スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
178 悠は健在だった 
2015 / 01 / 14 ( Wed )
178 悠は健在

先月 悠は背中の3ケ所の毛が抜けていた(記事175参照)。

178悠ビデオA②7日小
2014.12.07巣箱A②

  一番大きな箇所は地肌が見え、

  瘡蓋がある。病気なのかテン

  や猫などに襲われたのかは

  分からなかった。
/>


一月たちどうなったか心配したが、悠は健在だった。ただし、巣箱は代わっていた。

178悠背中の毛①
2015.01.09 巣箱F

  毛はだいぶ生えそろった。

  宵の出巣は19:11(通常より

  も2時間遅れ)、途中帰巣は

  なく、4時半(日の出の2時間

  前)に帰ってきた。

/>

178悠背中の毛②
2015.01.10 巣箱F 

   次の日、背中の様子が

   はっきり見えた。

   下毛が生えて地肌は

   見えなくなった。 

/>


 とにかく窮地は脱したようだ。

 悠の背中の毛の状態から、疥癬病にかかったか、テンに襲われたのではないかと思った。

ずっといぜん、屋敷林に疥癬病のタヌキがいた。さすれば疥癬病の可能性はありそうだが

どうだろうか。でも最近はタヌキを全くみかけていない。それどころかハクビシンも野兎もいな

くなった。みんなテンを恐れてどこかにいってしまったか、それとも襲われたか。そのテンも

巣箱では2年以上見かけていない。野兎を追ってテンも屋敷林から移動したのかもしれない。

ごく最近国道沿いでテンが死んでいたという。屋敷林のテンかどうか不明だが、屋敷林の

環境は変わっていないのでいずれまたテンはやってくるであろう。

 悠をつかまえて獣医さんに診てもらえば病気か襲われたものかわかるであろうが、自然の

ままにしておくのが悠にとっても最良の選択であろう。 

 悠には元気で屋敷林の巣箱に住み続けてほしいものだ。





スポンサーサイト
20:54:36 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<179 ヒヨドリの害 | ホーム | 177アオゲラ 知らなかった>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/207-e291f0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。