190.新巣箱の居心地
2015 / 09 / 14 ( Mon )
190.新巣箱の居心地

190巣箱A   2015.9.11 巣箱A
 
 屋敷林の西側にある巣箱Aを7月

 に更新し、8月に東側にある巣箱
  
 Fを架けなおした。

 これまでだと、架けてから3 ヵ月

 ほどムササビは新巣箱に入らない。





/>


190 F 内部
2015.9.11巣箱 F の内部    まだ一月しか経っていないのに、もう使いはじめた。


190緒白
   2015.9.12 巣箱 A

  昨日(11日)は、巣箱Fにいた

  ムササビだ。警戒している時

  は体を乗り出すが、待っても

  これが限度。すぐ ひっこんで

  寝てしまった。




/>




190緒白静止画②
2015.9.12 巣箱A  ( 1 )尻尾の先が白く映る(ただし赤外線)

190緒白静止画①
2015.9.12巣箱A  ( 2 )背中の傷か゜ようやく治り、新しい毛が生えている。 

( 1 )と( 2 )からこのムササビは緒白だ。



 屋敷林には現在 6 個の巣箱があるが、このうち、新しいのは巣箱F、AとB(昨年末更新)で

ある。Bは緒白と一緒に生まれた菜々が出産・子育てに使っていたので、緒白はやっと新巣

箱にめぐりあわせた。緒白にとっては久方ぶりの新居だ。ただし巣材は少ない(巣箱AもFも

底板が見えている)。これでは体が底板にあたって居心地はいまいちではないだろうか。

 Bには巣材がたくさん入っており、この日は菜々もいないのに、Bに入らない。 ムササビが

どういう風に巣箱を選んでいるかはよく分からないが、一緒に育った菜々が帰ってきたときの

ために開けているのであろうか。ともあれ、巣箱提供者(大屋)としては、新築したらすぐ入居

者が決まったのでうれしい限りではある。

 




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

09:17:30 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<191.ルーテインワーク | ホーム | 189傷は治った>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/219-9d956214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |