スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
31.けっして急がない
2009 / 07 / 20 ( Mon )
31.けっして急がない

 昨年夏、スズメバチがムササビ悠と子供が棲んでいる巣箱に入り込み、悠は子供

の奈々をつれて別の巣箱に引越した。スズメバチの巣は巣箱いっぱいになり、ビデオ

カメラも機能しなくなった。

 巣箱を取り外してしまい、新しい巣箱を設置することも考えたが、なんせこの巣箱A

は悠が二度も出産に使ったほどのお気に入り。悠がどうするか、全く手をつけず、

見守ることにした(注1)。なお、代替として隣の杉の木に「新巣箱」を隣接した。(本

稿は、先に記載の「12ムササビ引越しと蜂」の後編である。)


(1)巣箱Aの変化

 11月、蜂の出入りがめっきり少なくなり活動静まる。悠はこの「新巣箱」、巣箱B
     と奥の杉の木巣箱を交互に使用。

 12月 巣箱Aのスズメバチの巣は崩れ落ち、ビデオは復活。
 
 1月  巣箱Aのスズメバチの巣の残骸少なくなった。最上部の傘の部分は形状
      を止めている。

巣箱A1月傘 巣箱A 1月   
 
  スズメバチの巣は、巣の形状を止めていない。

  巣の最上部が傘のように見えている。  




巣箱A5月  巣箱A 5月

   傘の部分は小さくなり、少し移動している。

   巣箱の右端に「齧り板」が見えるように

   なった。   

巣箱A6月   巣箱A 6月

  新しい巣草が入った。スズメバチの巣の残骸は粒が

  小さくなり、踏み固められた。以前の巣草が見えるよう

  になり、「齧り板」がはっきり見えるようになった。         
/>
/> />
これらの変化は、何者によるのかビデオやカメラでは確認できなかった。しかし

ながら、6月に杉の皮の巣草が入ったことから、シジュウカラなどではなく、ムサ

サビによるものと推定された。


(2)他の動物の関与・介入排除

 悠がこの巣箱Aをどう改修していくのか見るために、他の動物の介入をできるだけ

少なくしょうと思った。一般に、シジュウカラ、ハクビシン、フクロウ、アオバズクなどが

考えられるが、この屋敷林では、フクロウとアオバズクはいないし、ハクビシンもいな

くなり(タヌキが棲みだした)、問題はたくさんいるシジュウカラである(注2)。

対策として巣箱Aの近くにシジュウカラが好んで入るシジュウカラ用の巣箱を設置し、

巣箱Aへの介入を少なくした。
DSC00057シジュウカラ夫婦 シジュウカラ用の巣箱(5月6日撮影)

 3月にはこの番が使いはじめた。「優良物件」と

 認められたようだ。おかげで、巣箱Aはこの番も

 使わず、巣箱Aから10mと近く(この番の縄張り

 か)、他のシジュウカラは巣箱Aにも近寄れなかった。メスが運んできたのはカマキリ。
/>



(3)悠 ようやく帰還

 7月14日、朝4時13分、巣箱Aに悠が入ってきて、終日過す。実に11カ月

ぶりの帰還である。寒くなりスズメバチがいなくなってから、スズメバチの巣を

壊し、一部を運び出し、砕いて、踏み固めた。巣草は大部分が前の巣草を

掘り起こしたもので新たな巣草は少ない。出産子育て時の量に比べると驚く

ほど少ない。

巣箱Aに戻った悠7月    巣箱Aの悠

  実に11カ月ぶりのくつろぎ。帰還直後は、しょっちゅう

  外を警戒していたが、2時間後には熟睡となった。

  悠は、この日から3日連続でこの巣箱を使用した。
/>


巣箱A7月    悠が出巣した後の巣箱A

  数個見える黒い点は、スズメバチの死骸。

  スズメバチの巣は持ち出した量は少なく、

  ほとんどを踏み固めた。
/>

 
 スズメバチの生態をよく知らないが、悠がゆっくり対処したのは、この死骸

にあったのでなかろうか。すなわち、寒くなっても何匹かは巣の中で生きながら

えていて(遅いサナギから孵化したのか)、それをムササビは知っている。そうで

あれば、野生に生きる知恵とは計り知れないものがある。

 なお、悠はこの間、3月には巣箱Aの代替として隣接した「新巣箱」で出産・子育

てをした。巣箱Aを早く改修して3度目の出産をこの巣箱Aでしてもよかったはず

なのに。出産準備の時期とスズメバチの残存も関係するのであろうか。



各注は、左下の「続きを読む」をクリックすると記載されています。


 


 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

15:16:54 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。