スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
92.予期せぬ事態
2012 / 03 / 31 ( Sat )
92.予期せぬ事態

 3月25日、まる一月ぶりの阿武隈屋敷林。ムササビ悠は巣箱Bに子達といる。

他の巣箱の状況を先月のビデオ記録と比較する。

現在使用可能な巣箱は、A②、N、奥の杉の木巣箱とBである。


巣箱A②の内部の状態を先月2月28日(下掲左)と今回3月25日(下掲右)とで比べてみると
92A2二月92A2の中/>
巣材の移動は全く見られない。すなわち、この一月この巣箱は使われていないこと
とが分かる。

同様に、巣箱Nでは、前回2月28日(下掲左)と今回3月25日(下掲右)では、
92-N二月92Nの中3.25 />
巣材の状態が全く異なる。配置も違うが、今回は新たな巣材が持ち込まれている。
この一月の間に何物かがこの巣箱を使っている。巣材の搬入が見らることからムササビ
が使った可能性が大きい。(次の日26日にはムササビが入った。)

 奥の杉の木巣箱では、
92-oku二月92奥の巣箱 />
今回(右)は、先月(左)よりも巣材が踏み固められている。なにものかが使っている。

そして、夜も10時となり入ってきたのは、ハクビシンであった。
92ハクビシンの子供/>

 屋敷林の全ての巣箱にビデオをとりつけているが、直近の使用状況が分かれば、看視

の負担は軽減される。また、使用されなくなった巣箱についてその原因を考えてみるこ

とも面白い。今回6日間の観察期間において、巣箱A②は、予想していたように使われな

くなった。巣箱のかかっている杉の木が立ち枯れてきたのが原因と思われる。巣箱Nは

25日にはムササビが入らなかったが26日には入り、その後、飛び飛びの使用が観察

された。これについては、次回記事でその要因を考察してみようと思う。奥の杉の木巣箱

に25日夜遅くハクビシンが入ってきた。巣箱Nと同様に、巣材の変化からなにか入って

くるのではないかと予測し、ウォチングしていたので、その巣箱入りをを見逃さなかった。

 巣箱Bには、ほんの数日前に出産した悠と悠より少し小さめのムササビとが同居して

いる。悠は今年も赤ちゃんを産んだ。でも一頭だ。同居のムササビは多分昨年産んだ芯々

だろう。Nには別のムササビがいる。悠とはどんな関係だろう。奥の杉の木巣箱にはハク

ビシンがいる。テンやハクビシンがこの屋敷林からいなくなるように屋敷林の藪を刈り

払い、落ち葉もきれいに取り払った。テンはいなくなったようだが、このハクビシンと

ムササビはどんな関係にあるのであろうか。一週間の観察が始まった。



 







スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

18:53:55 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
91.白いスズメ(その2)
2012 / 03 / 23 ( Fri )
91.白いスズメ(その2)

 その後、頭の白いスズメは毎日餌台にやってきている。スズメは3グループ、総数

33~38である。第一グループは我が家に巣を持っている2番と南側の8羽。頭の

白いスズメの第二グループは13~14羽である。

91白スズメグループ2
  頭の白いスズメ(写真左下)のいる

 第二グループは、他のグループより

 頬と腹部が白いスズメが多い(写真を

 クリックすると拡大する)。群れ全体

が第一グループよりも白く見える。
/>


91白スズメぐるーぷ2の2
  第二グループのボスか?

 胸から腹部にかけて白い。

 後頭部の中ほどまで真っ白。真白い襟巻を

 しているようだ。白襟巻スズメということにした    

/>


 第二グループは、頭の白いスズメと白襟巻スズメがいて、群れに白いスズメ

が多いということになる。(なお、スズメの頬は白、胸と腹部はベージュから灰色

が多いが、よく見ると微妙な違いがある。これらを彩度と明度で識別できないか

と多数の写真を撮ったがいまだ定量化に至っていない。)

彼岸も過ぎてスズメたちも繁殖準備に入った。第二グループがどの家にいるのか

と見て回るがなかなか見つからない。

例年よりも餌やりの期間が長くなったが、もう少し続けてみようと思う。










テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

20:28:47 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
90.白いスズメ(その1)
2012 / 03 / 05 ( Mon )
90.白いスズメ

 2012年2月25日、千葉市稲毛区の住宅街、頭の白いスズメ(アルビノ?)の

写真が撮れた。

90白スズメ①   頭から胸にかけて白い

  背中は通常のスズメと同じ 
  
  頭にわずかに茶色毛あり

  くちばしの下は黒い

90白スズメ②
    ホッペの黒班に白毛あり

    足はピンク

    大きさは標準

/>
/>


90白スズメ③
 「仲間はずれ」にはなっていない

 警戒心は少し強い。

 餌台上では少ない餌をめぐって強いほう


/>


 我が家の野鳥餌台にくるスズメは今年は3グープ。白いスズメのいる群れは13羽から

なり、他のグループと比較すると、首のまわりの白い部分が頭の後ろまで白い、お腹は

灰色よりも白と表現した方がピッタリ、など群れ全体が白っぽく感じられる。頭の白い

スズメはその中でも目立つが、グループ内で浮いている感じはない。

 このグループのいる区域には大きな空き地があったが、昨年住宅となった。まわりの

人達も前日仏前に供えた飯粒などをあげているとのこと。どうやら冬は越せた。

 聞いてみると昨年の秋には白いスズメが話題になっている。餌場も巣場所も少なくなり、

おまけに白くて目立つので、かわいそうな状況だが、生き抜いて白い雛を連れて来ると

良いねとみんなで期待しいる。





テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

20:16:43 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。