137.猛暑とムササビ
2013 / 08 / 16 ( Fri )
137.猛暑とムササビ

  8月13-15日 お盆帰省した。この暑さを毛皮を着ているムササビはどう

しのいでいるだろうか(注)。午後2時ぐらいの巣箱の中では

137大の字①
   ほとんどこのスタイルが多い。


  たまにうつ伏せもあるが、腹ばい


  にはならない(冬は逆に腹ばい

  がほとんど)。



/>


137耳カキ②
  3-4分間隔で目をさまし毛繕い


  をする(10秒ぐらい)。痒いところ


  を噛み、指舐め、耳かきをする。



/>


137アクビ背のび 
  ときおり、アクビ、背伸び。


  例年になく、同居のムササビ


  がおらず、重なり合うこともなく


  快適なようだ。

 
/>


 この巣箱は巣箱Bである。杉林の中、陽はあたらず日陰、高さは10mほど。

夏は涼風が通る。上記ビデオ画面の時は、遠くのミンミンゼミの鳴き声が心地よい

伴奏になっている。

 毛皮は夏毛になったばかりで密集感がない。

137悠と巣材
   寝床は、杉皮の新しい

  ものに変えた(夜中に運びこん

  だが巣箱入口に一部引っかかっ

  ている)。

  これが6,7月だと、換毛が

  入口にひっかかっている。   
/>



 
 8月お盆のころは、いつも夕立で日の入りが見られない。13日珍しく日の入りが観測

できた。18時ちょうどだった。ムササビは19時7分に元気に出巣して行き、朝方日の出

前に戻ってきた。


猛暑の夏、毛皮を着たムササビは、今年は子育てもなく、以外や以外快適に過ごしていた。





 注:左下の「続きを読む」に記載した(「続きを読む」をクリックすると開きます)









注:ムササビに近い動物は、タヌキ、キツネ、犬、猫どれだろう。

 猫だと思う。その理由は 母親だけで子育てする。夜型(昼は寝ている)。繁殖交尾がけたたましい。

     雌が縄張り(家にいる)雄はラウンドする。

 137クリン
  我が家のクリン

   家の中で飼っている。そのせいか換毛は五月からで、いまでも

   毛が抜ける。

   昼は寝て過ごす(夜中動き回っている)。

   夏が苦手。いつも廊下の風が通る場所で

   上向きに寝ている。腹を上にして、足と手を

   あげると熱発散が効率的?






/>

 
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

09:58:54 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<138.ハクビシンがムササビ巣箱に | ホーム | 136.還ってきたムササビ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/163-ec46cbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |