97.すれ違い(テンその6)
2012 / 05 / 06 ( Sun )
97.すれ違い(テンその6)

 テンはムササビにとって天敵という。いまだその襲撃場面に遭遇していないが、そのすさ

まじさは、「ウサギがはねてきた道」川道武男著(紀伊国屋書店)に明らかだ(前記事66

参照)。

 この屋敷林のムササビ巣箱にテンが出没するようになって、テン対策として下記2点をした。

①落ち葉掃きの徹底と藪や下草を生やさない、

②テンの使う巣箱にネズミ返しに習って「テン返し」をつける。
97テン返し
  巣箱Nのかかっている木につけた「テン返し」。

 昨年11月につけてその効用かテンは巣箱Nに

 入らなかった。3月から芯々(悠が昨年大地震

 ・余震の中で産んだ子)が住んでいる。
/>

97芯出巣前①   2012.4.27巣箱N

  宵の出巣前の入念な毛繕いを

  する芯々。


/>

97巣箱内巣材料
 18:45 芯々が出巣したあとの巣箱N

  巣材(杉の皮)は十分だが、一本

  一本は細くもなく、しごき方も雑で

  ある。雄の子だからこの程度でいいか。
/>


97テン①
   芯々が出かけてから45分後(19:32)

   テンが入ってきた。日没からおよそ

   1時間半。どこからやってきたのか。

   いつまでいるのか。餌は食べたのか。

/>

97テン②
   巣箱の中で跳ね回るテン

   まだ成獣にはなっていない。

   雄だ。雑・肉食のたくましい手足だ。
/>


97テン③牙
    牙も太く、鋭い。

  心配なのは、このテンがここを出て

  赤ちゃんムササビの巣箱に行くこと。

  または朝までここに居座って芯と遭遇
すること。この後、20:55になってテンはこの巣箱から出て行った。
/>



97ムササビ赤ちゃん  巣箱Bのムササビ赤ちゃん

 母親悠が出かけていて、一人ボッチだ。

 テンがきたらひとたまりもない。 

 テンが居た巣箱Nから38mしか離れていない。

 どうぞテンが入って来ませんように。1分が長い。21:45巣箱の上でガサガサ

 と音がする。テンだったらどうしょう。入ってきたのは悠だった。やれやれ.....

/>


 巣箱NとBを朝まで見張ることになってしまった。


もう夜明け近い。巣箱Nの屋根の上でゴソゴソと音がする。芯々かテンか。音が

してからおよそ2分してから、

97芯帰巣①  入ってきたのは芯々だった。

  芯々は入ってからもあたりの気をうかがう。

  横にはならない。すぐ外を覗く。巣箱に

  入ってから10分して体を横にして休んだ。
/>

 
 テンが入った巣箱に翌朝ムササビは入るだろうか。悠は入らなかった(前記事61

「悠の警戒」参照)。今回、芯々は警戒しながらも同じ巣箱に帰巣した。芯は雄で

あるからだろうか。そして悠は常に子供が一緒であることが関係しているのであ

ろうか。

 ともかく、今回はテンとムササビが遭遇することはなかった。ただ何かの都合で

すれ違いになっただけだ。この先はどうなるかわからない。ムササビに巣箱という

住居を提供している大家としてはテンに住処を貸すつもりはなかった。テン対策

として屋敷林の清掃と「テン返し」をつけたが、効果のほどはほめたものではな

かった。とかく思いどおりにはいかないものである。







スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

21:54:53 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<98.無事に育て | ホーム | 96.僕を間違わないで>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/123-64328d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |