スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
113.悠達の住まいはどこ
2012 / 10 / 26 ( Fri )
113.悠達の住まいはどこ

 悠達が屋敷林のどの巣箱にもいない。母屋と納屋を点検する。納屋はムササビが侵入する

隙間はなくムササビ特有の齧り跡もない。

113母屋↑入り
母屋東側の廂

 矢印①:ムササビの出入り口だと半円形になるが

 木が古く脆いので変な形になったのか。齧り跡は

 新しいのでつい最近であろう。

 矢印②:垂木と横木との間は隙間があり、ムササビ

 だとその気になれば入れる。特に母屋北側は隙間が

 大きい。

 なお、悠は子供の時には写真左下の欄間明り取りから

出入りしていた。(写真をクリックすると拡大する)
/>



113樹洞だろうか
新たな樹洞か?

  巣箱Bの隣の杉の樹になにやら

 洞に見えるがなんだろう。キツツキ

 にしては大き過ぎる。古老によれば

 「太枝が枯れてとれた跡。キツツキは


勢力のある生木に穴はあけない。」とのこと。拡大写真から枝のとれた跡となった。




10月22日 21:27 巣箱A③の天井板でガリガリと音がする。この時期、この時間

だとテンであろうと思った。ビデオを急きょ録画にする。


113若ムササビ①113若ムササビ② />
  
ムササビだ。子供ムササビだ。顔が細長い。8月はじめに生まれた菜々みたいだ。

この後、結局巣箱には入らず、巣箱の上でゴソゴソ1分ほどしてどこかに行ってしまった。


 巣箱は使っていないが、屋敷林にはムササビがいる。しかも子供ムササビなので、母親の

悠もどこかにいるのであろう。母屋を塒にしている可能性が高い。

 巣箱を6個も用意してあるのに、母屋に入るわけはなんであろうか。この数日前、短時間

だが突然の突風と豪雨が続いたそうだ。巣箱では過ごし難たかったのであろうか。








</strong>
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

08:21:54 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<114.ウソがやってきた | ホーム | 112.菜々と緒白 ムササビ社会への第一歩>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/139-769e6296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。