158幼児ムササビ風花
2014 / 06 / 22 ( Sun )
158.幼児ムササビ風花

 風花は2月25日生まれの3か月半才。

158風花②   まだオッパイを飲んでいる。

 宵になると母親悠よりも先に

 巣箱から出る。朝巣箱に帰って

 来るときは母親と同時だ。

 夜はたぶん悠の後をついて

 まわっているのであろう。
/>


158風花①
  ムササビは2頭出産することが

  多いが、風花は1頭生まれの

  一人っ子である。男の子か女の

  子か( ビデオの映りが悪くて)分

からない。母親悠の毛繕いをよく

するので、女の子の可能性が高い。


/>


 3歳半ともなると子どもムササビは母親とは別の巣箱に起居することもある。朝、子どもが

母親よりも早く巣箱に帰ってきたが、何らかの理由で母親は子供のいる巣箱に戻らず別の

巣箱に入ってしまい、結果的に母子が別居したことになる。別居の理由は、子どもの教育・

成長のためと考えられるが、別居している母親悠がひたすらひたすら寝ている姿を見ると、

育児疲れの密かなサボタージュとも思える。でも、ムササビにはめったにないことだが夕方

まだ明るいうちに子供の巣箱に移動し、授乳・毛繕いにいそしむ姿は単なるサボリではない

ようだがどうであろうか(もっと寝ていたいのだか、乳が張って寝てられなかったのかもしれ

ない)。

 そろそろ、風花も別居の時期となる。なんとか最初の別居日の悠と風花を観てみたい。








スポンサーサイト
11:05:50 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
157 至福の悠
2014 / 06 / 21 ( Sat )
157.至福の悠

 2ヵ月ぶりに帰省した。悠は元気だろうか。2月末に生まれた仔は無事成長しているだろうか。

157悠6月9日
  2014-06-08 巣箱日の悠

 細い尻尾は子供の風花であろう。

 観察当初の巣箱はこのBだけに

 なり、画面の鮮明度も落ち、雨漏り

 ですぐ曇る。そのせいか悠が白っぽ

 く見える。span> />


157悠(授乳中)
  顔をだしたので写真を撮りに巣箱の

 下に行く。口と鼻のまわりが、白髪

 になった。とくに上唇のまわりの毛は

 全部白毛になった(写真をクリック

 する と拡大する)。ビデオで確認す

 ると、風花が乳首にぶら下がって乳を

飲んでいる。目はぼんやりとどこを見るでもなく、口は半開きにし、このひと時をかみしめて

いるのであろう。
/>



 悠も9才を越えた。授乳中によだれが止まらなくなることもなく、ずいぶんと白髪にもなった。

でも天敵のテンもいなくなり、子宝にも恵まれ、幼子の育児に明け暮れている。そろそろ子どもと

別居するときを向かえる。巣箱も変わるであろうから、巣箱Bも雨漏りのない新しい巣箱に変えて

やろうと思う。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

08:48:44 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
156オナガとカラス
2014 / 06 / 06 ( Fri )
156.オナガとカラス

 この公園にオナガが繁殖にやって来る前に、二番のカラスがすでに抱卵に入っていた。オナガ

が増えるにしたがって、カラスはだんだん守勢になり、地上で採餌していると上から攻撃されたり、

巣の周りを多数のオナガが取り囲むなど、一番は巣を放棄し、いなくなり、もう一番は幼鳥が巣

から落下し、ついに追い出された。

 それにひきかえ、オナガの巣は分かっただけでも8個にもなった。高さ14~15mほどの落葉広葉

樹林が密集している1200坪ほどの公園はオナガが啼き叫び、飛び交うオナガ天国になった。

156カラスの巣を乗っ取るオナ
 いきおい、好みの場所がなくなった

 のか、以前カラスの巣だったものを

 転用するオナガもいる。

 (巣のアチコチに針金製のエモンかけ

 があり、カラスの巣だったことがわ

 かる。)

/>


156オナガの巣を襲うカラス
  5月22日、20羽以上のカラスが

 集団で、オナガ、ツミの巣を襲った
 
 (友人T氏)。襲われた巣には

 オナガは入らなくなった(たぶん

 卵は全部捕られてしまったので

 あろう)。

/>


156おなが毛繕い①156オナガ毛繕い②
/>
 カラスに巣を襲われた翌日、このペァは終日巣には入らず2羽でいっしょに行動していた。

夫婦とも耐え難い痛手を負っているであろう。つれあいの毛繕いをすることで心の傷を癒して

いるのであろうか。早く元気になり2番目の抱卵ができるようになってほしいものである。



 その後、カラスが1、2羽で来るとオナガは集団で追い払い、現在6個の巣で抱卵中である。

ただ、カラスはこの時期集団で野鳥の雛、卵を襲うので、第二波、第三波の襲来があるか

もしれない。  









10:13:21 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |