186.ムササビとテン(テンその9)
2015 / 06 / 27 ( Sat )
186.ムササビとテン(テンその9)

186菜々(テンを警戒)
2015.06.16
18:55

 巣箱Bの菜々

 18:42突然、体

を乗り出して警

戒。目は地上で

はなく林の梢の

方を追っている。

ブルブル震えが止まらない。50分間このままで、(19:31)毛繕いもせず、出巣していった。

菜々が見ている先をライトで照らしても何も見つからない。生死をかけたすさまじい緊張

感であった。 

/>


186テン毛繕い終了
19:36 巣箱S

 テンが入ってきた。

 若いテンだ。毛繕

 いもそこそこに

 すぐ寝た。菜々

 のいた巣箱B

 とテンの入った

 巣箱Sとは10m

 も離れていない。菜々が警戒していたのはこのテンであろう。

/>


186テン突然出巣    巣箱の中のテン

 いつもどおりほと

んど寝てすごす。

その呼吸の様子

 は終始おだやか

 で変わらない。

 よく朝 3:2:9に出

 巣していった。

 今回の不思議な行動

 は、①21:45,②22:48、③23:31、④0:53に、突然起きて、巣箱の屋根に乗り、ゴトゴト10秒

 ほど踏みつけ、また帰巣したことだ。なぜ突然目覚めるのであろうか、なぜ4回も出入りし

 たのであろうか。 />



このところテンは巣箱に入っていなかった。しかしながら、昨年12月には、緒白が背中に大きな傷を

負った。2月と3月初めには緒白と菜々が屋敷林にいたが、3月には菜々が子供を産み、緒白はいな

くなった。4月菜々とその幼児が見られたが、5月には菜々もその仔も観察されず、今回6月に菜々のみ

が巣箱にもどった。 緒白と菜々の仔の消失はテンによるものであろうか。屋敷林の周りの畑に

野兎の糞が見つかっていないので、餌のなくなったテンも移動したものと即断していた。ところが、

6月の庭木の剪定の際に、アチコチにウサギの糞がみつかった。野兎もいなくなったのではなく、

畑から庭に餌場(生息地)を変えたのだ。とすると、屋敷林にはテンが居続けていてもなんの不思

議もない。本ブログてはテンについてこれまで8回取り上げてきたが、 ここ3,4年のムササビ

幼児の突然消失原因についても詳細な見直しが必要であろう。 

   







スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

07:01:54 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<187.今年のツミ | ホーム | 185. 巣箱が映らない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/215-6d29b9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |