85.落ち葉掃きとムササビ
2011 / 12 / 27 ( Tue )
85.落ち葉掃きとムササビ

12月19日から21日にかけて阿武隈の実家に帰省した。ムササビは屋敷林のどの巣箱

にもいない。庭と屋敷林の落ち葉はいつになくきれいに無くなっている。管理人さんに

よれば、昨日まで落ち葉掃きをしたそうだ。当然にしてムササビ巣箱の周りもするので、

ムササビはビックリするのか、例年その宵に出巣して翌朝屋敷林には戻ってこない。戻り

は翌々日の朝になる。

 とすると21日の朝には戻ってくると思われたが、結局戻ってこなかった。いつもだと

数回に分けて落ち葉掃きをするが、今年はまとめて18日まで2、3日間したらしい。


 巣箱の使用状況を確認した。前回観察最終日(11月9日)における巣箱の巣材の様子と

今回を比較するのだ。

85巣箱N11月-1 85巣箱N12月-1
 巣箱N  11月9日        12月19日        />


85巣箱A②11月 85巣箱A②12月-1
巣箱A② 11月9日        12月19日          />

85巣箱B11月-1 85巣箱B12月-1
巣箱B   11月9日        12月19日         />

85巣箱奥11月-1 85巣箱奥12月-1
奥の杉の木巣箱 11月9日      12月19日       />


 いずれの巣箱も前回と今回では巣材が移動している。特に、巣箱A②は、巣材が新たに

追加されている。

 巣材の移動は何者かがこの巣箱を使ったということであるが、ムササビの天敵テンが

入ったとも考えられる。しかしながらテンは巣材を運び込むことはしないから、巣箱A②

はムササビが入っていたことになる。悠は冬から春はこの巣箱をよく使い、先月はこの

巣箱に住んでいた。 

 悠は落ち葉掃きから3日もかえって来ない。よほど落ち葉掃きに驚いたのか、それとも

テンがまた現れたのであろうか。テンは昨年よりも頻繁に現れるようになった。大地震と

その余震が頻発した。これらのせいか悠は屋敷林の他かに居住地を確保し、テンが来る

と数日屋敷林に帰ってこない。落ち葉掃きかテンのせいか分からないが、1日も早く

戻ってほしいものである。



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

20:39:09 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
84.市街地の雀
2011 / 12 / 15 ( Thu )
84.市街地の雀

85スズメの子
 2011.6月 我が家(千葉市)のスズメ

  今年もヒナは3羽。繁殖は年に一回。

  近くに緑(畑、空き地)が少なくなり子育て

  は厳しいようだ。(写真をクリック
すると拡大する。以下の写真も同じ。) />


85スズメ巣箱   2011.11月 我が家(千葉市)のスズメ

 9月に屋根を修理したら廂の巣に入らなくなった。

 急きょ巣箱をかけたらすぐ入った。最近は朝から

 近くの農家の方に行き夕方前に帰る。夜は庭のカイ

 ヅカイブキの中で寝ることもある。 />


 85スズメと柿
2011.12月近くの農家の柿木

  今年は柿が豊作。ムクドリ、ヒヨドリ

  オナガなどひっきりなしに食べにくる。

  「ここ数年スズメがよく来るようになった。

  まわりがほとんど住宅になり食えるものがなくなったからだろう」とのこと。

  我が家のスズメもこの中にいるのであろうか。 />


 
 今、この農家から2kmほど離れた花見川には、スズメがほとんどいない。昨年、一昨年

の12月の花見川には2,300羽の群れがいた。
85スズメ群れ
 2009.12月

 隙間なく群れている。64羽映っている。

 この止まっている杭が3か所続いている

 のでおよそ200弱の群れ。よく見ると
若いスズメのようだ。
/>


84スズメ12月
   2010.12月

  二番穂を求めて群れ飛ぶ

  この群れ全体ではおよそ200羽。

/>



 農家の柿など食べつくせば、スズメは餌のある花見川に集まるのであろうか。それとも

農家近辺で冬を越すのであろうか。

85スズメ刈残し
  2010.9月 雑草が蔓延り

  刈り取らずに放置した稲に群がる

  すずめ。付近のスズメがみんな

  集まったかのようだ。
/>


昨年、一昨年見た花見川のスズメはほとんどが東北地方から越冬のためにやってきた

スズメなのであろうか。この近辺(千葉市)のスズメも混じっていたのであろうか。

もっとも身近なスズメの生態が全く分からないことに気づかされた。

 今年は冬鳥の飛来が少ない。ヒヨドリはもともと地元にいるだけのようだし、キンクロハ

ジロやヒワも見かけない。実家の福島県では柿が大豊作でその他の果物も採らずに木に

残っている。加えて暖か。それゆえ、スズメやヒヨドリ、キンクロハジロなどの冬鳥は、

いまだここ千葉県まで下ってきていないのであろうか。昨年はヒワのあたり年であった

が、急速に増加したのは年があけた1月になってからである。東北のすずめであれ、千葉

市街のスズメであれ、来年1月になって花見川にスズメの大群が見られると良いのだが。

 

  








テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:16:07 | 里山の野鳥 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |