スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
177アオゲラ 知らなかった
2014 / 12 / 25 ( Thu )
177 アオゲラ 知らなかった

 屋敷林にはアオゲラとアカゲラがいる。ただし同時に見かけたことはない。先月はアオゲラが

ムササビ巣箱の底を突いていた。残念ながらカメラを準備するのに手間取って撮れなかった。 
 
 ケヤキの木でコツコツやりだした。とりあえず、証拠写真を抑えた。

177アオゲラ②
2014.12.07 欅の枯れ枝

 高いうえに、曇り空。

 露出補正がままならず。

 わずかに緑色が映った。





177アカゲラ①
  フアインダーではよりはっきり

   していたが、頭頂の赤色も

   どうやら映った。


/>

/>




 調べて見ると、アカゲラは表現どおり赤啄木鳥と書く。コゲラは小啄木鳥、ヤマゲラは山啄木

鳥。なのにアオゲラは緑啄木鳥と書き、見た目にも緑キツツキなのに、なぜアオゲラなのか。

そういえば、「山はアオき(緑)故郷、水は清き・・・」であり、交通信号はミドリという人もいるし、

アオ信号とも言う。ただし、通学路で声をかけてくれていたのは「ミドリのおばさん」であって、

けっして「アオのおばさん」とは言っていなかった。浅黄 朱鷺 深緑 瑠璃 群青、紺碧など表現

豊かな漢字を有する日本語でも、話し(歌)言葉では緑と青の区別はしなかったのであろうか。

たしかに緑啄木鳥をミドリゲラとは言いにくい。やはりアカゲラに対してアオゲラの方が

ぴったりする。なお、ルリビタキ、オオルリの場合は、聞かれると「瑠璃色」と教え、あまり青色

とは言ってこなかった。

 知らなかったのでアオゲラを調べてみたら、日本固有種とある。日本固有種となると小笠原

や沖縄の希少種を思い浮かべるが、どこにでもいる日本固有種だといっそう貴重に見えてくる。

アオゲラが食、住の根拠とする落葉広葉樹の大木が少なくなっているので、やがて、深山幽谷

でしか見られなくなってしまうのであろうか。

122.アオゲラ  2013.01.12 屋敷林杉の木

  樹の幹に爪を立てて寝る。

  昨晩から同じ姿勢を続けて

  いる。あたりに日がさし、

  ようやく動き始まった。

 
 

この屋敷林にも洞がある大木はもうなくなった(クリックすると拡大する)。

/>



啄木鳥と表示し、どうして「ゲラ」とよぶのだろう。わけを知りたくて調べてみた。中村浩著

「動物名の由来」 東書選書(昭和56年初版)に納得のいく解説がでていた。その「鳥の部」

の、「12 啄木鳥は "虫を取る" 意」 によれば、以下のようである。

   キツツキの古名 は " テラツツキ" 。 "テラ"は" 取 (テラ)"の意であって、

   テラツツキとは "つついて虫を取る " 意味。  "テラツツキ "が略転して

  " ケラツツキ " となり,下部が略されて"ケラ "となった。今日、キツツキの

   仲間をコゲラ、アカゲラ、アオゲラ、クマゲラなどとよぶのは、このケラの冠

   頭に説明語を付した名である。


   (なお冠頭語がつくと濁音にするのはよくあることである。例 苔、ウメ
   ノキケ:)。











スポンサーサイト
21:23:13 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<178 悠は健在だった  | ホーム | 176ひなも元気>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/206-13a4e94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。