スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
136.還ってきたムササビ
2013 / 06 / 21 ( Fri )
136 還ってきたムササビ

 6月13日、ムササビが巣箱に還ってきた。15日には巣箱F(楓の木)と巣箱S(奥の

杉の木)に1頭づついる。ムササビがこの屋敷林に戻ってきたのはじつに5ヵ月ぶりである。

136奥②web
 巣箱Sのムササビ

  体が小さいので子供ムササビの

  ようにも見える。他のシーンで

  は仕種、頭の恰好などが悠に

  よく似ている。ビデオ(赤外線)からは

  個体識別は難しい。    

/>


136楓②web
  巣箱Fのムササビ

  体は大きい。

  オスの様だ

  巣材はほとんど入っていない。



/>



 この2頭のムササビはだれであろうか。悠を最後に見たのは5カ月前(1月13日)である。

考えられるのは、

 ①1頭は悠、もう1頭は悠の子供(昨年8月生まれの)菜々か緒白

 ②菜々と緒白

 ③悠でも菜々、緒白でもなく、悠のテリトリーにやってきた別のムササビ。


 昨年12月までは悠、菜々そして緒白が屋敷林の東側にある巣箱B、巣箱Sに同別居

していた。この時天敵テンが屋敷林の西側にある巣箱Nにいた。1月には悠1頭となり、

菜々も緒白もおらず、しかも悠は4日間の観察日のうち1日しか巣箱に入らなかった。

2月もテンが巣箱Nに滞在した。以来、ムササビはこの屋敷林で見られなくなった。

 悠は毎年3月には出産したが、3月20日からの観察ではこの屋敷林にムササビの気配

すらなかった。2頭のムササビの個体識別には以前の写真とビデオの比較しかない。とく

に写真でないと見誤ることがある。 幸運にも6月15日に写真が撮れた。
     
136奥の杉の木15日
        2013.06.15 巣箱S

       悠であった。

       何かに怯えているのか

       よく顔をだすが、すぐ

       ひっこんでしまう。      


/>


136楓の巣箱
    2013.06.15巣箱F

    菜々でも緒白でもないようだ。   

    識別にはこれまでの写真と手当

    り次第比較してみようと思う。

    以前見つけた悠に最接近居住

    のオスムササビの可能性もある。
/>



 巣箱SとFは3月に中の巣材を取り払い、修理をして同じところに架け直した(従って、

テンの入った他の巣箱と違って、テンの匂いはついていない)。両巣箱とも先月5月には

使われていなかった。今回、巣箱Fには巣材がほとんど入っていないから、巣箱Fのムサ

サビはつい最近になってやってきたものと思われる。悠はこのところ8月に出産して

いるが、その発情にあわせてやってきたオスのムササビかもしれない。あるいは

この巣箱Fのムササビは菜々か緒白の可能性もある。菜々と緒白は昨年8月に生まれた

ので、まだ生後10カ月である。通常なら母親悠と同別居し、行動を共にしているはず

であるから、悠の近く、巣箱Fにいてもなんら不思議ではない。いずれにしろこれまで

の写真と突き合わせが必要である。


 悠との付き合いはもう8年になる。5ヵ月間もの長き不在は初めてである。その最大

要因はテンの滞在以外考えられない。まだテンがこの屋敷林にいるとすると、悠はまた

いなくなってしまうかもしれないのだ・・・・・・。


 





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

23:01:46 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
135タヌキ疥癬病(その2)
2013 / 06 / 10 ( Mon )
135.タヌキ疥癬病

 散策地花見川(千葉市)の土手近辺に2家族のタヌキがいる。両方とも家族構成を

把握してないが、一方は健康家族だが、他方は見知って以来(数年前から)、疥癬病

にかかっている。

135ドビー①135ドビー②

体の半分以上が脱毛し、歩き方はハリーポッターに出てくる「屋敷しもべのドビー」を

おもい起こさせる(2013-05-27撮影)。


135タヌキ震災前日①135タヌキ震災前日②
/> />
こちら健康タヌキ。タヌキは本来夜行性なので、昼に行ってもめったには会えない。写真は

2011年3月10日午後一時過ぎのもの(そう、あの東日本大震災のちょうど1日前。巣穴か

らでて何かにおびえている様子)。


 上のドビー君はサイクリング・ウオーキングロードで撮ったもの。現在工事中であるが、

普段は散歩の犬も通る。タヌキの疥癬病が犬にうつるかどうかは分からないが、なんとか

した方がよいのであろうか。
  







テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

09:11:53 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。