スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
14ムササビの「可愛い!!」を撮ろう
2008 / 10 / 24 ( Fri )
14 ムササビの「可愛い!!」を撮ろう

 昨今、テレビで、いろんな動物の「可愛い!!」が人気を博しているが、ムササビの

「可愛い!!」を観察し、写真に撮るにはどうしたら良いか。これからムササビ写真を

撮ろうとしている方々へのご紹介。

外を見る子①

   生後2ケ月チョットの男の子「友友」

    


/>


(1)ムササビはどこにいるか。
    
  インターネットで「ムササビ観察」を開くと、いろいろな観察会、公立の自然観察セ

 ンター、ムササビが見られる旅館、民宿などが数多く紹介されている。各種生息(

 分布)調査からもある程度絞り込める。

 また、自分でムササビのいる場所を探しあてるのも楽しい。山々に連なる大樹のある

 (樹洞のある)神社森が探索の候補である(注1)。


(2)いつが撮りやすいか。

 「可愛い!!」は子供ムササビだ。5月のはじめから6月中旬に、巣穴から顔を出して

 いる(注2)。それも昼間にだ。巣穴から外を見ているときは、脅かさなければ、動く

 ものに興味を示し、いつまでも見ている。目が覚めた母親やお姉さんに巣穴の中に引き

 ずりおろされることもあるが、なんとしても外界の魅力には勝てない。すぐ顔を出す。

 フラッシュも要らないし、300ミリぐらいのレンズがあれば十分。

 要は、顔を出すまで待つ粘り。

  親ムササビも昼間に巣穴から身を乗り出している時がある。夏の蒸し暑い日は、

 涼をもとめて体を巣穴から乗り出し涼んでいるし、場合によっては、全身はみ出しで

 寝ているときもある(注3)。こちらも待つ粘り(写真運の良し悪しはある)が肝心。

5月の連休ごろ新緑の神社森で子供ムササビを見るのは心が和んでくる。6月に

 なると昼でも蚊がいるからたいへんかな。


 なお、本ブログのカラー写真は全てフラッシユなしの昼間の写真。

外を見る子②      今年5月の連休に撮影。

    3月始めに生まれた男の子「明明」。              

    妹の「奈々」も外を見たくて、入り口に手をかけて

    「明明」を下から突き上げているが、「明明」は

    譲らない(本当は2匹が顔を出しているところを撮りたかった)。

    

/>


(3)フラツシユなしの夜間撮影(チャレンジ)

  ASA感度3200以上の高感度にして、明るいレンズ(できればF2,8)を使うと

 街灯のある神社なら、フラッシユなしで、まあまあ見られる写真にはなる。ただし、

 動いていない時のみ。この条件でアオバズクをずいぶん撮ったが、巣穴の前にでて

 餌を待っている雛は動かないからほどほどの写真になった。


           なお、注1、2、3は、左下の「続きを読む」をクリックすると開く。




ムササビ写真は夜で難しいと思いがち。でも、いがいと簡単。

昼間、神社の森を満喫しながら、抱っこしたくなるような「可愛い!!」を見て、

撮った「可愛い!!」をみんなに見てもらって、

そしていつの日か、「可愛い!!」がもっと近くに住んでるようになって欲しくって。



 


 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

19:36:43 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
13-2一人暮らしは楽しいか
2008 / 10 / 18 ( Sat )
13 初秋の巣穴(一人暮らしは楽しいか)

 本項は、前項「13初秋の巣穴」の続き

③午後の巣穴

 ・寝姿は、上を向いて大の字。腹ばいは無い。

 ・およそ3分間同じ姿勢で眠り、突然痒いところを掻く動作をする。

 ・頭の位置は巣箱の左側、腰・尻が右側の態勢がほとんどである。「掻く」
  
  時に腰を移動するような大きな動きをしない。

 ・頭と肩で巣箱のコーナーに寄りかかる態勢が多い。

眠り8 巣箱いっぱいを使い、大の字で寝ている。
                      
 巣箱の大きさは、横24cm×縦22cm。

 他の寝姿は注1に掲載した。(左下の「続き

 を読む」をクリックすると開く。)
/>


④宵の出巣時

 ・巣箱からの出巣時間(19時28分)の40分前から毛繕いを始めた。

 ・この間2回巣箱の外を見て、3度目は出巣となった。

 ・2回目の「外見」は、いつもとは違い、突然飛び上がり、巣穴に飛びつき

  2分間も動かなかった。しずかに巣箱の中にもどり、3分間身じろぎも

  しなかった。

 ・3度目も突然とびあがり、外を1分間見て、ゆっくり出巣した。

警戒 (1)外を巣穴から覗く。顔を少し引っ込めた

  まま動かない。緊張で耳が後退している。



/>


警戒2 (2)静かに巣穴に身を沈めるところ。

  すこし安心したか。



/>


警戒3 (3)中腰でジットしている。外の気配を

 うかがう。耳は後退し張り付いている。




/>

緊張警戒 (4)頭を下げて動かない。耳は後退したまま。
 
  呼吸が背中の動きに表れている。



/>



④まとめと考察
 
 生後6カ月のムササビの子供を、朝の帰巣から宵の出巣まで観察した。母親は近くの

巣穴にいるものの、この日は子供一人で過した。


1)熟睡3分リズム

 昼の睡眠はおよそ3分間隔である。3分すると目覚めるのは、痒くて目覚めると推察さ

れる。ノミ、虱など吸血昆虫がその因であろう。これらは常時吸血しているだろうから

熟睡のリズムがあり、それが3分間と思われる。これら吸血昆虫の付いていない飼育

ムササビとの比較をすればより明確になると思われる。なお、当家の室内飼い猫は、

20-30分で手足を少し動かす程度であった。


2)寝姿 横向きと大の字

 午前中の寝姿は横向きであり、午後は大の字であった。午前中は横向きを保ちつつ

頭(尻)の位置は巣箱の左右、上下と代わり、手足の位置もそれにつれて変動した。

一方、午後は大の字でほとんど姿勢が変化せず、頭が巣箱のコーナーに寄り

かかっている態勢が多い。午後の大の字のほうが熟睡していると見える。まさに

至福の時である。今後データを収集、解析し、確認していきたい。

 なお、寝ているときに、気候も良いので、尻尾で体を包むことはなかった(4月、

巣立ち前で母親が夜出巣してしまうと、寒いので2匹寄り添い、下向きで、

尻尾でくるんで寝ていた)。


3)外の警戒
奈々は生後6ヶ月であるから、母乳は飲んでいないが、母悠の巣箱に入り込むこと

もあるし、夜の活動では悠の庇護のもとにあることは間違いない。

 この日の「朝の帰巣」では、外の警戒は1回のみ。しかもゆったりとした動きで単なる

確認のように見えた。これは7時半の時も同様であった。そして昼は熟睡し1回も外を

覗かない。

 ところが「宵の出巣」時における警戒は、これまでと全く異なる緊張と恐怖を窺わ

せるものであった。出巣に備えたゆったりとした毛繕いから、一転してすごい速さ

で(ビデオ録画に静止映像で写っていない速さで)巣穴に飛びつき、外を警戒した。

およそ2分間も静止状態にあり、巣穴に戻っても3分ほど恐怖による緊張状態

であった。

 外の様子を確認していないが、成獣オスムササビかハクビシンが、来たと思わ

れる。ここは、フクロウやテンもいないし、草深い杉林に野良猫が入るとは考え

難い。母親悠のホーム・レンジの中心部であり、メスムササビは近寄らない。

 母親悠といっしょの時は、悠が外の警戒をして、子供達は自由気ままにふる

まっていた。奈々は、いま一人暮らしをはじめ、全て自分でしなければならない。

特に、子供ムササビ奈々が、怖い成獣オス(注2)がいるムササビ社会にどう溶け込

んでいくのか、見守っていきたい。


   注1、2は、左下の「続きを読む」をクリックすると開く。

続きを読む

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

20:27:49 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
13.一人暮らしは快適か
2008 / 10 / 18 ( Sat )
13.初秋の巣穴(観察記録)その①

 ムササビは、昼の巣穴の中でどのように過しているのであろうか。夜活動するから、

昼は当然寝ていると思われる。それでは、ずっと寝てるのであろうか。それとも時々は

目をさますのだろうか。寝返りはどうか。昼間でも外も見るのだろうか。

 生後6カ月になった悠の子供「奈々」は、悠がすんでいる近くの巣箱Bで一人暮らし

を始めた。巣穴の中で奈々はどうであろうか。ビデオ記録をよく観てみると、以外な

ことが見えてきた。

 朝の帰巣から、昼、晩の出巣まで、巣箱の中を写すビデオモニターをみつつ、適宜

録画(注1)を撮りながら観察した。なお、掲載写真の枚数制約から、二部に分けて

記載する。


①朝の帰巣

 前日、奈々は、自分の巣箱Bに戻ってこなかったが、この日(9月6日)は夜明け前

に一人で巣箱Bに帰ってきた。巣穴に入ると、いつもどおりにすぐ毛繕いを開始し、

巣箱から外を覗くもその様子に緊張感はなく、一応の確認をすると中にもどり、ひと

とおりの毛繕いを終わり、ガビ鳥(注2)の啼き始める曙には、もうすやすやと寝始

めた。


②午前中の様子

 ・ 巣穴から外を覗いたのは午前中一回(7時35分に約1分間)のみであった。

 ・ ほとんど寝ている。およそ3分間動かずに眠り、突然起きだして痒いところを

   掻き(10-20秒)、また3分間の眠りに入る。これを繰り返している(ビデオ
   
   を観ていると「ほとんど寝ている」との思いになる。)。

 ・ 寝姿は、ほとんど横向きである。頭は巣草の上に投げ出している。

 ・ 痒いところを掻く動作の流れの中で、腰を動かすと、頭の向きも変り、前の姿勢

   とは別向きになる。午前中は、「体の右側が下」と「左側が下」とを交互に繰り

   返した。

 ・ 体の一部(背中、尻、)を巣穴の壁に付けている(時には寄りかゝっている)。

寝姿7   寝ている姿

  横向きで体の右を下にしている。背中を

  巣箱の横壁に付けている。

  この他の様子は注3の写真を参照。


 注1ー3は、左下の「続きを読む」をクリックすると開く。

 ③午後の様子、④宵の出巣、⑤考察は次の記事に掲載する。
/>



 






続きを読む

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

18:02:54 | ムササビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。