スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
43.悠4歳の1年間
2009 / 12 / 29 ( Tue )
43.ムササビ悠は、今年もいろんなことを教えてくれた。子供の誕生・育児、子供

との分かれ、雨の中の帰巣や人に対する警戒、巣箱の回復など沢山の感動と何を

なすべきかを教えてくれた。それらをブログに書き綴り、今年は記事としては

18件になった。それらの中から特に印象深いものを、1年のまとめとして

あげてみようと思う。



 1) 悠は、昨年、一昨年と同様に今年もまた3月に2匹の子供を生んだ。そして8月

にも生んだ。年2回の出産は始めてである。今年は食料事情が良かったのであろうか。

ネズミモチ、栴檀、イチョウなどは大量に実をつけ、柿、杉、カヤ、その他の雑木も

例年作のようである。ただ、樫の実はともかく、ナラ、クヌギのドングリは明らかに

実付きが悪かった(もともとナラ、クヌギは2本しかない)。総じて、食料事情は

特に良くなったようではないし、悠達が出掛けて行く、付近の山々でもドングリの

実付きは乏しく、食料事情は例年と比べて少し悪いぐらいということであろうか。

そうすると、悠が年2回も出産したのは、悠が四歳をこし(注1)、成熟したから

であろうか。

 3月の仔は2匹、8月の仔は1匹である。来春から、悠は年2回、2匹づつ生む

のであろうか。生まれた子達がほぼ1年この屋敷林に留まるとなると、巣箱(現在

5個)を1、2個増やしたほうが良いかもしれない。

3月の仔②
   今年3月に生まれた子

   活発。巣箱からよく顔をだしてくれた。


/>


3月の仔①
   今年3月に生まれた子

   小さくてスローモー。 



/>


9月の仔
   今年8月に生まれた子

   いっしょの兄弟がいない一人っ子


/>




2)今年の悠は、夜中に子供を咥えて巣箱を移動した(前2年は出産巣箱で子供の巣立

ちまで子育てしていた)。4月末から5月はじめは、毎晩のごとく転居した。子供が

小さいうちは、いきなり咥えて運びだすが、少し大きくなると子供は咥えられるのを

嫌がって、抵抗し、暴れまわる。移動途中で落ちてしまうのではないかと心配するほど

である。落下の危険を冒してまで何故移動するのであろうか。この時期は、花見と帰省

で人が多いのも確かだが、母屋から各巣箱への距離がそれほど差異があるものでは

ない。

 5月はじめ(生後50日弱)の移動では、いやがる仔をようやく別の巣箱に移動させ、

残してきたもう一匹をすぐ連れに行くかと思いきゃ、移動先の巣箱で寝てしまった。

残された仔もはじめは1匹でゴソゴソ動きまわっていたが、熟睡に入った。悠は2時間半

も熟睡してから、ようやく元の巣箱に残してきた仔を連れに行ったが、もう1匹いるの

を忘れてしまったのではないかと危ぶんだほどである。


3)昨年(2008年)3月生まれの奈々は、巣立ちしてからは母親悠といっしょの巣箱

に寝起きしなかった。夜の活動を終えて「朝の帰巣」では、母親悠がその日に寝る巣箱に

入ってから、しばらくして奈々は別の巣箱に入る。一昨年の仔理理(女の子)は、巣立ち

してからも(特にいっしょに生まれた友友が消失してからは)、よく母親悠といっしょの

巣箱に寝起きした。奈々が生まれる前後も理理は母親悠といっしょだったし、朝の帰巣で

も悠の入っている巣箱に躊躇なく入りこみ、悠もまた、先に帰巣している理理の巣箱に

ためらいもなく入ってきていた。この理理と比べると奈々は、いつもひとりぼっちの

ように見えた。悠は「新巣箱」、巣箱A、巣箱Bを使うことが多かったので、奈々は

「奥の杉の木巣箱」が多かった。悠が新しく生まれた子達を連れて「奥の杉の木巣箱」

をも使うようになると、6月に楓の木に新たにとりつけた巣箱にひとりで寝起きしていた。

8月の半ばを最後に、奈々はこの屋敷林から見えなくなった。生後1年5ケ月間も

母親のホームレンジ(縄張り)にいたことになる。

 奈々は、小さい時、右耳が二つに裂かれる大きな傷を負った。多分、山で成獣オス

にやられたものであろう。それでも月日が経ち、体の小さい悠の仔とは思えないほど、

体格の大きなムササビになった。立派な雄(注2)、成獣となり、この屋敷林から

旅立って行ったのだ。

41ムササビY①    奥の杉の木巣箱の奈々

  母悠と一緒の巣箱に入らなかった。右耳に

  大きな傷跡が残った。

/>


41補正耳拡大

  楓の木に新しくかけた巣箱から覗いている奈々

  奥の杉の木巣箱にいたが、悠と今年うまれた子達を

  避けて(?)この巣箱に棲み付いた。 
/>



4)巣箱Aは悠が2年続けて出産、子育てした巣箱であるが、昨年スズメバチに乗っ取

られてしまった。よほどこの巣箱が気に入っていたのか、悠は、スズメバチの巣を壊し、

運び出し、7月には棲みかに回復した。3月生まれの子供達は「巣立ち」したので、悠は

一人でこの巣箱と他の巣箱を適宜使い分けている。8月中旬、巣箱Aの中にムササビの

赤ちゃんの死骸のようなものが見えた(赤外線ビデオで移りがあまりよくない)。悠が

出入りしているので、9月になって巣箱を下ろし解体調査した。「死骸」らしきものは、

分解されてしまったのか、何物かが運びだしたか、すでになく、その残骸として毛の

かたまりが残っているのみであった。この毛の塊りがムササビかどうかわからずじまい

となった(後日のために保存することにした。)。なお、8月の悠の出産は、月末なので

(子供の開眼日からの逆算からの推測)、仮にムササビの赤ちゃんの「死骸」としても、

新しく生まれた子ではないようである。
巣箱A死骸①
  巣箱A 8月はじめ

  「ムササビの赤ちゃんの死骸」のように

   見えたが・・・・・・

/>


DSC01399何か①    動物の毛の塊

  何の毛かも分からずじまいで、保管した。


/>



なお、巣箱Aを下ろした日の午後に、同じ木の同じ高さ、おなじ向きに新しい「巣箱A②」

を架けた。しかしながら、この巣箱は12月現在、全く使われていない(すぐ近くの「新巣

箱」は今年3月に生まれた子供ムササビがよく使っている)。このままにしてもう少し様子

を見ることにしよう。


5)これまで対外活動は全くしてこなかったが、今年は「リス・ムササビネットワーク」の

会員になった。これにより情報も増えたし、疑問点についてご指導を戴き、今後の観察の

仕方に展望が開けたことが何よりのものであった。第二に、インターネットで 

しらいみちよ さんのホームページ「しらいみちよ千客万来」を知り、「ムササビの

餌場の森作り」の立ち上げ式に参加させていただいた。石船神社のムササビの実態を

見学でき、関係者の方々の活動、ご苦労も知ることもできた。これが気持ちの切っ掛け

になり、ムササビを町の小学校の野外学習としてとりあげることができた。

「思ってもいない身近に野生動物ムササビがいること、その生態、人との係わり」等

を知ってもらうことができた。私自身、永く忘れていた小学生のひたむきな目に触れ、

深い感動を覚えた。関係者に感謝、感謝である。


(おわりに)ムササビ悠とは、大家と店子の関係と思い接してきた。良い大家になろう

として、快適な棲み家を提供しようと、今年は二つも巣箱を更新した。しかしながら、

今思うと、悠の方は「使っている巣箱を自分の都合でかってに代替しないで」と思って

いるに違いない。大きくなりすぎた庭木も数本伐採したが、悠にとっては食料であり、

移動立木であったかも知れない。後になって悠は迷惑しているだろうなと思うことも

多々あった。悠にとって見れば、この屋敷林は大家が作り上げたのものではなく、自然

が生かせている、自然がつくりだしたものであり、そのなかに自分が住んでいるのだと

思っているにちがいない。「はい、よく分かりました。なるべく迷惑はかけません。」

と言いつつ、下草刈り、落ち葉さらい、庭木の剪定、除草剤使用など止むに止まれずの

こともあった。加えて、結構写真も撮り、巣箱の下をうろうろもした。来年から、この

辺が課題かなと反省しつつ、年の瀬となった。

 なお、データや「記録」的なことがらは、関係記事をご一読いただけたら幸いである。

 
 

            注1、2は左下の「続きを読む」をクリックすると開きます。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10:05:07 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
42.この仔はだぁーれ
2009 / 12 / 15 ( Tue )
42 この仔はだぁーれ

 今年の阿武隈は、暖かい日が続いたにもかかわらず、綾錦のみごとな紅葉となった。

42誰落ち葉 2009.11.08
 屋敷林のケヤキは紅葉の最盛期、イチョウはこれから、

 楓は今年はよくない。                                                   
 ネズミモチ、センダン、柿などは例年どおり実をつ

 
けたが、 ムササビが大好きなドングリはほとんど実をつけていない。

/>


 紅葉もおわりとなり、ムササビ悠とその家族にとって一番いやな時期が来た。落ち葉を

集めて堆肥をつくるために悠の巣箱の周りにも人が何回となく近寄ってくるのだ(落ち葉

はおよそ一ヶ月に渡って落ちる。全ての葉が落ちてからやれば効率的だが、その間は屋敷

中落ち葉だらけになってしまう。数回やらざるを得ない)。

この「落ち葉さらい」も終わったばかりの12月5日、屋敷林の5個の巣箱のうち一番西

側にある「新巣箱」にムササビが入っている。

42誰①  2009.12.5

  耳のうしろの毛が黒い。尻尾の毛もフカフカ。体も

  小さい。成熟前の仔どもである。

/>


この仔は誰れだろうか。ムササビはどれも同じような顔をしているが、よく見ると親子、兄

弟でも違いがある。かつて川道武男氏は179匹をも個体識別し(その識別法を図解いりで

述べられ)ている(注1)。簡便確実な識別には、実際に見て、写真に撮り、じっくり比べ

ることである。そこで、写真を撮ろうとして巣箱の前にカメラをセットしたが、セットに手間

取り、歩きまわったせいか、警戒して、この仔は終日1回も顔を出さない。次の日は奥くの

杉の木巣箱に移動したのか(注2)どこにいるのか分からない。とかくこの時期は例年

ムササビが過敏で観察にはあまりよくない。


次善の策としてビデオ録画から識別を試みた。上記川道武雄氏の識別法を脇において

ビデオ映像を見続ける。ところが、ビデオ録画といっても、巣箱に付いているのは、

25万画素しかなく解像度が低い。加えて、自然光ではなく赤外線なのでモノクロ画

像であり、不鮮明。カメラは巣箱の上部から下方に向けてあるのでムササビが上を

見てくれないことには顔の正面は映らない。ムササビは巣箱の中ではほとんど寝ている

ので、いつ顔を上げるか延々とビデオを流し見することになる。顔を上げたところを

静止画にして、プリントし、見比べる。ところが(とうぜんのことではあるが)、

同じ角度、同じ向きに映っているシーンを見出すことはとても困難である。

 識別ポイントは、①顔がおなじかどうか、②耳の形状、で選別し、仔ムササビ

が映っている直近のもの(11月7日から11日、9月29日、30日)から

判定した。 

42誰④ 2009.12.05写真①

 特徴は(1)耳たぶの内側が独特の形。

    (2)鼻のすぐ上が盛り上がっている。 


/>

42誰③ 2009.12.05写真②

  写真①のすぐあとのポーズ。特徴(1)は毛で隠れて

  映っていないが特徴(2)は窺がえる。


/>


宵出巣① 2009.11.07写真③

 写真②とそっくり。

 耳たぶは見えないが、鼻のすぐ上の盛り上がりも同じ。


/>


朝今月① 2009.09.30写真④
  
  耳たぶの形状は写真①とおなじ、鼻のすぐ上が盛り上

  がっている。若干面長に映っている。

  この仔は、今年3月に生まれた「希々」だ。

  母親悠のお腹の上で熟睡している。
/>

いじょうの通り、12月5日新巣箱にいた子供ムササビは、3月生まれの希々であった。


この個体識別には、静止画30枚の作成とその比較検討に時間を要したのもたしかである

が、ムササビの生態を知らなかったことから余計な推測と曲折に陥ってしまった。それは

9月29日のビデオ映像にある。   

宵今月
  2009.09.29宵の出巣時の希々と悠

  活発に動きまわり、母悠の毛繕いをしている。

  耳の先端が尖っているように映っている。(ただし、耳タブは特徴(1)

  を備えている。)

この「宵の出巣」のビデオ録画では、希々の耳の先端はつねに鋭角に映っている。

/>

従って、希々は耳が尖っているものとばかり思ってしまい、12月5日のムササビ(耳

先端丸い)は、はじめから希々ではないと思ってしまった。この誤解に気がついたの

は、この「宵の出巣」の昼のビデオからである。

929昼  2009.09.29昼  
 母親悠のお腹の上で眠っている希々

 おどろいたことに、耳の先端は丸い。

 (写真左下が悠、その上部に8月生まれの彩、真ん中が希々)

/>


ムササビの耳は、時として野ウサギの如く動く。眠っているときでも動かしている時がある。

興奮・活発化すれば、耳もその先端がねて、耳も後退したようになる。うっかりしてこんな

こともわすれて長い々回り道をしてしまった。反省、反省!! 




 注1は、左下の「続きを読む」をクリックすると開きます。


strong>
続きを読む

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

08:13:38 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。