スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
16恐がりになった悠
2008 / 11 / 18 ( Tue )
16.恐がりになった悠

1)今の季節(11月3日)はムササビにとって、発情期でもなく、春に産んだ子の子育

てから開放され、多種多様の果実に恵まれ食物も豊富な安定期である。前日の宵の

出巣は、毛繕いの様子や出巣時間(日入りから約40分)も通常どおりであった。それ

ほど寒くもなく、蚊もいなくなったので、ひさしぶりに宵の出巣を見ようと巣箱の前で腰

を下ろして待った。目的は、巣箱Bから出た悠はどう動き回るのか、奥の杉の木巣箱

(ビデオ付いていない)に奈々(今年生まれた女の子)が入っているかどうか、奈々は

悠とどう交誼するのかなどである。(なお、観察の方法や時間などは追記に示した。)


2)昨晩の出巣時間から20分過ぎても悠は出てこない。真っ暗になり、巣穴も見えな

くなった。くわえて得体の知れない虫にさされたところが痒くて我慢できない。観察を

あきらめ、巣箱の前から離れた。居間にもどりモニターを見ると、悠はまだ巣穴に居た。

その後、30分ほどしてやっと出巣した。


3)はじめの思惑は叶わなかったが、外での観察とビデオテープをすり合わせしてみる

と意外な事柄が見えてきた。


警戒525   ①16:56 突然「キッ」と巣穴入り口を見る。

   この直前まで、宵の出巣のための毛繕いを盛んにして

   いた。                


/>

動かず600  ②16:56-58 固まって動かなくなる。 

   頭を巣草に突っ込み、尻尾で体を包む。微動だに

   せず、「ジッ」としている。


/>

警戒628  ③16:58 突然「キッ」と巣穴入り口を見上げる。 

   このままの姿勢でゆっくりと頭を下げて②の姿勢に

   なり、ほとんど動かなくなる。


/>

クシャミ628  ④17:16 小さく「クシュン」とクシャミ(?)をする。

   クシャミ、痒みは止められない筈だが、動きは

   小さい。「3分リズム」(13項参照)に抗して

   動かない。    
/>

警戒2648  ⑤17;20 「キッ」と上を向く      

   この直前、丸まっていたが、寝ているわけでは

   なかった。このあと、しばらく上をみていたが、

   ゆっくりと顔を下げ、尻尾にくるまってしまった。
/>

警戒2907
  ⑥17:25 突然上を見上げる

   上記⑤から五分後だが、この間体(全体)を少しも動か

   しておらず、まるで固まってしまったように見える。
 
/>

動かず3008
  ⑦頭を少し浮かして、「ジッ」としている。





/>

警戒3408 
  ⑧17:29 またまた「キッ」と巣穴入り口を見上げる。





/>

ここで(17:32)野外観察を断念し、居間に戻り巣箱をモニターで見る。



警戒解く4048
  ⑨17:33 毛繕い開始。毛繕いは出巣前に必ず行うが、悠は

    両手、両足、顔、尻尾など特に入念だ。



/>

外覗き4310
  ⑩17:34 巣穴入り口から外を覗く。これがこの日はじめ

ての外覗き。



/>

覗き5953
  ⑪17:46 この日2度目の外覗き。両手を巣穴入り口に

掛けてじっくり見渡している。この後、中に戻り急ピッチ

の毛繕い。



/>

覗き5954
  ⑫17:49 3度目の外覗き。両手両足で巣穴入り口に乗って

    いる。尻尾で支えている。



/>

覗き5954
  ⑬17:50 いつになく外覗きが長い。周りをよく確認している。

    この後、体を乗り出したり、向きをかえたりして、17:54に

    出巣して行った。

/>


4)ビデオ記録と野外観察記録(追記参照)との照合。

 ①野外観察の間(16:56-17:32)

  ・悠は一回も巣穴から顔をだしていない(通常出巣前に2、3回する。)。

  ・体をほとんど動かさない。頭を巣草に突っ込み、尻尾で体をくるんでいる(いつも
   ならさかんに毛繕いしている時間である)。

  ・いつもよりクシャミも小さく抑えている。 → 写真④

  ・アンクル・カナの動きに敏感に反応している。
     a)観察用懐中電灯の設置に動き回る → 写真①
     b)下草を取り払う             → 写真②
     c)時間確認のためライター着火     → 写真⑤、⑥、⑧

②観察取りやめ後(17:33-17:54)

  ・いつもより急ピッチで毛繕い

  ・出巣前の外の確認回数が20分間に4回と多く、最後の確認は
   4分間と長かった。 


5)観察のまとめ

 巣箱の近くに来たときから帰るまで、悠は一度も巣箱の外をみていないにもかかわら

ず、近くに何かがいると警戒し、緊張しつづけていた。懐中電灯設置や下草取りの動き

に反応したこともさることながら、ライター着火にも「ビクッ」とし、不安げに巣穴入り口を

見上げる。観察を止めて帰ってから、悠は出巣の準備(毛繕い)をいつもどおり入念に

行ったので平常にもどったと思った。しかしながら、巣穴入り口から乗り出していつも

より慎重に(4分もの時間をかけて)周りを確認してから、出巣していった。ムササビの

恐怖心・警戒心がかくほど敏感とはじめて知った。

 
 以前の悠は、杉林の小道から巣箱を見上げると、巣穴から顔を覗かせ、安心したか

のようにゆっくりと顔を引込めて、すぐ眠りに入る(ビダオから確認)。そんな関係が今

でもあると思っていたが、この小道も数ヶ月歩いていない。まして、宵闇の中で、人間

の気配は悠をいちだんと恐がらせたのであろう。かたくなにじつと去るのを待つ悠に、

すまなさが沸いてくる。してはいけない思いつきの観察であったのかも知れない。


 なお、ライターの着火音はビデオでは聞きとれなかったが、巣箱(巣穴)の集音につ

いては追記に記した(左下の「続きを読む」をクリックすると開く)。

 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

19:11:09 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
15スズメバチと巣箱
2008 / 11 / 05 ( Wed )
15 スズメバチと巣箱

先に、ムササビが入っている巣箱がスズメバチに乗っ取られてしまうことを記載した(先項

「12ムササビ引越しと蜂」)。2ケ月たち、その後どうなったであろうか。2ケ月ぶりに、紅葉

のはじまった11月2日、3日と観察した。


a)巣箱A(出産子育て巣箱、悠が居るのにスズメバチが巣を作り、悠逃げ出す):

  スズメバチが巣穴入り口からさかんに多数出入りしている。ビデオカメラも蝋で固めら

 れてしまい、ぼんやりとしか写らない。もちろん悠は入っていない。


b)奥の杉の木巣箱(9月、悠が入ってるのにスズメバチ出入り開始) : 

  スズメバチは出入りしていない。巣箱の中にスズメバチの巣はない。悠(と奈々)が

 使っているかどうか分からなかった(この巣箱にはビデオカメラが付いていない)。

奥の杉の木巣箱   奥の杉の木巣箱

  1時間ほど数回観察したが、スズメバチはいない。

  ムササビが入っているかどうか分からなかった。         

>


c)巣箱D(巣箱Aがスズメバチに盗られ、奥の杉の木巣箱も危うくなったので、9月に

   巣箱Aの近くに新設したもの) : 巣草がたくさん入っている。悠か奈々が使って

   いると思われる。ただし2日、3日ともこの巣箱には入っていない。


新巣箱D   新巣箱D (9月はじめにに設置)

 巣箱Aがスズメバチに乗っ取られてしまったので、     

 すぐ近くの杉の木に、高さ8m、北東向きに設置。

/>


新巣箱Dの中     新巣箱Dの内部(ビデオから転写)

   設置して2ケ月だが、巣草(杉の皮)がいっぱい。

   11月2日、3日には、この巣箱に悠は戻ってこな

   かったが、巣草の様子からよく使っていることが分かる。

/>


d)巣箱Bの様子:2日、3日とも悠(と思われるムササビ)が使っている。この巣箱には

          この夏スズメバチは寄りつかなかった。


巣箱B   巣箱B

   2007年.5月に設置。昨年の子供「友友」と「理理」が

   使い、今年生まれた「奈々」が9月まで使っていた。


/>

巣箱Bの中      巣箱Bの中(ビデオから転写)

   悠か奈々か? 奈々にしては大きいし、悠にしては毛並み

   が若い(これから解析)。巣穴から外を覗いたところを写真

   に撮れば、はっきりするが、寝ていて顔を出さなかった(残念)。

/>

 

e)スズメバチに巣箱を乗っ取られないために 

 スズメバチが入ってしまった巣箱A、入りそうになった奥の杉の木巣箱、寄りつかなかっ

た巣箱Bを比較してみると、スズメバチ対策は明瞭である。

 巣箱Aは、ビデオケーブルの導入口に隙間ができてしまいハチはそこを侵入口にして

いた(先項「12ムササビ引越しと蜂」参照)。ハチの数も多くなり、巣も巣箱いっぱいに

大きくなったのでハチは巣箱の入り口から出入りするようになった。

 奥の杉の木巣箱は、巣箱の内部もラッカーで茶色に着色したので薄暗くなっていて、

9月にハチが来たのは、巣の候補地選びにきたものであろう。結局ハチはここに巣を作ら

なかった。

 巣箱Bは、着色せず、明るい。ビデオケーブル導入口に隙間もないので、ハチは寄りつ

かなかったと思われる。 

 要は、巣箱に①隙間が無いようにする、②暗く着色しない、ことである。

民家や崖の木の根にスズメバチが巣をつくるが、このとき「隙間、空間、暗い、雨露しの

ぎ」が条件になっているようだが、巣箱も全く同じと思われる。


f) 今回の観察はたった2日であるが、ムササビは1匹しか確認できなかった。巣箱Bに

いたのが悠とすると、9月には巣箱Bにいた今年生まれの奈々はどこにいるのか。昨年

の子「理理」は母親悠と1年2ケ月いっしょだった。奈々は、奥の杉の木巣箱にいるので

あろうか。次回確認。



11:30:15 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。