スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
75生後1年4ヶ月での同居のわけ
2011 / 08 / 03 ( Wed )
75 生後1年4ヶ月での同居のわけ(テンその④) 

 本記事は前記事の続きである。前記事からお読みいただきたい。

 
 7月19日 朝3時50分、巣箱の上でゴソゴソ音がする。30分して(4時20分)ムサ

サビが入ってきた(本日の日の出は4:30なのでもう明るい。ヒグラシが一斉に鳴き始め

た。)。

74米々緊張web
  2011.7.19 4:20 巣箱A②

 すぐ身を乗り出してあたりを警戒する。  

 背中の毛が逆立っている。震えている。

  この姿勢を28分続ける。外はすっかり明るくなった。

4:48体を巣箱の中に入れて毛づくろいした。再び体を巣箱の外に乗り出す。
/>



テン⑩牙   4:52 隣の巣箱N(A②とは3mしか

  離れていない)にテンが入ってきた。

  体をこすりつけて臭い付けをする。

  のたうちまわりかなり入念にする。

  およそ1分ほどして出て行く。 />


74米々毛づくろいweb   一方、ムササビの方は、外を警戒し続け、5:17

 になってようやく巣箱の中に体を入れ、毛づくろ

 いをしたが、すぐまた外を見張り続ける。これを

 7時過ぎまで繰り返し、熟睡に入ったのは、隣の犬

 がやってきてひとしきり庭を駆け回った7時半過ぎである。この朝、ムササビは

4時間半もテンに緊張し続けたことになる。
/>


 その後、この日は外を警戒してしょっちゅう外を覗く。これでは寝られない。

ビデオからはこのムササビは悠ではないと思ったが、
73米々②
   2011.7.19 9時過ぎ 巣箱A②

  身を乗り出してあたりを警戒する

  ムササビ。  米々だ。


/>


 昨日は、どのように外を警戒していたのであろうか。ビデオを見てみると、母子同居

で、外を警戒しているのは専ら悠で、およそ数分おきに巣箱から顔を出している。一方、

子供の米々はひたすら寝ている。

 その悠は今日は、この屋敷林に帰ってきていない。この屋敷林のムササビは米々だけ

である。米々は今日は一人でテン対策をしなければならない。昨日は終日熟睡したのに、

今日は怯えながら過ごすことになる。昨日、米々が生後1年四ヶ月にもなって、突然に

母と同居したのはテンの存在ではないだろうか。生後二ヶ月、やっと巣立ちした芯々が

この屋敷林から消失してしまったのもテンのせいではないだろうか。

 


スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

16:51:29 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<76.コジュケイ | ホーム | 74 この子はだあれ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wendey84.blog31.fc2.com/tb.php/100-718b94fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。