri )
29ブログ2年目に向けて

 本日6月5日は、ムササビお母さん悠を書き始めてちょうど1年になる。ムササビ

一般よりも、悠(とその子達)がその季節々々に何をしているかを書き綴ってきた。

しかも、巣箱の中での事柄がほとんどで、せいぜい広げてもこの屋敷林での出来

事である。

 本ブログは、赤外線ビデオからの静止画と写真(昼のみ)を使い、悠から受けた

想いをそのまま投稿記事のタイトルにするなど思いつくままに書いたものである(

したがって、けっして学術・研究的なものでもない)。書き方としても、かってな

推定が突然入ってきたり、事実と推定・感想がごちゃまぜになったり、振り返って

読んでみると読みにくいことは否めない。

 それにもかかわず、全く予想もしていなかった以上の多くの人に見ていただき、

おおいに励まされた。あらためて感謝もうしあげたい。書き方スタイルについては、

「拍手」をたくさんいただいた記事のようにしたいと思いながらも、なかなかそうは

できなかった。ビデオからの静止画作成、アップロードなどの時間短縮に励んで

今後は文章構成に努力したいと思う。

 今、最も興味があるのは、昨年生まれの奈々(女の子と思ったので奈々と名前を

つけたが大間違い?)。最近の顔つきからすると、どうも男の子らしい。そろそろ

大人になり、もうすぐこの屋敷林から旅立ってしまうであろうから、その前に娘か

息子かちゃんと確認したい。奈々は巣立ってから母悠といっしょの巣箱に棲まな

かった。一昨年の子理理は母悠といつも一緒だった。息子と娘の違いであろうか。
 
 今年3月に生まれた紗々と希々がどう成長していくかも楽しみである。先の2年

とは違う思いがけないことがおこるかも知れない。

 その他に、悠のダンナはどんなかなとか、どこまでが悠のテリトリーか、その向こ

うにはどんなムササビがいるのだろうか、子達は成長してこの屋敷林からどこに

いったのか、などなどいつかは知りたいと思う。

 これらをどこまでやれるかは分からないが、ブログを見てくれる方があるうちは、

続けていこうと思う。




追記 : 本ブログとは別に、観察や記録についてご指導くださった方や「元気」

を戴いた方々に深く感謝申し上げます。
 
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

21:25:22 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<30 6月のムササビ観察 | ホーム | 28巣穴移動の危うさ(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/47-0f0528e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。