スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
219. 同腹ムササビの関係
2017 / 03 / 14 ( Tue )
219.ムササビの家族

 2月末、屋敷林には三頭のムササビがいる。巣箱Bに菜々とその子裕奈(生後6ヵ月) もう一頭

巣箱を転々とする成熟したムササビ(前記事参照)。

219誰か①
  このムササビは誰か。

  観察した3日とも巣箱

  を転々としている。

  宵の出巣は菜々達よりも

  早く、朝の帰巣は遅い。

  宵の出巣では、菜々たちの

  いる巣箱の方に滑空して

  行くが、菜々は身を乗り出し

  てその動きを監視している。

  朝の帰巣でも、菜々達が巣箱

  に入り、菜々が身を乗り出して、

  警戒している。遠くの巣箱にこのムササビが入った後、菜々は警戒を解き、

  巣箱内におちついた。
  

219緒白
     これまでの写真を探す。

    緒白だ。
    

    顔つきが同じこと、

    左目と鼻の間の黒い縦線模様、

    右目の上下が薄茶であること

    から、緒白とわかった。

    緒白(♂)と菜々はいっしょに

    生まれた兄妹だ。




/>





 緒白は、雄であり、この屋敷林に常にいるわけではない。裕奈が生まれた昨年8月から11月

までいたが、12月と今年1月はどこかに行っており(たぶん繁殖活動でよそで頑張っていたの

だろう)、2月末に戻ってきた。 屋敷林に緒白が居る時は、昼巣箱からよく顔をだしてまわりを

警戒する。そのためか、菜々は(安心してか)、巣箱からあまり顔を出さない(今回、尾白の写真

はたくさん撮ったが菜々は1枚も撮れなかった)。宵の出巣でも、緒白が出巣して、菜々のいる

巣箱の上を通過し、山の方に行ってしまってから、菜々はおもむろに出巣した。朝の帰巣では

菜々は巣箱から乗り出して威嚇のポーズをとっていた。菜々の巣箱から離れた巣箱の方に、

緒白が去ってから、菜々は巣箱内におちついた。

 いっしょに生まれたムササビがともに成熟し、どのような関係を保っているのか、興味ある

シーンであった。 3月末に、菜々は出産するであろう。そのとき裕奈は同居するだろうか、

緒白はどんな役割をするのだろうか? あと2週間だ・・・・。


/>

/strong>
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

12:02:44 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
218.春は名のみの時期
2017 / 03 / 09 ( Thu )
218.春は名のみの時期 

2月26日から27日、阿武隈の屋敷林。 風はなく、暖かかったが、朝は布団から出た

くないほど冷えた。三寒四温の「寒」であった。

屋敷林にいるムササビは、3 頭。 巣箱Bに菜々と生後6ヵ月の裕奈が同居(静止画)、 もう1頭、

3日とも巣箱を転々としたムササビがいる(写真)。


218菜々と裕奈②


218ムササビ誰
2017.02.27 巣箱A


    26日は巣箱F

   27日は巣箱A

   28日は巣箱A③

   
   転々としている。




/>


 三頭のうち、裕奈だけが、宵の出巣後に一度巣箱にもどった(22:33)。2時間20分ほど

休息し、出巣した(0:51)。日の出前の5:28に母親菜々といしょに巣箱に帰ってきた。

 ムササビの(夜間の)活動リズムは2山型を示し、2つの活動時間帯の間には長い休息時間

がはさまれ、この休息は巣穴でも行われることなどが知られている(安藤・今泉 1982年)。

巣箱を出てからどこでどのように活動しているかは知らないが(寒くて外に出る気にもならない

が)、裕奈は寒くてこの巣箱に帰ってきて休息したのだろうか。 

 布団の中から裕奈のモニターを見ながら、もうすぐ3月なのに、春は名のみ、寒いなぁーと思った。






安藤元一・今泉吉晴 1982年 狭小生息地におけるムササビの環境利用  哺乳動物顎雑誌
 Vol..9 No..2





</strong>
12:00:49 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。