スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
58初秋の悠達
2010 / 10 / 05 ( Tue )
58初秋の悠達

9月も終わりになる。巣箱の中で3匹のムササビが寝ている。

583匹一緒①    暑くもなく寒くもない。

  小春日和の中、グッスリ、身動きひとつしない。

  悠と、3月に産まれた米々、寿々だ。


/>


583匹一緒②
  しばらくして、母悠が起きだし、

  痒いのか、尻尾を噛む。仔達は

  悠が上に乗っても眠り続ける。       

  />


昨晩の「宵の出巣」は、ごく普通のものだった。

58宵の出巣
 夕暮れになり、仔達は自分の毛繕いも

 そこそこにはしゃぎまわる。

 母悠はもくもくと毛繕いをする。

/>


58宵の出巣③
   米々と寿々が出巣(17:51)した後、

   外の仔達を見守る悠。

   この姿勢が1分ほど続いた。

/>

58宵の出巣④
   戻って急ピッチで毛繕いする悠。

  悠は毛繕いで決して手を抜かない。

  丁寧に仕上げて、仔達に遅れること5分、

  出巣していった。

 新しい巣材が搬入されている。ここ数日の内であろう。この後、悠達は朝の帰巣まで

巣箱に帰ってこなかった。屋敷林にもムササビの気配はなく、山に遠出をしたのであろう。
/>


 
 去年の同じ時期、悠は夏仔の子育て中であった。ドングリや雑木の実も豊作であった。

 今年は、花芽が膨らむ3月26日に雪が積もり、4月も寒く雨の日が続いた。梅、柿、

サクランボもならない。雑木の実も少ない。夏は猛暑の日が続いた。悠は今年は夏出産し

なかった。春に生まれた米々、寿々と一緒に生活をしている。夏の暑い時期は子供と別の

巣箱にいることが多かったが、涼しくなり仔達と一緒の巣箱にいる。宵の出巣、朝の帰巣

はほとんど同じだし、夜、屋敷林からいなくなる(山に行く)のも同じなので、一緒に行動

していると思われる。悠の子供が2匹そろって6カ月すぎてもこの屋敷林にいるのは始め

てだ(これまでは2匹生まれた片方がいなくなってしまった)。食料不足で、3匹一緒に

行動しているからなのであろうか。山での行動を知りたいものである。












スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

17:33:59 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
57ヘビーキッス
2010 / 10 / 04 ( Mon )
57 ヘビーキッス

 巣箱の中でムササビはほとんど寝ている。活発に動くのは、朝の帰巣直後と宵の出巣前

の毛繕い。夜、巣材を運びこんで寝床作りの時も活発である。このほか、体についている

寄生昆虫で痒いのか(夏だと3分おきぐらいに)、後足で掻き、口で噛む。このとき目が

醒めていることもあるが、たいがいは目も開けず朦朧としながら掻いている。母や兄弟が

一緒の時は、お互いに毛繕いもするし、子供は母の寝ている間に母の口、耳、指舐めをする。

 前記事56で、9月11日と12日における、悠とその仔米々、寿々について書いた。

12日の朝の帰巣の騒動の後、悠と米々の口舐めは、これまで見たこともないもので

あった。 

57A②12日口舐め①   母悠が仔の米々の口舐めをした。

 それも米々をしっかり抱きとめて

 むしゃぶりついている。

 母の方が口舐めをしているのははじめて見た。
/>

57A②口舐める②
  お互い抱き合って、立ち上がって、

  倒れないかと心配したら、壁により

  かかっている。 5:08にはじまり、5:10に

態勢を変えたが、再び抱き合い、5:21まで続いた。

5:21態勢が変わったが口舐めは続き、5:25まで続いた。米々は

一旦寝たが、悠は自分と米々の毛繕いをしていると米々もおきだし、母仔

上下の姿勢でまた口舐めを始めた。これが5:35まで続いた。

口舐め時間は27分間にもなる。
/>



「口舐め」と表現したが、この行為はなんなのであろうか。昨年も観察されたが、これ

ほど激しくはなかった(注1)。たんなる母仔の確認ではなさそうである。コウモリのある

種は餌を充分に取れなかったコウモリが餌をもらうことがあると聞いたことがある。また、

ムササビのこれまでの観察では、仔が母の口舐めをすることがたびたび観察されているが、

母から仔は見ていないようなきがする。それもこれほど長い(27分)のは初めてである。

壁にもたれて、まるで恋人同士のヘビーキッスである。

 なお、この朝は、前記事56で記載したとおり、悠の2年前の仔奈々(♂成獣)が久しぶり

にこの屋敷林に帰ってきたので、米々、寿々とも緊張の朝であった。


 とかくの推測はさておき、もう少し観察記録を集めることが肝心なようである。





       注1:昨年9月末、母悠と産まれて1月の彩々がいる巣箱に、
  
       先腹(昨年3月誕生)の仔希々が久しぶりに同居した折には、

       希々が悠の頭を抱えて込んで口舐めと耳舐めをした(記事36

       その1写真参照)。

 

  






テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

08:37:09 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。