212.ムササビの寝床
2016 / 12 / 26 ( Mon )
212.ムササビの寝床

師走となり、夜は零下になる。毛皮を着てるムササビも寒さ対策をする。

212巣箱の巣材-1

寝床の巣材が増えている。巣材は杉の皮である。巣箱に入れた巣材は運び出さないから

順次積み重なっていく。杉の皮は順次積み重なって、細かくなり、ベッドのクッションと温度

調整に役だっているようになる。なお、夏場にも「ノミ」はおらず、杉の皮には防虫作用もある

のかもしれない(寝床の詳細構造は記事39参照)。

212スギの皮(
    皮を剥がれた杉の木

   どの杉の皮でも良い

   わけではない。

   大木のは使わない。

   みずみずしいこと、

   やわらかいこと、

   杉の香がするなど

   がspecか。

   ここで細く裂いて、

   口に咥えて搬送する。

   なお、こうなると建築材料

   としては、駄目。 写真の角度から分かるように、低い位置(2m)の皮を剥いでいる。

   12年も剥いでいると、この屋敷林でもお気に入りの杉木も少なくなってきている。


/>


  巣材調達は、冬の寒さ対策、出産前の産座作り、仔が咥えて遊ぶ育児期に見られる。

これら時期のムササビ探しには、①樹洞、②糞に加えて、③剥がれた杉の木も有力となる。











スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

11:54:29 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<213.公園アトリの観察 | ホーム | 211渡りのヒヨドリ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/241-1d086ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |