148ムササビの.母と息子
2014 / 02 / 20 ( Thu )
148.ムササビの母と息子

148巣箱BとS
2014.02.19

 母ムササビ悠は手前の巣箱B、

 息子の緒白は奥の巣箱Sにいる。

 先月から使う巣箱は代わっていない。

 昨年夏から天敵のテンが巣箱に入る

 ことはなくなった。屋敷林と畑にも

 野ウサギの糞がないから、テンも

 いなくなったのかも知れない。  

/>



148緒白  2014.02.17 巣箱S

 緒白が時折巣箱から

 顔を出す。巣箱の下を

 猫、タヌキなどが通る

 のであろうか。昼でも

 警戒は怠らない。最後に

 母の巣箱を見て、また寝る。母親は安心してか寝続けで、顔を出さない。
   


/>


1482月18日日の入り 2014.02.18 日の入り16:55

宵の出巣は、

  17日 緒白18:20、悠18:22

  18日 緒白18:03 悠19:50

 1月にも悠は出巣時間が遅れた

 (22:26)。夜中に巣箱には入らず

 朝5時半に帰ってきた。悠の巣箱の巣草が増えている。


/>


 昨年の2月には巣箱にテンが入つてきた。今年は何事もなく経過している。巣草が増えている

のは、悠の出産準備だったら良いのだが。 


(写真はクリックすれば拡大します)



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:20:07 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
147アルビノ(白い)アオジ(その2)
2014 / 02 / 11 ( Tue )
147アルビノ(白い)アオジ(その2)

2月8日から9日にかけてこれまでにない大雪(千葉市33cm)。その雪の上に11日

も降った。公園のニレの実も埋まってしまっているであろうから、白いアオジはもう3日

も餌を食べていないかもしれない。

147アルビノアオジ雪   2014-02-11

  公園は白1色。ニレの木の

  下の雪を掻いたら、すぐやって

  きた。よほど空腹だったのだろ

  う、近寄っても逃げない。もっとも

  こんな雪の日なので公園には誰もいない。


/>


どこか雪のない南の方に移動してしまったかと心配したが、とにかくいてくれてよかった。

明日、また雪掻きにきてみよう。来年また来てくれると良いのだが。しかも子供を連れて

いたらなどと期待は膨らむ。



  来年分かるように、識別ポイントは、①嘴と足はピンク、②左右の風切の白化枚数と

位置、③尾羽の白化状態などである(多分今の時期からして白化の特徴は変化しないので

はないかと思う)。

147アルビノアオジ羽根

147アルビノアオジ尾



 明日 天気になぁーれ!!!




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

21:15:49 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |