スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
95巣箱B子育て
2012 / 04 / 14 ( Sat )
95ムササビ悠の子育て(巣箱B)

 この5年間ムササビ悠は3月にはいつも出産した。今年もまた、出産したであろうかと

期待をしつつ阿武隈の実家に帰省した。


93Bのムササビ②  3月25日 巣箱B

 悠は子供(右)といっしょの巣箱にいる。  

 2頭ともほとんど動かない。これでは出産

 したかどうかわからない。
/>


95悠残る  夜になって、通常の出巣時刻を20分すぎて

 子供ムササビが出巣した。残った悠はなかなか

 出巣しない。出産の期待が高まる。時間がたち

 20時を過ぎる。こんなに遅いのはこれから出産

するか、出産したばかりに違いない。ビデオモニターに集中する。 />


95悠巣草架け   21時20分 悠はようやく毛繕いを始めた。

 ついで態勢を右に変え、左に変え、はては

 回転し、巣材を掘り起こす。この動きは

 すでに出産しているのだろう。赤ちゃんは

1頭か2頭か。いつ出産したのか。

95幼児25日最初  21時40分 悠が出巣する。

 やはり赤ちゃんは生まれていた。

 1頭だ。巣材の中でわずかに動いて

 いる。尻尾は針金のように細い。

踏んだらつぶれてしまいそう。長いことほとんど動かない。画面を見つめる。

生まれたのは2,3日前か。悠はすぐ戻ってくるだろうか。
/>
/>


92ハクビシンの子供   21時58分隣の巣箱がガリガリとなる。

 ハクビシンの子供が入ってきた、一時間半して

 大きなハクビシンが入ってきた。この巣箱は、

 赤ちゃんのいる巣箱と9mしか離れていない。

 0:29あいついで出ていく。赤ちゃん巣箱に行くか。悠がかえってこないと

赤ちゃんは食べられてしまうのか。気が気ではない。
/>


 
 赤ちゃんのいる巣箱Bにハクビシンが入ってきたら終わりだ。どうすべきか。

入ってきたときには、追い払うにも梯子をかけるのに手間取って間に合いそうも

ない。まして夜だ。早く悠が帰ってきてくれ。

唯一の救いは、巣箱Bの入口が狭いことだ。少なくとも大人ハクビシンは頭まで

しか入れないだろう。ハクビシンが来ないように。悠よ早く戻れ!!!!


 およそ30分、巣箱Bの屋根板がゴソゴソする。スワー!!ハクビシンか。

幸いにも入ってきたのは悠だった。やれやれ、これで安心。

 
しかしながら、悠は2時間ほど巣箱内で赤ちゃんと一緒にすごし、また出て行った。

いつ帰ってくるのか。その間にハクビシンが来ないとも限らない。ハクビシンの襲来

はないと思っているのであろうか。何かそう確信させる分けがあるのであろうか。

結局1時間余りで帰ってきたが、もう夜明けである。観察初日から寝不足になった。


 観察最後の日(3月30日)までこれが繰り返された。27日にはハクビシンの親子、

悠と同居の子供ムササビ、巣箱Nのムササビはそれぞれいつもの時間に宵の出巣をした

が、28日の朝、全員この屋敷林の巣箱には戻ってこなかった。どうして戻らなかった

か。テンでもいたのであろうか。ところが、悠は、いつもどおり、夜遅く出巣し、夜中

に子育てに戻り、再度出巣し朝方巣箱に戻った。他のムササビやハクビシンは何らか

の危険を感じてか屋敷林の巣箱に戻らなかったが、悠は何事もないかの如く、いつも

どおり赤ちゃんの育児をしている。屋敷林の5個の巣箱のうち、ハクビシンもテンも

入らないし、覗いたこともないのはこの巣箱Bである。この巣箱Bにはハクビシンも

テンも来ないという確信でもあるのだろうか。ないとすると、悠のこの子育ては、

成行きまかせの綱渡りに思えてしょうがない。

 

95幼児29日   3月29日夜

 生まれた子供は確実に育っている

 動きまわって巣材からはみ出している。

 30日には、悠が寝ている間も悠の

 お腹をはい回り、同居の子供ムササビにまとわりついたりするようになった。
/>

 この赤ちゃんはいつ生まれたのであろうか。25日の夜から26日の朝にかけて、

悠は2度巣箱を離れ、その合計は4時間26分である。また、25日の赤ちゃんの

大きさからもその3,4日前に生まれたと推測される。3月21日または22日が

誕生日であろうか。元気に育て!!!!


 ハラハラ、ドキドキの連夜であったが、これも悠が子供を産んでくれたおかげ

である。新たな命が生まれるのは喜びを誘い、明日への希望を噴湧くさせてくれた。


 




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

12:13:05 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<96.僕を間違わないで | ホーム | 94.屋敷林のハクビシン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/121-0a3ea9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。