143.もうすぐ青年ムササビ
2013 / 12 / 31 ( Tue )
143.もうすぐ青年ムササビ

 12月20-23日、屋敷林の巣箱には、悠ともう1頭ムササビがいる。悠の方は、8年の付き

合いになるので、ビデオモニターですぐ悠と分かる。もう1頭のムササビは誰であろう。

写真を撮れれば、すぐわかるが、冬季の昼にはなかなか巣箱から顔を出さない。

143緒白①
  若いムササビだ

  夜の出巣前の毛繕いで

  オチンチンをなめている。

  若くてオスなら緒白の

  確立が大。でも他から

  やってきた若オスの可能性もある。


/>


143 緒白②
  ビデオモニターを見ていて

  やっとお目当てのシーンが

  きた。尻尾の淵が白くて、

  先端ほど白くなる(赤外線

  だからこのように見えるの

  であろう。)何度も見てきた

  緒白の尻尾だ。

/>


 

ムササビには尾の先端部分が白い(白毛)個体(「オジロ」)が16%もいるとのこと

(川道武男1984)。緒白は幼児の時にはもっと緒の先端が白かったが、成長するにつれて

先端白さは薄くなり、尾の淵部分の白さが目立つようになった。もっともこれは、赤外線

で見たもので、通常光では違って見えるかもしれない。悠が産んだ14頭の子の中で、

(赤外線で見ると)オジロは2頭である。子供の時は尻尾の先端がオジロなので緒白と

名付けた。生後16ヵ月になる。母親悠とはもう同居はしない。悠が使用する巣箱を決め

て、緒白が別の巣箱に入る。

 今回の観察で二つの新しい活動が観察された。一つは、宵の出巣が早かったことである。

日の入り(国立天文台福島市の値):16:26に対して、緒白は16:44(12月20日),16:50

(12月21日)に出巣した。薄暮の明るさである(悠は17:09)。出巣してすぐ、屋敷林から

山の方へ出かけていった。この地方では、ムササビの繁殖交尾時期は12月末から1月

中旬であるが、緒白はまだ成獣になっていないし、睾丸の発達もそれほどではない。でも、

そういう場には参加するのであろうか。

 2つ目は、朝の帰巣で、巣箱を変えたことである。それまで住んでいた巣箱Sは悠が

使うことになり、緒白は巣箱Aに移った。次の日も朝、悠がSに入ると、緒白はいったん

Aに入り、ゴソゴソ動き廻っていたが、巣箱B(それまで悠が使っていた)に移動した

(薄明の明るさ)。別居したばかりの子が、母親が宵の出巣でいなくなった巣箱に入り

興奮してハシャギまわることは、これまでも観察された。しかしながら、青年前の子が、

一旦は巣箱に帰巣し、すぐ、母親のいた巣箱に移動したことは、これまでなかった。

何か知らない、母親と成熟前の子との微妙な関係があるのであろうか。






   注: 川道武男 「夜をすべるムササビの社会(1)  自然 1984年1月号 

スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

16:20:48 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
142.冬至の悠
2013 / 12 / 30 ( Mon )
142.冬至の悠

 冬至は夜が長くて、寒い。阿武隈山麓の山間では夜は15時間くらいで戸外は零下

5、6℃である。屋敷林には、悠とその子(緒白:生後16ヵ月の男の子)の2頭がいる。

6個の巣箱はどれも中の巣材が増えている。本格的な冬の準備であろうか。

142悠② 
 巣箱B(12月21日)

 昼はほとんど寝ている。

 寒いからか尻尾をかぶる

 このスタイルが多い。とき

 おり巣材をひっくり返して

 フカフカにする。/span>
/>


142悠
  巣箱Sの悠(12月22日)

 昨日はこの巣箱には緒白

 がいた。緒白は巣箱A

 にいる。どの巣箱を使うかは

 悠が決めている。

/>


142 悠 匂い付け  
   巣箱S( 21日 17:15) 悠

  巣箱Bから宵の出巣をして、
 
  直後に巣箱Sに入ってきた。

  匂い付けをし、巣材を掘り起し

  出ていった。

/>







 ムササビは冬の夜長は巣箱に戻って休息するが、悠も緒白も観察の4日間とも巣箱に

戻ってこなかった。悠や緒白が夜どこで休息しているかを調べるのは大変だ。屋敷林

から沢筋づたいに山まで行っているから追いかけきれない。

 夜の途中休息に巣箱を使わなくなったのは、夜中にテンが巣箱に入るようになって

からだ。朝になればテンも自分の塒に帰るので、昼は屋敷林の巣箱を安心して使って

いるのかもしれない(テンがいないのを確認するためか、悠は朝の帰巣をしてからも

しきりに巣箱から顔をだして、警戒している)。


 今回の新しい発見は、悠の「匂い付」である。宵の出巣後、翌朝使う巣箱に入り匂い

付と巣材のひっくり返しをした。これが翌朝の使用宣言なのかはもう少し事例観察を

積み重ねる必要がありそうだ。

 

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

23:50:19 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
141.カオグロガビチョウ
2013 / 12 / 16 ( Mon )
強調文141.カオグロガビチョウ

141ガビチョウ① 2013.11.08
 
 8月はじめからのお付き合い。

 塒はモズのいた篠藪の中。

 まだ一羽しかいない。仲間を求め

てか、けたたましく啼く。
 

/>


141ガビチョウ②  尾羽根の不揃いは換羽の途中か。

 あちこちで撮った写真を比較して

 みる。髭の数や傷を比べる。カオ

 グロの黒模様の形状はすべて同一

 なので 同一個体と判断(ここには

 1羽しかいない)。
 


/>



141ガビチョウ③
 活動範囲はほぼ1㎢。

 8月にはずっと下流にいたが

 このところ塒は変えていない。

 散歩、釣り人の情報によれば

 5月にはここにいて、最近もどってきた

 とのこと。
/>

141ガビチョウ餌
  エンジやケヤキの実を

 食べている。ネズミモチも沢山あり

 食糧には困っていない(今年は

 東北地方に根雪がないせい

 か、ヒヨドリもそれほど南下

 して来ていない)。

ここでの冬越しは可能だろう。
/>


141ガビチョウ④
    一対一なら近づいてもリラックスしている。

    天敵のオオタカ、ハヤブサはたまに来るだけ。

    以外と良いところと思っているかもしれない。


   
問題は、このカオグロガビチョウは「特定外来種」

   であること。どう対処すべきか。問題の実態、対処法

   などに関する情報はきわめて少ない。
/>





テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

18:40:05 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |