スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
28巣穴移動の危うさ(その2)
2009 / 05 / 19 ( Tue )
28巣穴移動の危うさ(その2) 

      その1で、悠たちの5月6日の巣穴移動を書いた。本稿はその続きである。 


③5月7日
DSC01071Bから新巣箱を見る   巣箱Bのほうから新巣箱の方を見る。

 新巣箱は向こうの端の杉の木にあり、

 悠はこの空間を滑空してくる。子供を

 咥えての移動は右手の杉林の中と思われる。

 紗々と希々が落ちていないかと、探したが見つからなかった。

 よかつたと思うが、不安が残った。
/>

DSC00051悠5/7昼
  5月7日昼すぎ  奥の杉の木巣箱の悠

 昼になってようやく悠が覗いてくれた。よかった!!

 子供達は顔をださないが、この中に寝ているので

 あろう。
/>

なお、昨日は、この巣箱(奥の杉の木巣箱)にムササビXがいたが、悠に追い出された

ことになる(他の3つの巣箱にもいない。母屋に入ったとするとまたたいへんだが・・)。

奥の杉の木巣箱にはビデオが付いていないので、悠たちの観察は、巣箱外部からする

しかない。子供の移動は、夜とは限らないと思い、朝から三台のビデオモニターはつけ

たままだが、夜9時を過ぎてもどこの巣箱にも悠達は移動してこない。モニターも止め、

観察はあきらめた。


 ところが、念のためにビデオをつけた(21:51)ら、なんと
母子巣箱B7日夜
  巣箱Bで、悠と子供1匹が熟睡している。
   
  9時からの50分の間に移ってきたことになる。

  動かないし、その熟睡状態からすると9時過ぎに来たのか。
/>

  
 昨晩、紗々を運んだ後、2時間半も希々を迎に来なかったのは、移動先で寝ていた

のだ。希々が一人ぼっちで不安そうにしていたのはなんだったのだ。母親は移動先

で平気で熟睡していたのであろう。心配しただけに、なんとなく腹が立った。    


 しからば、2時間もすれば奥の杉の木巣箱でまっているもう一匹の子を迎に行くで

あろうと、寝るのを止めて、観察に入った。ところが、悠は大の字になり眠り続ける。

23時半になり、ようやく迎に出て行った。ところが、またまた帰ってこない。この

巣箱Bと奥の杉の木巣箱は10mも離れていない。すぐ目の前のことではないか。

 きっとあっちでまた寝ているなと思う。 

 そして待つこと1時間、

2匹目巣箱B7日夜
   24:27 希々を咥えて悠が頭から 入ってきた。

    この後、悠は、希々の毛繕いをし、1時に出巣し、
 
    朝四時過ぎに帰ってきた。
/>



 哺乳動物のある種は子供の危険を感じると巣穴を移動するという。今回の悠もそう

だったのだろうか。

 たしかに、今回はカメラに超望遠レンズをつけて、巣箱の前で写真を撮った。悠に

してみれば、あたかも鉄砲でねらわれていると感じたのかも知れない。だとすると、

三脚とキャタツは巣箱Bのすぐ前なのに、奥の杉の木巣箱から巣箱Bになぜ移った

のか分からない。でも、悠になんらかの摂動を課したには違いない。「俺はいくら

寄っても平気だよ。」というカメラ愛好家がいるが、もって瞑すべしか。


 ムササビXの存在もあるのだろうか。ムササビの子殺しが報告されている(注)。

悠にとって子供のことを考えるとムササビXも恐い存在なのだろうか。それなら、

なぜXが数時間前にいた奥の杉の木巣箱に移動したのか、子供の一方を数時間

も迎へにいかず、放置するのか。まさか忘れたのではあるまい。でも、Xのいなかった

昨年も一昨年も巣穴移動はしなかった。Xはやはり関係しているのであろうか。

         注 : 川道武男「夜をすべるムササビの社会」 自然 1984年2月号
           
 もう1つは、私の知らないことだが、人によるイタズラも忘れてはならないことであろう。


 他を攻撃しない動物の代表例みたいなムササビにとって、危機回避には、子連れ

移動しかない。しかしながら、子供が落下する危うさは大きい。子供を咥えて滑空す

るかどうか見ていないが、樹間を伝っていくのも簡単ではないであろう。子供がある

程度大きくなれば、移動途中で恐がったり嫌がったりして暴れることもあろう。今回

はじめて観察できたが、子供は、巣穴の中でさえ、咥えだされることに抵抗し、逃げ

惑う。巣箱の外でも咥えなおしのためか、およそ一分もドタバタしていた(5月6日

希々の運び出し)。移動途中で暴れることはないとは言えない。子供が落ちてしま

えば、ムササビは地上に降りないから、子供を助けないのではないだろうか。

 そんな危険を冒し、かつ子供が嫌がることを労力してまで、今回頻繁に巣箱移動

したのは、なぜか。

 危機回避のためなら、2匹の子供のうち、一匹を2時間以上も独りに放置して、

母親自身は寝ているだろうか。ムササビXと写真撮りの摂動がゼロではないだろ

うが、今回の移動は、悠が考えた、子供への育児教育の1つ でもあったのでは

ないだろうか。

 深夜、早朝と厳しかったが、充実できた連休であった。





 強調文
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

11:17:15 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<29.ブログ2年目に向けて | ホーム | 27巣穴移動の危うさ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/45-5a97d137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。