スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
156オナガとカラス
2014 / 06 / 06 ( Fri )
156.オナガとカラス

 この公園にオナガが繁殖にやって来る前に、二番のカラスがすでに抱卵に入っていた。オナガ

が増えるにしたがって、カラスはだんだん守勢になり、地上で採餌していると上から攻撃されたり、

巣の周りを多数のオナガが取り囲むなど、一番は巣を放棄し、いなくなり、もう一番は幼鳥が巣

から落下し、ついに追い出された。

 それにひきかえ、オナガの巣は分かっただけでも8個にもなった。高さ14~15mほどの落葉広葉

樹林が密集している1200坪ほどの公園はオナガが啼き叫び、飛び交うオナガ天国になった。

156カラスの巣を乗っ取るオナ
 いきおい、好みの場所がなくなった

 のか、以前カラスの巣だったものを

 転用するオナガもいる。

 (巣のアチコチに針金製のエモンかけ

 があり、カラスの巣だったことがわ

 かる。)

/>


156オナガの巣を襲うカラス
  5月22日、20羽以上のカラスが

 集団で、オナガ、ツミの巣を襲った
 
 (友人T氏)。襲われた巣には

 オナガは入らなくなった(たぶん

 卵は全部捕られてしまったので

 あろう)。

/>


156おなが毛繕い①156オナガ毛繕い②
/>
 カラスに巣を襲われた翌日、このペァは終日巣には入らず2羽でいっしょに行動していた。

夫婦とも耐え難い痛手を負っているであろう。つれあいの毛繕いをすることで心の傷を癒して

いるのであろうか。早く元気になり2番目の抱卵ができるようになってほしいものである。



 その後、カラスが1、2羽で来るとオナガは集団で追い払い、現在6個の巣で抱卵中である。

ただ、カラスはこの時期集団で野鳥の雛、卵を襲うので、第二波、第三波の襲来があるか

もしれない。  









スポンサーサイト
10:13:21 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<157 至福の悠 | ホーム | 155.オナガの季節>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/183-affa7480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。