スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
125.ガンバレ土地っ子ヒヨドリ
2013 / 02 / 01 ( Fri )
125.ガンバレ土地っ子ヒヨドリ

越冬ヒヨドリ数百羽が、ネズミモチとキュウイを食べつくし去って行った(記事123)。

ネズミモチは一粒もなくなり、もはやキュウイも落ち葉の下や土に埋もれたわずかなもの

しか残っていない。


そのキュウイ畑をホームレンジにしている1羽のヒヨドリがいる。

125落ち葉の下のキュウイ 2013.01.14 落葉の下のキュウイ

 を探して主食にしていた。だん

 だん少なくなってきている。

 ほとんどこのキュウイ畑で

 過ごす。

/>



125アカハラキュウイ
  このキュウイ畑には2羽

  のアカハラがいる。ヒヨドリより

  も隠れたキュウイを上手に見つ

  ける。

/>




125アカハラ攻撃
  アカハラがキュウイを見つける。

  ヒヨドリはスクランブル発進。

  徹底的に追い払う。

  1月28日には埋もれたキュウイ

  もほとんどなくなった。それでも

  このヒヨドリは終日このキュウイ

畑で過ごす(いつも3ケ所の同じ枝にいる)。ペァーの相手もおらず、他のヒヨドリは

来てもすぐ行ってしまう。

/>


125カリフラワー
  2013.01.30キュウイ畑の前の

 家庭菜園。白菜、ブロッコリーなど

 ヒヨドリに食われて固い芯しか残っ

 ていない。良く見ているとヒヨドリ

 の各グループ、ペァーで採食畑が


決まっている。これを侵犯すると、すごい争いになる(下掲写真)。

/>


125畑アタック①125アタック②
/>

 キュウイ畑の我がヒヨドリ君はヒトリボッチで、野菜の少ない畑しか持っていないので、

他の畑に行っては追い払われている。キユウイがまだあったとき、その前の柿の季節には

(キュウイ畑に柿の木がある)食うに困らなかったが、このところ大変である。

 北からやってくる越冬ヒヨドリは、移動と新しい環境で苦労すると思っていたが、土地

っ子ヒヨドリもそれ以上に厳しい条件である。大量のネズミモチとキュウイもまるで騎馬

民族のごとくやってきた越冬ヒヨドリに食べ尽くされ、我がヒヨドリ君はすべてを失って

しまった。おなじヒヨドリはもちろん、食べ物が同じアカハラやシメ、ウソ(注)なども、

今日を生き抜く生存競争の相手である。

 食糧が多量にあれば、縄張り確保などで争わなくてすむ。2月さえ乗り切れば畑の野菜

も林の木々も芽吹く。そうなれば、ペァーの相手も見つかるかも知れない。我がヒヨドリ

君、3月までガンバロー!!!!




 注:近くのH公園のヒヨドリは、公園の一角にネズミモチが数本あるテリトリーを有して
いた。ネズミモチの実は少しづつ食べ、アジサイの葉まで食べて(下掲写真①)食いつない
でいたが、ウソの群れがやってきて、ネズミモチを食べる(下写真②)。追っても追っても
ウソは入れ替わりやってきて、ネズミモチは食べ尽くされてしまった。いまではヒヨドリも
いなくなった。
125アジサイとヒヨドリ
写真①









/>



125ウソとモチ実

写真②








/>





スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

09:59:58 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<126.シメの群れ | ホーム | 124.悠 宵の出巣>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/151-c4f2a9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。