170 ムササビ幼児の識別
2014 / 11 / 07 ( Fri )
170 ムササビ幼児の識別

10月31日から11月3日、一月ぶりに帰省した。8月半ばに生まれた「ここ」と「ひな」が

どうしているか楽しみだ。 巣箱ビデオを点けると、巣箱Aに1頭の幼児ムササビがいる。

170「ひな」①
巣箱A 2014.11.01

 大きさから幼児と分かる。

  「ここ」か「ひな」であろう。

  「ひな」は尻尾の先端が

  白い(いわゆる尾白)から、

  この子は「ひな」であろう。

  さらに目のまわりが黒くて、鼻の上は白ッポイ。 />



170「ひな」②
   運よく写真が撮れた。
   
   眼の周りが黒くて、

  鼻の上周りは白い(パンダ顔)

  生後2ヵ月半にしては大人びて

  いる(写真撮るときに+補正した

  せいか)。なお、写真をクリック

  すると拡大する。


/>


165ひなorここ① 
    先月の「ひな」の写真


  目の周りがいくぶん黒くて、

  鼻の上周りは白い。



/>


 悠の仔で一番早く別居したのは、2009年の希々で生後2.6ヵ月であった。「ひな」が

別居していても不思議ではない。ただ、いっしょに生まれた「ここ」は屋敷林のどの

巣箱にもいない。悠も観察期間4日のうち3日もいない(次記事)。心配だが、

「ひな」は宵の出巣と朝の帰巣時刻も通常であり、巣箱の中では熟睡しており、

滑空もみごとなものである。無事育ってくれそうだ。



 








スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

09:03:23 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<171 風花だろうか | ホーム | 169風花巣箱移動(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/200-08125bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |