スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
110夏の子
2012 / 09 / 30 ( Sun )
110. 夏の子

9月の彼岸、悠は、幼いムササビを育てゝいた。

8月生まれの子供ムササビ 2012.9.25

 巣箱からたまたま顔

 を出した子供ムササ

 ビ。これまでの子と

 違って、顔がスリム

 だ。もう1頭はまだ

 巣穴口に手もかけな

 い(巣箱の中で跳ね

 ている)。 

/>


 
110子尾白
  悠の帰りを待つ

 2頭の子供。1

 頭は尻尾の先が

 白毛で、真ん中

 が縦に白毛。大

 きさは白毛の方

 が少し小さい。
 
 菜々と緒白と名

 付けた。
/>

 
110子巣草遊び①110子巣草遊び②
/>
母親悠が運んできた巣材(杉の皮を裂いたもの)で遊ぶ菜々と緒白。悠は授乳に戻る

度に新しい杉の皮を咥えてくる。菜々も緒白も古いものには手をつけず、新しい杉皮

のみをしゃぶって遊ぶ。



 悠は何時出産したのだろう。前回観察(8月14日、15日)では、悠はこの屋敷林の

どの巣箱にもいなかった。その前、7月24~26日のうち、25日には巣箱A③に

いたが、24日と26日にはどの巣箱にもいなかった。この時(25日)悠のオッパ

イは膨らんでいた。これらのことと、子供の大きさ、すでに開眼していること、まだ

巣外に出ないことなどから、生まれたのは7月末から8月初めであろう。

 悠はどこで出産をしたのであろうか。屋敷林の巣箱で出産したのであれば、巣箱内

の巣材の変化(形状と量)から出産巣箱は分かるが、それらしい変化はなかった。

なにより8月14日、15日に屋敷林の巣箱にいたはずである。とりあえず、悠が

生まれた母屋廊下の天井や、納屋も見たが出産場所は分からなかった。


 昨年来の大地震、余震の頻発、テンやらハクビシンの巣箱侵入、イノシシの横行

など、この屋敷林の巣箱が出産に必要な最高の安息を満たさなくなったということ

であろうか。さて、悠に住居(巣箱)を提供している大屋として、いかなる対策を

とるべきであろうか。







スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

13:50:21 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
109.ツミの子育て
2012 / 09 / 09 ( Sun )
109.ツミの子育て

 8月24日から2週間ほど、千葉市住宅街の公園(注)で、ツミの子育てを観察した。

109ツミオス
ツミの雄。いつでも餌捕りでほとんど見かけない。餌をつかんでもってくると一声鳴き、
メスへ空中手渡し。


109ツミ母②
ツミのメス(母)。巣の見える樹に止まっていて、オスが来ると瞬時に飛び立ち、
餌を受け取り、雛へ給仕しやすいのように下ごしらえする。


109巣へ餌運び
巣へ餌を運ぶ。この時(8月25日)、雛はすでに巣立ちしており、巣のまわりにいて
母が餌を持ってくると巣に集まる。雛どうしでは喧嘩はしなかった。

109子飛ぶ練習
飛翔の練習。雛は4羽。あちこちで羽ばたきの繰り返しに励んでいる。

109子隣の木へ移動
8月31日、雛4羽とも巣の隣の樹に移動。巣のある樹と違い見通しがよい。
母が餌を巣に運んでくると4羽一斉に巣に戻る。

109子餌喰い
9月4日、餌を隠し運ぶ雛。親から空中で餌渡しで受け取る。失敗し地面に餌を
落としてしまうこともある。雛どうしでは餌の強奪はしない。寄ってくる雛から
餌を隠す。食べるときは隠れてゆっくりと食べる。従って、比較的低い枝で食べる
ので写真は撮りやすい。

109子四羽
9月8日 めずらしく4羽が同じ枝に止まっている。空腹になると親の来る
方向に、思い思いの位置にバラバラになって止まっている。餌をもらえ
なかった子はセミを捕って食べている。

109子餌②
9月8日、餌にありついた雛。例によって他の雛から隠れて低い枝で
食べる。顔つきはもうすっかりおとなだ。


8日にはセミの鳴き声も疎らになった。他の鳥たちの子育ても終わってしまい、このツミ

達の成長が危ぶまれたが4羽とも育った。そろそろこの林から出て、餌捕りの訓練が

始まるであろう。

ツミついてはオスとメスの違いさえ知らなかったが、この公園で野鳥を観察している

野田さんにいろいろ教えてもらった。おかげで(ここには未掲載の)いろんな写真を

撮れた。感謝、感謝!!!。 



 

     注は左下の「続きを読む」をクリックすると記載してあります。

続きを読む

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

20:57:47 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
108.ホウ三鳥
2012 / 09 / 01 ( Sat )
108.ホウ三鳥

 タイトルはホオアカ、ホウジロそしてミヤマホウジロにかってに付けたグルーピ

ングであまり意味はない。ホウアカとホウジロは、生まれ育った阿武隈の山里でごく

ふつうの野鳥だが、アカは河原(久慈川)にいるし、シロはよく雑木林で追いかけた。

ミヤマホウジロは冬の渡り鳥で阿武隈では子供のころには図鑑でしか知らなかった。

1)ホウアカ 

久慈川ホオアカ
2012.7.25 久慈川(福島県矢祭町) めっきり減ったが、ここは何時見にきても居て
くれる。この日は「囀り」の大サービス。 />



2)ホウジロ

ホオジロ














2012.7.25阿武隈山里(福島県矢祭町)山里になくてはならない鳥。首をせいいっぱい
後ろに傾け囀り続ける。杉の梢に移動してくれるのを待ったが、・・・・・/>



3)ミヤマホウジロ

ミヤマホオジロ①
ミヤマホオジロ②














2011.1.30 佐渡市新穂 大雪で車庫から車を出せない。雪かきをしていると
土が出てくるのを傍らで待っている。5,6羽の群れのリーダー。もうすぐ北帰行
だ。頑張れ!!! />




 

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

09:04:02 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。