スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
146アルビノ(白い)アオジ
2014 / 01 / 27 ( Mon )
146 アルビノ(白い)アオジ
 
146アルビノアオジ①
2014-01-24 千葉市公園

 白/黄色の鳥が飛んできた。

 アオジのアルビノだ。

 去年の冬はいなかった。

 オス、メスは一見して判別

 不可。
/>



146アルビノアオジ二羽
  ニレの実を食べている

  
  この二羽で行動している

  ペアか親子か兄弟か 

  アルビノの方がアチコチ

  先に動き、もう一方が近くに

  ついて行く。

/>


146アルビノアオジ左向き  
   白い部分は

  頭頂、耳羽、雨覆、肩羽、

  翼羽、風切など。また、

  全体に色が薄く、白い。
/>





146アルビノアオジ右向き
   右側

  尾羽、風切など左側

  と白い部分の箇所、量

  が異なる。




/>


146アルビノアオジ後ろ向き
   今はニレの実が主食

   なのか、頻繁にやってくる。

   今年はヒワが少なく大量に落ちている。





/>



146アルビノアオジ後ろ146アルビノアオジ後ろ②
 後ろから見ると、腰の部分は真っ白で、右側が全体として白い。「飛びもの」が撮れれば

体全体の白さがわかるのだが・・・・ 

146アルビノアオジ飛ぶ
2014-01-29

   ようやく撮れました。

   飛んでいる方が白く見えます。 



/>




参考までに普通アオジのポートレートを下掲する。

146アオジ2011年2月



/>

スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

10:40:39 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
145.僕は見張り役
2014 / 01 / 25 ( Sat )
145.僕は見張り役

145緒白 外の警戒
2014.01.23

 僕はムササビの緒白。

 今1.5歳、桜や桃の咲く

 ころには大人になる。この

 屋敷林の巣箱で生まれ育っ

 た。お母さん(悠)はすぐ前

の巣箱にいるけど、大きくなったからいっしょの巣箱には寝ない。
/>



 昼は巣箱で寝ている。日が暮れてから巣箱を出て、お母さんの縄張りの中で餌を

探し、大人の雄ムササビに追いかけられたりしてムササビ社会のルールを勉強中だ。

食べ物は、スギ、松、桜など木の葉と実で、はやりの「草食系」だ。

 そのせいか何かあったら逃げることにしている。この屋敷林には、イノシシ、野兎、

ネズミ、テン、タヌキ、ハクビシン、野良ネコがいるけど、巣箱の高さ(8m)まで

登ってくるのはハクビシンとテンだ。ハクビシンは僕らを襲わないし、むしろ避けて

いる。怖いのはテンだ。肉食で僕らを襲ってくる。夜、僕らが巣箱から出た後に

巣箱に入り込んで寝ていくこともある。朝方には自分の塒にかえっていくが、たまに、

明るくなってもうろついていることがある。だから僕らが巣箱に入るときには中に

テンがいないことをよく確認してから巣箱にはいる。その後もテンがその辺にいな

いかどうかをしょつちゅう確認・警戒が必要だ。ぼくが小さいときにはお母さんが

いつも警戒してくれていた。今は僕が見張り役だ。巣箱の中にいると驚くほど外の音

が聞こえる。巣箱の下を猫やハクビシンが通っただけでもわかる。テンが近寄って

こないか、テンが塒に帰ってしまう太陽が昇るまでは緊張の連続だ。ぼくが見張りを

しているので、隣の巣箱にいる「お母さん安心して熟睡していていいよ」。


 アンクル・カナが写真を撮りにきたので一応ごあいさつに顔をだして撮らせてやっ

たが、お母さんは毎度のこととこの頃は顔も出さない。ぼくが見張りをしていて安心

しているのかそれとも顔を出してみなくてもアンクル・カナと分かるのかな。


 アンクル・カナ の一言
  信頼できる子が側にいることは幸福だなー






テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

09:22:54 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
144ヒヨドリの水飲
2014 / 01 / 14 ( Tue )
144ヒヨドリの水飲
 
 高速道路インターチェンジは、アスナロ、ネズミモチ、エノキ、エンジなど実のなる木が鬱蒼と

していて、水路もあり、藪もあるので野鳥がたくさんいる。特にヒヨドリが集まっている(記事123)。

144ヒヨドリ飛んでくる
   2014.01.13

高速道路の下を

   ヒヨドリが次々に

   やって来る。





/>

144ホバリング④            
   道路裏側の水抜き栓から

   しずくを飲んでいる。

   しずくはそんなに
 
   多くない。
  


/>


144ホバリング②
   ホバリングして

   飲むと言うよりも

   ススリ取る

   位置確保に激しく羽ばたく。



/>


144ホバリング
   水抜き口から

   離れてしまうと

   態勢立て直して

   再チャレンジ

   ヒヨドリ同志で先を争うことは


ない。1羽が終わるまで待っている(本音は、多数が争う姿を撮りたかった)。
/>


144メジロ水飲み
   メジロもやって来る

  メジロは栓につかまって

  飲んでいる。



/>




 ここには水路もあり、湧水の池もでてきいるので、水には困らないはず。なぜ

苦労して水抜き栓から飲むのであろうか。飲むというよりもススリ取るように見える。

水抜き栓は茶色に錆びている。なにか特殊なミネラルでも含まれているのであろうか。

それともたんなる外敵回避なのだろうか。3日通ったが、いずれの日もヒヨドリは頻繁

に来てくれた。(なお、このところ雨が降っていないのに滴くが続いていること。この

下は一般道路で人も通るから水抜き栓ではないのかもしれない。)






テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

18:34:27 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。