スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
126.シメの群れ
2013 / 02 / 14 ( Thu )
126シメの群れ

 千葉市花見川近辺、今冬はシメが多い。


126シメ藪地面
  公園の藪や果樹園の下草

  の元で、落ち葉をかき分けて

  餌を探す。例年だと見られ

  ないような場所にもいる。

  


/>


126シメ群れ
  一月前(2013.01.18)、旧家

  の庭先。およそ100羽ほどか。

  こんなに群れているのを初めて

  見た。大木(名前は知らず)の

  元で落ちた実をあさっている。


/>


126シメ雨どい
   どこにでも機転のきくやつ

  はいる。雨どいに実が集まっ

  ているのを目ざとく見つけた。

  屋根に落ちた実が集まってい

  るのであろう。あちこちから

  いっせいにやってくる。

/>


126シメ威嚇

   来ないように威嚇を始めた。

  それでもどんどん集まる。  

  この争いは、結果として

  おいしい実があることを教え

  ているようにも思える。

/>


126シメ争い徹底的
   ついに始まった。

   お互いにひかない。

   争いは徹底的に続く。

   この後、1羽は傷を

   を負った。シメの世界

   も「パン」より大事なものがあるらしい。


/>


 実家阿武隈の里ではごく当たり前のことではあったが、シメのこんなおおきな群れを見る

のは珍しい。群れをなす要因としてオオタカなど天敵対策もあるのであろうが、この旧家の

屋敷林はシメにとって食糧の宝庫故に集まっているのであろう。庭におりて実を食べている

シメ同士では争いは見られなかった。何が争いを誘発するのであろうか。前記事123でヒヨ

ドリが餌を巡っての争いについて書いたが、何が共通要因なのであろうか。

なお、この100羽ほどの群れは分散してしまって今はいない。各公園などに散ってしまい

そのため例年になくあちこちで多くのシメをみることになっているのであろうか。













スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

21:36:06 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<127.ムササビ巣箱に入ったテン(テンその8) | ホーム | 125.ガンバレ土地っ子ヒヨドリ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/152-91a4c394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。