12.ムササビ引越しと蜂
2008 / 09 / 29 ( Mon )
12.ムササビ引越しと蜂

 今年は例年になくスズメバチが多い。(この屋敷で2カ所にスズメバチが巣を作って

いる。)悠が出産・子育てに使っている巣箱Aもついにスズメバチの巣になってしまった。

蜂の巣はビデオカメラを覆い、巣箱いっぱいの大きさにまでなり、ビデオ映像はまった

く写らなくなった。悠が蜂に追い出されたのか、悠がこの巣箱から引越しして、使わなく

なったので蜂が入ったのかは分からない。

 昨年、悠はこの巣箱Aを冬から春まで出産に使い、夏に子供が大きくなると、涼しい

楓の木にかけた巣箱に引越し、過ごした。この楓の巣箱は、取り払ってしまったので、

今は、奥の杉の木の巣箱(周りは杉の木で、高い位置にかけてあるので静かで涼し

い。)にいる。子供は近くの巣箱B(昨年は友友と理理が住んだ)にいて、時々は悠の

いる奥の杉の木巣箱でいっしょに暮らしている(追加1)。

巣箱A蜂の侵入口
 巣箱A(2008年春) 2年間の風雨で、ビデオ

ケーブルの収納板に隙間(写真左側のテープ

の下)ができ、蜂の格好な入り口となった。   

/>


 ところが、悠の住んでいる奥の杉の木巣箱にもスズメバチがやってきた。暑いので悠が

巣穴から顔を出していると、2、3匹のスズメバチが巣穴に近づき、悠が顔を引っ込めると

蜂は巣箱に入っていった。悠は蜂に射されるのだろうか、巣箱を乗っ取られるのだろうか。

奥の杉木巣箱と悠    奥の杉の木の巣箱(2008年9月はじめ)

  巣箱Aから移り住んだ悠。暑いと昼でもよく顔をだして

  いる。楓の木の巣箱を取り払ってしまったので、この

  巣箱を使っている。但しこの巣箱は昼に日があたり

  まぶしいときもある(この巣箱がいまいち好かれない原因か)。

/>


 奥の杉木巣箱と蜂
   スズメバチ飛来。悠は顔をひっこめた。9月でもスズメ

  バチは新しい巣をつくるのだろうか。悠危うし!!!

  悠は危険を避けて、また引越しか(下の「続きを読む」

  の追加3も見てね)。

/>


 アンクル・カナは一月前に蜂に射されているので、蜂に近寄るのは避けたい(追加2

参照)。蜂を追い払うよりも、悠に安全な住処を作ろうと思い立ち、急遽、新しい巣箱を

つくり、巣箱Aの近くに架けた。夏用に、高く(10m)、杉の枝葉で日が直接巣箱に当た

らず涼しくて、冬は北風が直接あたらない場所にした。蜂が巣を作ってしまった巣箱Aは、

蜂がいなくなったら奇麗に掃除をして(追加3参照)、様子を観察したい。来年もこの

巣箱Aで悠が出産し、子供がおおきくなり、新しくかけた巣箱に引越ししたら、巣箱Aは

「出産用巣箱」、人間で言えば、「産院」に相当するものと言えそうだが、どうであろうか。



左下の「続きを読む」をクリックすると「追加1、2、3」が開きます。

追加1 悠も今年の子供も、昨年と同じ行動を採っている。すなわち、巣箱Aで子供を
産み、子供が大きくなると、巣箱Aから引越しする。昨年の子(友友と理理)も今年の子も
巣箱Bに移り、悠自らは、昨年は楓の木の巣箱(巣箱Bを見下ろしできる位置にある)で夏を
過ごし、今年の悠は奥の杉の木巣箱(巣箱Bを見下ろせる)に住んでいる。子供は時々悠の
住む巣箱で生活する。

追加2 2度目の蜂刺されで、重体、場合によっては死亡もありうるとのこと。なお、うっかり
巣箱に手をいれたり、直接覗いたりしてはならない。中にマムシがいて噛まれた例や、飛び
出しきた鳥が顔にぶつかって傷を負った例もあるが、蜂の大群に襲われることにもなる。

追加3 ムササビとスズメバチに関して川道武男氏は、「自然」1984年1月号で以下のように
記載されている。
  「ムササビは彼らの樹洞巣をスズメバチやフクロウにときどき明け渡さなければならない。
  スズメバチの巣は1年限りだし、フクロウは雛が巣立つと空になる。縞模様のあるスズメ
  バチの空き巣は、ムササビがかじりとって、巣として再使用する。」
そうであれば、巣箱Aの清掃はビデオカメラ室のみにとどめ、巣箱の本体の方はムササビ悠に
任せた方がよい。                         

 
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

16:27:00 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<13.一人暮らしは快適か | ホーム | 11.悠が帰らない(繁殖活動か)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/27-be6da846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |