176ひなも元気
2014 / 12 / 20 ( Sat )
176 ひなも元気

 12月5日から8日の観察において、8月生まれのムササビ「ひな」は、4日間とも屋敷

林の西側の巣箱を使っていた。巣箱は5日がN、6日にA、7日と8日はまたNにもどった。

 母親悠は5日は屋敷林のどの巣箱にもいなかったが、6日にNに入り、7日はA②、

8日はAを使った。 6日朝、悠がNに入り、そのすぐ後ひながAに入った。

  なお、巣箱N、A、A②はほぼ3m間隔である。5日の夕方から本格的に寒く

なり夜室内で2℃(外は当然零下)、最長夜長(日の入りから日の出まで14時

間20分)の時期である。

 悠もひなも、宵に出巣してから朝までのあいだに巣箱に途中帰巣はしなかった。

また、同居もしなかった。  昼間、巣箱の下に行くと悠は警戒のためか巣箱から

顔をだすが、ひなは熟睡していて全く顔をださなかった。

 悠は3日とも巣箱から顔をだしてくれたので写真をとれた(全記事175)。ところが

ひなは熟睡しており人の気配など全く気にもかけていない。おかげで写真を撮れず

「ひな」の同定には下記のようにえらく苦労した。母親が近くにいることで外敵への警

戒はすべて母親まかせであった。

 これまで夜長時期で酷寒の場合、悠やその子達はよく途中帰巣で巣箱に戻ってきた。

その場合、母と仔は同居もした。帰巣を期待して夜中に度々確認のために起きだしたが、

徒労におわった。いったいどうなっているのであろうか。 母親悠は5日にはこの屋敷

林の巣箱にはいないからどこかに塒を持っている。その塒に途中帰巣しているのかも

しれない。ひなは悠とは全くの別行動だとすると夜中目いっぱい活動しているのであろ

うか。
 
 ヒナは宵の出巣後すぐ屋敷林の東に向かって見事な大滑空を見せてくれた。朝の帰巣

も悠の帰巣後すぐ熟睡に入る。人の気配などなんのその昼の熟睡も納得々々。元気に

育ってほしい。




 ひなの特定: 写真を撮れなかったので、4日間のビデオを全部確認することになった。

 上記のとおり、ほとんど熟睡しており、しかも(寒いから)下向きである。顔をあげた

のは6日の16:50の一瞬であった(下掲静止画)。

176ひな顔
  目の周りが黒いのが特徴。悠は追い出してもしないから、悠の仔であることは間違いない。

先月「ひな」の写真(下掲)と一致する。

 170「ひな」②












スポンサーサイト
09:36:48 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<177アオゲラ 知らなかった | ホーム | 175 悠は今・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/205-8b07d738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |