172 悠はどこに行ってた
2014 / 11 / 15 ( Sat )
172 悠はどこに行ってた

 11月のムササビ観察(10月31日~11月3日) : ビテオモニターから6個の巣箱にいる

ムササビは以下のようであった。

   31日 巣箱Aに1頭
   1日  巣箱Aと巣箱Nに1頭づつ
   2日  巣箱Aと巣箱A②に1頭づつ
   3日  巣箱Aに1頭 

 先月度は 悠が8月に産んだ「ひな」と「ここ」を巣箱Bで子育していて、2月に生まれた

風花は巣箱A、巣箱Sを転々と移動起居していた。

 順当なら、屋敷林には全部で4頭いて、「ひな」と「ここ」は生後3か月弱になるのでひょっ

としたら悠とは別居しているかも知れない と予想していた。 いったいどうなったのであろ

うか。 

 まず、巣箱Aに4日間ともいたムササビは誰か? ビデオから四日とも同一個体と分かった。

1日、2日とも写真を撮れた。先月の写真と比較して、「ひな」と判定した(記事170)。

 1日巣箱Nにいたのは、写真とビデオから風花と推定した(記事171)。2日に巣箱A②に

いたのは、ビデオから1日巣箱Nにいたムササビとは明らかに違う。これまでのビデオ静止

画と比較して悠と判定した(下記)。

170悠②   2日巣箱A②

   大人ムササビだ。

   顔、頭の恰好から

   悠だ。





170悠①

   耳の形状からも

  悠に間違いない。





/>

/>

 まとめると、

  31日 巣箱Aのムササビは「ひな」
  1日  巣箱Aに「ひな」、巣箱Nに風花
  2日  巣箱Aに「ひな」、巣箱A②に悠
  3日  巣箱Aに「ひな」              ということになる


 「ひな」は、生後2ヵ月半で母親と別居している。これまでの悠の子供うちで(2009年の希々

とほゞ同じ)最速の別居開始記録だ。風花は生後8か月になるので、時折母親悠の縄張り

・本居地に出入りするまで成長したということになるのであろう。問題は悠と「ここ」だ。

「ここ」はどこに行ってしまったのか。悠の子達で、母親と別居するときには兄弟一緒に別居して

おり、兄弟同士が別居することはなかった。無事であれば「ここ」も「ひな」と巣箱Aに居るはず

なのにどうしたのであろうか。

 悠は4日間のうち1日のみ、巣箱(A②)に戻ってきた。あとの3日はどこに行っていたので

あろうか。これまでの子育てで2ヵ月半の幼児(「ひな」)を3日も放置したことはない。屋敷林の

近くに悠は巣穴を作ったのでろあうか。そこに「ここ」と一緒にいるのであろうか。


 屋敷林はケヤキの落葉時期となり、「木の葉さらい」がはじまった。悠はこれに驚いて

巣箱を離れたのであろうか。それにつけても3日もどこに行っていたのであろうか。

 悠の屋敷林以外の巣を見つけに追跡調査をしてみるしかない。

172屋敷林ケヤキ
   2014.11.3 屋敷林





/>


 




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:16:22 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<173 エゴの木が枯れた | ホーム | 171 風花だろうか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/199-566b865a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |