スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
226.シジュウカラの巣作り
2017 / 06 / 26 ( Mon )
225.シジュウカラの巣作り

ムササビの巣箱でシジュウカラが2度目の繁殖をはじめた。このムササビ巣箱

は暗視(赤外線)付き、音声付きなので、巣作りから、抱卵、育児の詳細が観察

できる。
 
    225シジュウカラ①
   6月23日 5時58分 中央に卵1個 前夜にはなかった。周りの巣材(モヤモヤ状
   に見えるもの)もなかったので、朝になって搬入し、卵を産んだのだ。
   なお、周りの筋状のものは、ムササビが寝床にしている杉の皮。


    225シジュ③
   6時30分 ひっきりなしに巣材を運んでくる。もう卵が見えにくくなっている。
    

    225シジュ②
    7時40分 シジュウカラの♂と♀の区別は上から見た目には判別できない。
    巣材を咥えながら、よく啼いているので、巣箱の外の連れ合いに呼応して
    いるようだ。巣箱への出入りは頻繁である。

この前日まで、シジュウカラが2羽で屋敷林を飛び回っていた。最初の繁殖・子育て

も終わっている(記事222参照)時期なので、2回目の巣作り場所を探しているようだ

った(これまでの記録では1回目と2回目で同じ巣箱は使ったことがない)。

 24日に最初の卵1個、1日1個づつ産んで6個生むとして30日から抱卵、孵化の

日数を考慮して、次回の観察日を決めよう。


 この巣箱を使って、ムササビの巣箱内生態を12年観察してきた。それから推測すると、

雛にはどんな餌を与えているか、成長度合によってそれは異なるか、巣立ちまでの餌の

総量は、♂♀の役割分担はあるか、滞在比率は、などなど、更にはこれまで全く知られて

いなかった生態も見つかる可能性もある。DVD、SD録画により、観察負担が軽減し、正確

且つ詳細にわかるのではないだろうか。

 ムササビ巣箱でシジュウカラが最初に繁殖したのは2006年6月であった。ムササビは巣内

で糞尿はしない。子供の糞尿も全く見られなかった。シジュウカラも雛の糞は運びだすので、

シジュウカラが繁殖に使用した巣箱を、その後ムササビは再度使いだす。おたがいに、暗黙

の了解でもあるのか。今回、シジュウカラが使い始める前は、4ヵ月間この巣箱をムササビも

使用していなかった。 ただ、誰れがみてもシジュウカラには広過ぎだ。 

本巣箱はムササビ用(広さ24cm×24cm_)であり、機器も48万画素と低い。対象

とする鳥などに合致する巣箱には工夫が必要ではなかろうか(ご連絡あれば、協力いた

します。)。




 



 


 





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

18:23:55 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 225.アオゲラが教えてくれたこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/255-36e3c44b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。