197.ムササビ悠の一生(案内)
2016 / 03 / 31 ( Thu )
197.ムササビ悠の一生(案内)

 本ブログは、悠をライブで紹介したくて始めた。その生い立ちから、出産、子育て、仔との

同・別居などを中心に一頭のムササビの生き様を綴ってきた。

 悠は、母屋で生まれ母親に連れられて裏山の巣箱に移り住んだ。生後3ヵ月の時に母親

が亡くなり、一人ぼっちとなった。半孤立の裏山屋敷林でひっそりと成長し、2歳の春初めて

の出産をした。ハクビシンやシジュウカラに巣箱を譲り、スズメバチの巣箱占拠に耐え、天敵

テンの恐怖に怯えながらも、東日本大震災も克服し、悠は多くの仔を生み、育てた。

 動物に関しては子供の頃の「兎追いし彼の山」程度の全くの素人だったが、観察途中から、

川道武男先生に観察のポイントや実地に追いかけ観察の仕方などご指導いただいた。これ

によりたとえば、悠の仕種の一挙手一投足の意味がより速く分かるようになった。

 上記のとおり、本ブログは、出産、子育て、仔との同・別居などを中心に書き綴り、したがって、

悠も含めて、子達の独立や消失などについてはすべてを記事に紹介しきれていない。これら

を網羅した「出産、子育てに見るムササビ悠の一生」に関し、川道武男先生に共著になって

いただき、「リスとムササビ ネットワーク」の会報である「リスとムササビ No.36 」に掲

載されました(下掲)。

 本ブログは多くの方々に見ていただき、おかげで8年間も継続執筆することができましたが、

9年6ヵ月の悠の生き様の全体像を見ていただけたら、幸甚に存じます。

197論文Ⅳ

写真をクリックすると拡大できます。 「リス・ムササビ ネットワーク」で検索し、そのホーム

ページから当該会報は入手できます(非会員 \400 +送料)。| 


スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:24:06 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<198.緒白の警戒 | ホーム | 196ツミ(雀鷹)がやってきた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/226-db5a826c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |