スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
127.ムササビ巣箱に入ったテン(テンその8)
2013 / 02 / 18 ( Mon )
127.ムササビ巣箱のテン(テンその8)

 2013.02.16 夜明け前、巣箱にテンが入ってきた。

127テン寝ている
  巣箱Nで寝ているテン

 屋内の湯沸器が凍結する寒さ。

 体を丸めて動かない。

 昨年12月に同じ巣箱いたテンの

 ようだ(体の大きさから)。
/>



127テン人の気配
  巣箱の下で写真を撮る準備を

  する。それに気づいて、顔を

  あげて、外を見るかどうか

  迷っている。

  
/>



127テンの顔写真①
  巣箱から顔を出したテン

  耳なども傷を負っていない。

  成獣前の子供であろう。

  首のまわりの金色から

  キテンだ。
  
  固まって動かない。同じ

  ポーズばかり撮ってもと

  思い、移動する。

( 写真をクリックすると拡大する。)



/>

127テン写真②
   少し離れたら今度は

  目を合わせてジット見ている。


  この屋敷林で人を見るのは

  初めてかもしれない。

  それにしても「ふてぶてしい」

  と思えてきた。

/>





127テン不安中腰
  母屋に戻り、ビデオを

 見ると、中腰のまま動かない。

 そうかやはり怖かったのか。

 少し溜飲を下げた。

 その後、巣箱の下を何度か歩


 いたが熟睡していて気にもかけない。この屋敷林では怖いものはないか。


/>



 1月の観察日には、テンは屋敷林のどの巣箱にもいなかった。およそ2か月ぶりの巣箱

滞在である。前回も巣箱Nであった。巣箱Nは屋敷林の西側にあり、その近く(3mと

6m)にある巣箱AとA②をこの数カ月ムササビは使用していない。屋敷林の東側には3個

の巣箱があって、これまでテンは入っていない(入るのはもっぱら巣箱Nである)。ムサ

サビはこれら東側の巣箱を使用している。もっともおなじ屋敷林内であり、30~40m

の距離なのでテンは東側まで徘徊している。事実、2月16日の夜、巣箱を出たテンは、

巣箱のかかっている杉の木を登り枝を伝って東側へ移動している。

 悠は毎年3月に出産したが、この状態では、屋敷林の巣箱で出産・子育てをするかどう

か分からない。

  


 なお、ムササビとテンの関係については、川道武男著 「ウサギがはねてきた道」

 紀伊国屋書店出版 を参照されたい(本ブログ記事66に一部抜粋した)。





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

17:29:12 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
126.シメの群れ
2013 / 02 / 14 ( Thu )
126シメの群れ

 千葉市花見川近辺、今冬はシメが多い。


126シメ藪地面
  公園の藪や果樹園の下草

  の元で、落ち葉をかき分けて

  餌を探す。例年だと見られ

  ないような場所にもいる。

  


/>


126シメ群れ
  一月前(2013.01.18)、旧家

  の庭先。およそ100羽ほどか。

  こんなに群れているのを初めて

  見た。大木(名前は知らず)の

  元で落ちた実をあさっている。


/>


126シメ雨どい
   どこにでも機転のきくやつ

  はいる。雨どいに実が集まっ

  ているのを目ざとく見つけた。

  屋根に落ちた実が集まってい

  るのであろう。あちこちから

  いっせいにやってくる。

/>


126シメ威嚇

   来ないように威嚇を始めた。

  それでもどんどん集まる。  

  この争いは、結果として

  おいしい実があることを教え

  ているようにも思える。

/>


126シメ争い徹底的
   ついに始まった。

   お互いにひかない。

   争いは徹底的に続く。

   この後、1羽は傷を

   を負った。シメの世界

   も「パン」より大事なものがあるらしい。


/>


 実家阿武隈の里ではごく当たり前のことではあったが、シメのこんなおおきな群れを見る

のは珍しい。群れをなす要因としてオオタカなど天敵対策もあるのであろうが、この旧家の

屋敷林はシメにとって食糧の宝庫故に集まっているのであろう。庭におりて実を食べている

シメ同士では争いは見られなかった。何が争いを誘発するのであろうか。前記事123でヒヨ

ドリが餌を巡っての争いについて書いたが、何が共通要因なのであろうか。

なお、この100羽ほどの群れは分散してしまって今はいない。各公園などに散ってしまい

そのため例年になくあちこちで多くのシメをみることになっているのであろうか。













テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

21:36:06 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
125.ガンバレ土地っ子ヒヨドリ
2013 / 02 / 01 ( Fri )
125.ガンバレ土地っ子ヒヨドリ

越冬ヒヨドリ数百羽が、ネズミモチとキュウイを食べつくし去って行った(記事123)。

ネズミモチは一粒もなくなり、もはやキュウイも落ち葉の下や土に埋もれたわずかなもの

しか残っていない。


そのキュウイ畑をホームレンジにしている1羽のヒヨドリがいる。

125落ち葉の下のキュウイ 2013.01.14 落葉の下のキュウイ

 を探して主食にしていた。だん

 だん少なくなってきている。

 ほとんどこのキュウイ畑で

 過ごす。

/>



125アカハラキュウイ
  このキュウイ畑には2羽

  のアカハラがいる。ヒヨドリより

  も隠れたキュウイを上手に見つ

  ける。

/>




125アカハラ攻撃
  アカハラがキュウイを見つける。

  ヒヨドリはスクランブル発進。

  徹底的に追い払う。

  1月28日には埋もれたキュウイ

  もほとんどなくなった。それでも

  このヒヨドリは終日このキュウイ

畑で過ごす(いつも3ケ所の同じ枝にいる)。ペァーの相手もおらず、他のヒヨドリは

来てもすぐ行ってしまう。

/>


125カリフラワー
  2013.01.30キュウイ畑の前の

 家庭菜園。白菜、ブロッコリーなど

 ヒヨドリに食われて固い芯しか残っ

 ていない。良く見ているとヒヨドリ

 の各グループ、ペァーで採食畑が


決まっている。これを侵犯すると、すごい争いになる(下掲写真)。

/>


125畑アタック①125アタック②
/>

 キュウイ畑の我がヒヨドリ君はヒトリボッチで、野菜の少ない畑しか持っていないので、

他の畑に行っては追い払われている。キユウイがまだあったとき、その前の柿の季節には

(キュウイ畑に柿の木がある)食うに困らなかったが、このところ大変である。

 北からやってくる越冬ヒヨドリは、移動と新しい環境で苦労すると思っていたが、土地

っ子ヒヨドリもそれ以上に厳しい条件である。大量のネズミモチとキュウイもまるで騎馬

民族のごとくやってきた越冬ヒヨドリに食べ尽くされ、我がヒヨドリ君はすべてを失って

しまった。おなじヒヨドリはもちろん、食べ物が同じアカハラやシメ、ウソ(注)なども、

今日を生き抜く生存競争の相手である。

 食糧が多量にあれば、縄張り確保などで争わなくてすむ。2月さえ乗り切れば畑の野菜

も林の木々も芽吹く。そうなれば、ペァーの相手も見つかるかも知れない。我がヒヨドリ

君、3月までガンバロー!!!!




 注:近くのH公園のヒヨドリは、公園の一角にネズミモチが数本あるテリトリーを有して
いた。ネズミモチの実は少しづつ食べ、アジサイの葉まで食べて(下掲写真①)食いつない
でいたが、ウソの群れがやってきて、ネズミモチを食べる(下写真②)。追っても追っても
ウソは入れ替わりやってきて、ネズミモチは食べ尽くされてしまった。いまではヒヨドリも
いなくなった。
125アジサイとヒヨドリ
写真①









/>



125ウソとモチ実

写真②








/>





テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

09:59:58 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。