スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
115.悠達が巣箱に戻った
2012 / 11 / 24 ( Sat )
115.悠達が巣箱に戻った

 11月16日、ムササビ悠がどうなっているか期待と不安が交叉するなか(下記1)、帰省

し、まずすることはムササビライブモニターを付けることであった。


 奥の杉の樹巣箱(巣箱S)にムササビ母子がいた。

115母子三頭ブログ115母子三頭②ブログ

母は7年も見続けた悠である。子供2匹は大きさから生後3か月ぐらい。菜々と緒白であろう。

期待どおり、母子3頭巣箱に戻ってくれていた。これで観察に元気が出た。日出、日の入り、

天気予報を確認して観察の始まり始まり(その詳細は次記事)。


なお、子供の確認をするために写真を撮った。
115子供ムササビブログ
 2012.11.18 巣箱Sから顔を出した子供ムササビ。 菜々か緒白かこれから

前の写真と詳細な比較をする。前の写真は別巣箱(巣箱B)なので撮る角度が

違っている。





  記1:先月の観察日(10月20-23日)、悠とその子菜々と緒白(7月末から8月初めに誕生)

  は屋敷林のどの巣箱にもいなかった。居場所を母屋に移したのであろうと思ったが、最悪の

  ケースとしてテンに食べられてしまったことも想定した。唯一の救いは、10月21日夜9時

  緒白と思われる子供ムササビが巣箱A③の入口を覗いたことである(前記事113参照)。



/>
 








スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

11:07:37 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<116 宵の出巣から朝の帰巣まで | ホーム | 114.ウソがやってきた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/141-9effa0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。