スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
168風花の巣箱移動
2014 / 10 / 10 ( Fri )
168 風花の巣箱移動

 9月26日朝、風花(悠の2月末の仔)が巣箱を変えた。 母親悠は8月に産んだ仔たちの

待つ巣箱Bに4:56 に帰巣したが、風花は5時になっても昨日までの巣箱Aに戻ってこない。

全巣箱のビデ゛オモニターのスイッチを入れる。5:04 風花は巣箱Bに近い巣箱Sに入って

きた。巣材を口いっぱい咥えている。

 巣箱を変えた原因を考える。どうやら前日(25日)の写真撮りが影響しているようだ(注1)。

163風花925   2014.09.25 巣箱A

   この写真を撮るために

   巣箱の付近をうろうろ

   した。





/>



 ムササビはメスがホームレンジ(縄張り)を持ち、「巣の数は2~8個で、そのうち成メスは

1~3個を常時使用する。残りは成オスや成長した子供が使ったり」するという(注2)。

風花は2月末に悠が産んだ仔であり、まだ生後9か月だ。この朝は屋敷林の6個の

巣箱のうちどの巣箱を使うのか。一瞬、3年前のケースがよみがえる。それは今回の

出産・子育て状況と似ていて、悠が3月に出産した仔(芯々)は悠とはすでに別居して

いて、悠が8月に出産した仔(復々) の子育ての10月、別居していた芯々が、悠の子

育て中の巣箱に突然同居したのである。 今回と違う点は、後腹の仔が今回は2頭

であること、先腹の仔の出産日が1ヶ月異なり、観察時期も1ヶ月ほど差異があるこ

とである。

 母が仔の同居を拒否するケースは後腹の仔の出産直後に観察されているが、今回

悠が同居を拒否したかどうかビデオ録画を詳細に見てみようと思う。





注1
   23日巣箱の下で写真を撮った。あまり顔を出さない。すぐひきあげた。
   24日 風花顔をださない。写真も撮れない。
   25日巣箱から体半分だしている。巣箱の下に三回行き写真を撮る。
   巣箱の下で顔を出すのを待ち、巣箱の真下も通った。

   23日と24日は、宵の出巣後すぐに母親の巣箱の方に滑空した。25日は
   滑空せず、樹間の伝い渡たりで移動した。

注2
   川道武男 夜を滑るムササビの社会(1) 自然1984年1月号




スポンサーサイト
09:11:57 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<169風花巣箱移動(その2) | ホーム | 167.ムササビの仔のおもちゃか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/197-f0412ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。