スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
140台風とムサササビ
2013 / 10 / 17 ( Thu )
140.台風26号とムササビ

 10月15日から16日にかけて台風26号が房総から三陸沖を通過した。阿武隈山麓の

ムササビ悠はどう過ごすのであろうか。悠は今年は出産しなかったので、いまだ去年産ん

だ仔が屋敷林にいて、悠とは同居はしないが、悠の巣箱(全6個)を転々としている。


 悠の行動  15日夕方から雨風が強くなる。新聞記載の日の入りは17:03だが

20:26になってようやく出巣した。風雨が一番強くなった真夜中になっても巣箱に

かえってこない。16日朝5時半に巣箱Bに帰ってきた。驚いたことにほとんど濡れて

いない。すぐ、熟睡に入る。(なお、新聞記載の日の出は5:46である。)
 

仔の行動   15日宵の出巣は17:32、夜中にはどの巣箱にも途中帰巣せず、朝

6時直前に巣箱A③に帰巣した。これからが雨風が最も強くなる時間であり、全身ずぶ

濡れである。体の半分は巣箱の中に入ってはいるが、肩から先は巣箱の外に出している。

はじめは体の濡れを乾かすためにやっているのかなと思う。ところが雨風はますます強く

なり、ビデオモニターを見ていると頭を外にだし、時には体半分を外に出している。

 ますます濡れてくる。いったい何があるのだろうか。

140台風の中で
  2013.10.16 9時半

  裏座敷から窓越しに撮る

  斜め下の納屋の1点を

  見つめている。雨しずくが

  したたり落ちている。

/>


 納屋に何かいるらしい。東日本大地震で納屋の土壁が落ちてしまい恰好の穴が開いた

ままである。潜んでいるのはテン、ハクビシン、タヌキ、最近やってきた野良ネコか。

反対側の入口からはいり、棒タタキをした。何かが飛び出したが、何かは分からな

かった。

 その後、仔ムササビは巣箱に中に落ち着いた。風雨にさらされながら、4時間あま

り外を警戒していたことになる。


 140台風の中の悠
  納屋に行つたついでに

  巣箱Bに行く。悠が

  顔をだしたが、すぐ

  巣箱の中に。


/>





 仔ムササビは4時間あまり緊張警戒を続けた。暴風雨よりも他の動物の方が恐ろしか

ったのであろう。その後は体の向きも変えず夕方まで熟睡した。そして台風一過の夜空

の中、母の巣箱の方へとみごとな滑空を見せてくれた。

 悠は、かって雨風が強いと出巣を遅らせたことがあった。8歳ともなるとすべてわか

っているのであろうか。豪雨にもかかわらずほとんど濡れていなかった。過ごす場所を

心得ている。仔ムササビが滑空してくるのを知っているのであろうか。待っていたよう

にすぐ巣箱から飛び出し、2頭で杉林の奥に跳ねて行った。


 
 


 

スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

22:13:58 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
139ムササビ識別
2013 / 10 / 04 ( Fri )
139.ムササビ識別

 9月27日、ビデオモニター(赤外線)を見ると、巣箱AとSにムササビが入ってい

る(巣箱配置は記事111参照)。Aのムササビは悠とすぐに分かったが、Sにいるムサ

サビは誰か分からない。28日もAの悠は分かったが、Sのムササビは分からない。

巣箱Aからムササビが顔をだしたので写真を撮る(下掲)。29日、ビデオモニターで

見ると巣箱Sに悠が遷り、SにいたムササビがAにと入れ替わったようだ。巣箱Aの

ムササビだけ写真を撮れた(注)。なお、28日、巣箱Fにハクビシンがいる(前記事138)。


      巣箱     巣箱      巣箱
 27日   A(悠)   S(?)
 28日   A(悠)   S(?)   F(ハクビシン)
 29日   A(?)    S(悠)
 


139悠2013928
  2013.9.28 巣箱A

  たしかに悠である。

  8年も見続けると

  ビデオ(赤外線)のみ

  で分かるが、写真だと

  生き物の息吹が伝わって
くる。 />


139緒白2013929
  2013.09.29 巣箱A

 もっと顔をだしてくれないと  

 誰かわからない。


/>




 このムササビの識別は、悠との関係から考える。悠とは敵対関係ではないので、

①悠の子供、または②最も近くに住んでいる成獣オスのいずれかである(ムササビは

メスが縄張りを持つ)。②の可能性はこの屋敷林での実績からすると低い。

 ビデオテープの再現検証により、この3日間のムササビは同一である。オスである。

尾の先端が白い尾白である。これらから、昨年8月の悠の子緒白(生後1年2か月弱)

と判明した(ビデオを見て、静止画を作り判断するのに3日かかった)。 

 
 犬や猫は、大きさ、色模様、毛の長さ、耳、鼻などで瞬時に区別がつく(もっとも、猟犬

ポインターが盗まれ、群れの中で区別がつかなかった友人がいる)。悠も10頭のムササビ

の中から見つけろとなると時間がかかりそうだ。牛の鼻紋のように簡単確実な識別法は

ないだろうか。




 注:ムササビの顔写真は、巣箱の前にカメラをセットし、ビデオモニターを見て、遠隔

   操作でシャッターをきる。最近のカメラは各種機能が重装備となり、バッテリー

   駆動にパソコンのスタートアップ並みのタイムラグがある。シャッターチャンスに

   間に合わない。放置時間の長い、遠隔撮影には依然の簡単機能デジタル機種の

方がよかった。ただし、ピント明瞭、連射など上掲二枚目の写真では、拡大すると

鼻の上に白髪が生えているのがわかる。これはこれで捨て難い。



テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:52:53 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
138.ハクビシンがムササビ巣箱に
2013 / 10 / 01 ( Tue )
138.ハクビシンがムササビ巣箱にやってきた

 ハクビシンが嫌われている。「ジッちゃんのトウモロコシを送ってやる。」と孫に約束した

晩、ハクビシン一家がメチャクチヤに食い荒らしたそうだ。丹精こめて実らせたブドウも

たった一晩でなくなったとか。なにか役にたってないと聞いたら「なんにもねー。ドンドン

増えて悪さばっかり。」

 こちら屋敷林のむささび巣箱

138ハクビシン①
 ムササビにしては毛並も

 大きさも違う。ムササビなら

 長い毛だし、こんなに巣箱

 いっぱいにならない。


/>


138ハクビシン②
  ハクビシンだ。

 頭の後ろまで白毛。

 目は鋭く、巣箱の外の気配

 を読んでいるのか、まさに

 野生動物!! 一年半ぶりの

 再来だ。   

/>


138ハクビシン写真
2013.09.28 早朝

  カメラを向けると

 目だけ動かして

 いちおうの応対をして

 みせた。

 
/>


 この日は巣箱をかけている楓の枝打ちをする(母屋の屋根の保護のためには

しかたがない)。なんせ楓の四本の大枝のうち南側の一本を切り取ってしまう。

巣箱のかかっている隣の枝である。巣箱の斜め下(4m)から切ることになる。

ハクビシン君はどんなことになるであろうか。写真を撮るべく待ち構えた。



 チエンソーが鳴り響く。枝はメリメリと音を立てて落ちていく。



 ハクビシン君は巣箱から出てこない。樵さんはどうしたと聞く。大枝がなくなり

巣箱は陽にさらされた。しばらく待ってもでてこない。さては切る前に逃げたか。



 そうではなかった。母屋にもどりビデオをみると、ハクビシン君全く意に介せず

巣箱の中で寝続けている。



 この巣箱から10m離れた巣箱Fと26m離れた巣箱Aにムササビが入っているが、こち

らも寝ている。どうなっているのか分からないが、巣箱の中が一番安全ということ

なのか。

 テンが屋敷林の巣箱に出没して、ムササビもハクビシンも居なくなったときがある。

また、ハクビシンはムササビと同時期に向かい合った巣箱で子育てしたこともある。

そのとき、ハクビシンの方がムササビの一挙手一投足を気にしていた(ムササビの方

が強いのか)。

だとすると(上記のごとく人に対してはともかく)テンに対して警戒心はムササビ

よりも強いことにならないだろうか。そうだとすると巣箱にハクビシンが入ったと

いうことは、ムササビにとっても安心できる状態になったということになりそうだ。

いうなれば、ハクビシンの存在自体が天敵テンに対する安心警戒の警報機になって

いるといえそうだが。どうであろうか・・・・・

 もっとも、トウモロコシを食われた爺さんにとっては、なんの役にも立たないこと

ではある。


















テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

12:38:39 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。