スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
163.ムササビ風花
2014 / 09 / 29 ( Mon )
163 風花

 9月23日、屋敷林の6個の巣箱ビデオを見ると、悠と新生仔「ひな」と「ここ」が巣箱Bにおり、

もう1頭ムササビが巣箱Aにいる。

163風花①    先月は2月生まれの風花と

  2年前に生まれた緒白がいた

  が、この子は風花か緒白か ?

  ビデオモニターでは、なか

  なか判別がつかない。緒白は

  もう大人(♂)で屋敷林にいない

ことの方が多いが、風花は生後7か月で、まだまだ母の縄張り内にいる期間だ。

ビデオの映りからするとまだ成熟前の子どもムササビに見える。
/>


163風花②尾白でない
  緒白は尾の先端が白く映る(ビデ
 
 オは赤外線)。尻尾がよく見えるシーン

 を待つこと1時間。どうやら緒白では

 ないようだ。確定には写真を撮るしか

 ない。

/>


163風花923
    ビデオモニターを見続け、巣箱から

   顔を出したら、カメラを持って巣箱の

   下に行く。ようやく撮れたがはっきり

   しない。
 


/>



163風花925 2014.09.25 巣箱A 風花

  体を乗り出しているところを

  撮りたかったが、2日もか

  かった。これが限界。

  緒白ではない。風花だ。



/>


  ムササビは雌親を中心とする母系家族。生まれた仔たちは母親の縄張り内で娘が平均

1年半、息子は1年程度生活し、その後独立していくといわれている。悠の子達を見てみると、

息子は一旦独立してこの屋敷林を離れても、ときおり帰ってきて巣箱に起居している(娘は

独立した後、ふたたび帰ってきた例がない)。

また、この屋敷林の巣箱では、悠の息子以外の雄ムササビはこの9年間一度も観察され

ていない(注)。 したがって、巣箱Aのムササビは悠が2月25日に産んだ風花である。

なお、先月にも風花の写真が撮れていればこんなに苦労しなくてよかったが、今回

撮れたことをよしとすべきか。




 注: 筆者が子供の頃の屋敷林は植生が現在の数倍あった。ムササビの繁殖交尾の時は
 裏山は恐ろしいほどの喧騒であった(猫の繁殖交尾の騒ぎなどしずかなものである)。時が
 経ち屋敷林は半孤立状態となり、悠とその家族のみが棲み、悠の繁殖交尾はこの9年間
 一度もみていない。交尾は屋敷林から離れたところでなされているのであろう。








スポンサーサイト
15:00:10 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<164. 悠の子育て | ホーム | 162.ムササビ新生仔の誕生日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/192-0dff625b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。