83.怖くなった屋敷林
2011 / 11 / 19 ( Sat )
83.怖くなった屋敷林

  阿武隈の紅葉は10日ほども遅れているだろうか。台風の影響からかケヤキ、楓、

ホウの木の葉は乾涸びてチリチリと丸まってしまい色づかないうちに落ちて、きれい

な紅葉にはならなかった。ドングリはいまいちだが、ギンナン、梅もどき、ピラカン

サスやモチノキなどは例年になくたくさん実を付け、なかでも柿は枝が折れそうに

成っている。今年はムササビの餌は豊富だ。


 11月6日、巣箱A②にムササビが入っている。

83悠83悠① />

ビデオ映像から悠であろうと思ったが、巣箱から顔を出さないので写真は撮れない。

 直近(8月)の写真とビデオをから比較をする。巣箱A②の悠
83悠8月②83悠8月撮る






/>
/>
今回と8月のビデオを比べる。体の大きさ(悠は成長した自分の子供たちよりも小さい)と

毛並、特に左耳の傷、形状から悠である。

9月末にはテンが巣箱に入っているなどして悠はこの屋敷林にいなかったが、戻ってきたのだ。


83巣箱Bの様子    巣箱B

 台風15号で底板が抜けてしまった。

 9月末に巣箱の中を掃除し、古い巣材

 も取り払った。

/>

83巣箱bの巣材   2011.11.9 巣箱Bの内部

  巣材(杉の皮)はたっぷり入っている

  しかも細かく裂かれていて、きちんと

  敷かれている(米々だとこうはならない)。
/>



 この40日の間に使えなくなったこの巣箱を悠は回復したのだ。


  

 昨年の秋からテンがこの屋敷林に住みつき、テンの幼獣さえもが巣箱を占拠する

など事情は一変した。また、今回は懸命に巣箱に入ろうとしているハクビシンをビデオ

オに捉えた(前記事参照)。ハクビシンがムササビを襲うかどうかは知らないが、子供

ムササビならひとたまりもないであろう。

 悠は宵の出巣にあたり、毛繕いの合間にいつになく何度も何度も外の様子を警戒して

いた。そしてハクビシンが観察された翌朝からこの屋敷林の巣箱には戻ってこなかった。

悠にとってもう6年も住み慣れたこの屋敷林は恐ろしい環境に代わってしまった。今後

このままに放置するとどうなるのであろうか。悠は来春この屋敷林で出産するのであろう

か。



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

11:04:27 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<84.市街地の雀 | ホーム | 82.新たな侵入者>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/108-47bd1d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |