65いつもと違う悠
2011 / 01 / 18 ( Tue )
65いつもと違う悠

 2011年1月、屋敷林にいるムササビは、悠と昨年3月に生まれた米々(男の子)と

寿々(女の子)の3匹である。1月10日には悠と寿々は一緒の巣箱だった。11日には

米々も加わり親子3匹で過した。12日にはまた悠と寿々の2匹になり、13日の朝には

寿々も米々も屋敷林に帰って来ないで、悠は一人で過した。

米々も寿々も生後10ヵ月、この屋敷林に帰って来ないで、山のどこかで過すほどに

成長した。米々(男の子)は2日連続で帰ってこなかったので、このままずっとかえって

こないかも知れない。母悠から独立・巣立ちしたのかも知れない。理理(3年前の女の

子:1年2ヶ月母と一緒にいた)の場合からして、寿々(女の子)は多分また戻ってきそう

である。


 今回の観察で悠がいつもと違っていることは、

 ①朝の帰巣が早いこと、②仔達よりも早く巣箱の近くにきて、巣箱とその近辺

を入念に調べること、③昼もよく巣箱から顔をだしていること 

である。

 悠の朝の帰巣(巣箱に入る時間)は、1月11日は5:20,12日は5:03,

13日は4:44であった。日の出は6:53(福島気象台)であるので、11日はとも

かく、12日と13日は日の出2時間前の巣箱入りである。いずれも真っ暗であった。

(なお、いずれも前夜巣箱から出て行って途中巣箱の戻っていない。)


ムササビ巣箱は全部で6個あるが、このところ悠が使い続けているのは、屋敷林の東側

にある「奥の杉の木巣箱」である(10日の夜テンが寝ていた屋敷林の西側にある巣箱から

約50m離れている)。いつもだと悠は、朝に山から帰ってくると巣箱の上に乗ったらすぐ

巣箱に入るが、今回は全く違っていた。朝帰ってきて悠は巣箱にすぐ入らないのである。

まず子供達よりも早く帰ってきて、警戒しながらゆっくり巣箱に近寄り、巣箱の中をまず、

確認し、それから巣箱の臭いをよく嗅ぎ、木の上を何度も見て、巣箱の下の様子を頭を

かしげて窺がい、巣箱に到着してから3分から6分かけて巣箱に入る。巣箱に入ってから

も巣箱の下の様子を窺がっている。この数ヶ月、イノシシとテンが出没していることから

警戒しているのであろうか。一方、米々と寿々は、躊躇なく、母親悠のいる巣箱に入って

いく。

この4日間、巣箱からムササビが顔をだしている写真を27シーン撮った(合計83枚)。

これだけ撮れば、米々と寿々の成長ぶりも確実に把握できるとおもった。しかしながら、

パソコンで拡大し確認したところ、驚いたことには、映っているのは全て悠であった。

三枚だけ悠と寿々が映っていた(下掲)。

悠と寿々   手前が悠で、後方が寿々である。

  寿々は鼻の頭が黒ずんでいる「鼻黒」である

 (米々は鼻の頭に黒点があり、黒ポチ」と呼び、

 「鼻黒」寿々と区別がつく)。


/>


 つまり、悠だけが、断続的に巣箱から顔をだしていたことになる。なお、写真撮影は、

いつもどおりである。即ち、カメラを巣箱前にセットしておき、ビデオモニターで巣箱

を見ていて、顔を出しているときに、ワイヤレスリモコンで母屋の縁側からシャッター

を切っている(いつもどおりで、悠へのプレッシャーはないはずでである)。

 昼間にこれほど巣箱から顔を出すことはいままでにはなかった。いつもとは明らか

に違う。一方仔達は、昼は母の元で安心し熟睡していたのであろうか。

 
 これから悠は、多分3月には次の子を産むだろう。そうすると時期からしてちょうど

今が交尾期になり、過敏になっているのかも知れない(今回の観察では雄ムササビの

出現はなかった)。あるいは、10日の夜に表れたテンの影響なのであろうか。

 また、米々と寿々が屋敷林に帰ってこなかったことが初めて観察された。生後10ヵ月

になり、巣立・独立の時期になっている(注)。寿々(女の子)は、悠の次の出産、子育てに

同居するであろうが、米々(男の子)は、この屋敷林から巣立・独立してもういなくなる

であろう。今回はその前兆となると、うれしくもあり、寂しさも感じる観察であった。


   注:母の「なわばり」に滞在する期間は、息子が1年、娘が1~1.5年 
        川道武男 1日本動物大百科 哺乳類Ⅰ ムササビ 1996年 平凡社
 






スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:54:09 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
64テンとムササビ巣箱(テンとムササビ その2)
2011 / 01 / 15 ( Sat )
64テンとムササビの巣箱(テンとムササビ その2)

1月10日、夜7時土間の洗面器に氷が張り始めた(明朝はー6℃になるという)。ムササビ

悠とその子供米々と寿々は既に山に行ってしまって屋敷林にはいない。屋敷林の西側の

ムササビ巣箱にテンが寝ている(1時間前にはいなかった)。
テン①寝てるテン②グルグル廻るテン③カユイカユイ片目 />
時々態勢を変えるが寒いのか頭は尻尾の中に入れている。頭を掻くときは掻いているほうの目を

つぶる。赤外線ビデオだが、触ってみたくなるほど毛並みが奇麗だ。

テン④顔洗い  熟睡3時間20分、目がさめた。

  最初の行動は頭と顔の毛繕い。

  寝たままで両手でさかんに撫で付ける(120秒)。              


/>


テン⑤テン⑥腰の毛繕い
  次いで腰から背中を

  毛繕い(152秒)。

  かなり丁寧にやっているが、

  体の反対側はしなかった。
/>
/>
テン⑦尻毛繕い
   次いでお尻を舐める
 
   片足を挙げて急ピッチで

   毛繕いする(80秒)。       

/>

テン⑪こすり付け   毛繕いが完了したので、出て行くかと

 思ったら、体を巣箱の壁にこすり付けだした。

 かなりしつこい。壁は万遍なく、入口には体を

 よじって特に丁寧に臭い付けをした。
/>


テン⑩牙

  最後に、スタートアップの如く、大きく

  口をあいた。肉食だけにするどい牙だ。

  乳飲み子ムササビなどひとたまりもないであろう。
/>

テン⑧腰毛繕い足たくましい
  なお、後足もすごい。

  機敏でたくましさを感じる。



/>


テン⑫別巣箱こすり付け    悠たちのいた巣箱にも行くのであろうかと

 全巣箱(6個)の監視をしつづけると、6分後、

 入って来た(先ほどの巣箱から7m離れた巣箱)。

 体をぐるぐる廻し、巣材、壁、特に出入り口は

 丁寧に体をこすり付ける(約3分)。そのまま居座らず、出て行った。他の巣箱には

入って来なかった。/>


 ムササビ巣箱でテンが観察されたのは、昨年9月14日に続いて、これで2度目である。

前回と今回のテンが同一個体かどうかは、前回のビデオ録画が個体識別のためには不鮮明

なので判断できなかった。昨年9月にはテンが国道で車に引かれたという。屋敷林をイノ

シシが横行するなど山に餌がなくなっているのでテンもここまで下りてきているのであろ

うか。

 今後もテンにこのまま居てもらってもよいのだが、ムササビ悠たちの怯え方はひと

とおりではない。朝の帰巣で巣箱に入るにあたり、巣箱に近づくのもゆっくり、慎重であり、

巣箱の上で臭いを嗅ぎ、入口から何度も確認をしてやっと巣箱に入る様子を見ていると

自然の掟とは言え、弱いものへの哀れさがもよおす。そして、3月出産されるであろうムサ

サビ赤ちゃんは間違いなくテンの餌食になってしまうであろう。

 テンの生態、その出産観察はあきらめ、巣箱のかけてある木に塩ビの波板(高さ1.8m)

を巻き、テンが巣箱に入れないようにしてみようと思う。



 





テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:57:30 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |